【2018年11月】通信速度比較結果!

AQUOS sense liteのスペック評価、価格、口コミ、発売日、指紋認証の性能

AQUOS sense liteのスペック(性能)、値段、詳細解説

最近はHUAWEIなど、海外製のスマホの人気が目立ちますが国内スマホとして人気があるのがシャープのAQUOS liteシリーズです!

  • 人気の国内スマホ!
  • 防水でコスパ良し!
  • カラーも豊富

国内スマホならではの、流行に流されないきめの細かい機能が魅力です。

AQUOS sense liteの総評

iPhoneの価格が上がってきてしまっている中、注目されているのがandroidです。

しかし、androidで主流なのはHUAWEIなどの外国スマホ。
外国スマホは低価格なのに流行の機能を取り入れているものが多く、コスパを重視する人から強く人気があります。

ただ、外国スマホには防水やおサイフケータイといった機能はついていない場合がほとんど。
お風呂でスマホを使いたい人や、アウトドアが多い人など、できることなら国内スマホがいい!という人も多いのではないでしょうか。

ちなみに防水とおサイフケータイには対応していますが、残念ながらワンセグには非対応です。

国内スマホの中でもAQUOS sense liteはコスパが良いと人気のスマホです!

ゲームのヘビーユーザーにはあまりオススメできませんが、スマホライトユーザーなら十分満足できる機能が満載です。
ぜひチェックしてみてください!

AQUOS sense liteのスペック表

サイズ 幅: 約72mm  縦: 約144mm  厚さ: 約8.5mm  重さ:約147g
カラー ホワイト、ブラック、ゴールド、ターコイズ(mineo限定色)、ピンク(IIJmio限定色)、レッド(楽天モバイル限定色)、ブルー(gooSimseller<エヌ・ティ・ティレゾナント>限定色)
対応OS Android™ 7.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 430(MSM8937)
1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
メモリ RAM 3GB /ROM 32GB
バッテリ 2,700mAh 急速充電対応Quick Charge 3.0
カメラ アウトカメラ:約1,310万画素 CMOS 裏面照射型 F2.2
インカメラ:約500万画素 CMOS 裏面照射型
ディスプレイ 約5.0インチ
入出力端子 micro USB Type-C
SIMカード nano-SIM
発売日 2017年12月1日

AQUOS sense liteの特徴

価格を抑えながら、使いやすい機能の詰まったスマホAQUOS sense lite。

  • 高精細フルHD IGZO搭載
  • 濡れた指でも快適操作
  • リラックスオートモード
  • AQUOS Frosted Cover(アクオス・フロスティッド・カバー)

シャープならではの液晶の美しさにも大注目です!

高精細フルHD IGZO搭載で臨場感ある画面

AQUOS sense liteを選ぶ決め手の多くは高精細フルHD IGZOが搭載されていることだといいます。

AQUOS sense liteディスプレイ

シャープの液晶テレビの技術はスマホでも驚くほど臨場感ある画面を楽しませてくれるでしょう。

AQUOS sense liteの「リッチカラーテクノロジーモバイル」はDCI規格の90%以上の色域をカバーし、まるで肉眼で見ているのと変わらない映像を実現します。

※DCI規格:アメリカの映画会社によるデジタル映画のための規格

バーチャルHDRで色鮮やかな動画を

「バーチャルHDR」では、HDRではないものの、HDR相当の画質に変換する技術が採用されていて、自分の撮影した動画を鮮やかに再生してくれるのです。

AQUOS sense liteの「バーチャルHDR」は明るい部分と暗い部分のどちらについても再現力が高く自然な映像を楽しませてくれます。

濡れた指でも快適!操作指紋認証もスムーズ

IGZOを搭載したAQUOS sense liteのディスプレイはノイズが少なく、本体が水で濡れても誤作動しないという特徴があります。

AQUOS sense lite防水機能

指が濡れていても誤作動せずスマホを操作することができるので、お風呂に入りながら音楽を聴いたり、料理しながらレシピをスクロールさせたりと大変便利です

また、スマホ本体を持ち上げるだけで画面が自動ON、Bright Keepにより持っている間は画面が消えないのも使いやすさとなっています。

AQUOS sense liteの指紋認証はワンタッチでロック解除、指紋センサーがホームキーとしても使えるようになっているため、画面から戻るボタンなどを非表示にして使用することができるのです。

より画面を大きく使える工夫は、ディスプレイにこだわるAQUOSらしさだといえます。

リラックスオートモードで快適な睡眠導入

「睡眠負債」という言葉がテレビなどでも取り上げられていますが、要するに「睡眠負債」とは質の良い睡眠をとれない人のことを言います。

そしてその原因として指摘されているのが就寝前のスマホです。
スマホのブルーライトが眠ろうとしている体に対して、逆に脳を刺激してしまいアンバランスな状態になってしまうのです。

AQUOS sense liteの「リラックスオートモード」をONにするとディスプレイの光は優しい温かみのある色になりリラックスを妨げません。

「リラックスオートモード」は「エモバー」の機能と連動することで就寝前に自動で切り替わるようにすることもできます

AQUOS Frosted Cover でプライバシーも使い勝手もOK

「AQUOS Frosted Cover」とはAQUOS sense liteの「Frosted UI」(フロスティッド・ユーザーインターフェース)機能に対応するスマホカバーです。

AQUOS sense liteには「のぞき見ブロック」の機能があります。
しかし机の上に置いている時など、誰からの着信などかが周囲の人にも見えてしまうので裏向きに置く人が多いです。

「AQUOS Frosted Cover」なら表向きに置いておいても、画面がまるで曇っているかのようになり、見られる心配がありません。

また指ですっとぬぐえばその部分の曇りが取れて、着信があった時に誰からの電話かが自分だけに見えるようになります。

見たいところだけをぬぐえばいいので、手帳型ケースよりも手間がありませんね。

AQUOS sense liteの性能

AQUOS sense liteはRAM 3GB /ROM32GBとなっています。
スマホ性能のちょうど平均的なクラスで普段使いなら、ほぼ問題がないといえるでしょう。

しかし、ゲームをするとすれば、やや動作に不安があるのも確かです。
内部ストレージにあたるROM32GBについても、動画やアプリなどを多く保存する場合、外部ストレージをうまく利用する必要があります。

容量さえ使用状況に合えば、「おサイフケータイ」「防水」「耐衝撃」「指紋認証」「なぞるだけでスクリーンキャプチャーできる」などと機能の充実したAQUOS sense liteは満足度が高いようです。

では口コミを見てみましょう。

当方スマホでゲームは一切しません。
ワイシャツのポケットからはみ出すようなスマホは嫌なのでちょうどいい大きさ。
アプリの通知音が小さいです、この点はマイナス
LINEやメールの通知音が鳴らなくなったが再起動で解消したがここもマイナスポイント
指紋認証は精度良いと思います。
スマホヘビーユーザーではないのでこのスマホで十分な気がします。
防水・お財布・前面指紋認証・5インチ・GPSと格安で機能てんこ盛りなのでこれで故障なければ絶対オススメです。

AQUOS sense liteレビュー|価格.com

デザイン、サイズ、バッテリーのもち、画面の綺麗さ、カメラどれを取っても大きな長所はないですが、大きな短所もないです。
特別のこだわりや、特殊な使い方をしない8割ぐらいの人が
ストレスなく使うのに十分な性能を持ってると思います。
それにプラスして現在の3万弱のお値段で、海外ブランドにはないおサイフケータイが使えて便利。
総合的な満足度は非常に高いです。

AQUOS sense liteレビュー|価格.com

AQUOS sense liteは、人気の高いスマホ端末です。
使い勝手は国内スマホの中ではかなり良く、コストパフォーマンスが高いので、防水やおサイフケータイ機能のある国内スマホがいいという人にはオススメの端末ですよ!

AQUOS sense liteのバッテリー性能

バッテリー容量の基準は現在、3,000mAhとなっています。
それ以下ならちょっと心配といわれていますが、AQUOS sense liteは2,700mAhです。

2,700mAhだということで不安に感じる人もいるかと思いますが、シャープの「IGZOディスプレイ」は省電力にとても優れています。

そのため、3,000mAhのスマホと比べても、特にバッテリー能力が低いと感じることはありません
動画再生をよくするという方も急速充電器を用意しておけば安心です。

それではユーザーの口コミからも見てみましょう。

デザインは少しアイホンっぽいシンプルな外観

携帯性は今まで使用していたコンパクトなエクスペリアA SO-04Eと比較すると少し大きく携帯には不便です

レスポンス、反応は普通です

画面表示、画面はきれいです

バッテリーはあまり使っていないからか、12時間後でも80%前後の電池残量があります。
今まで使用していた機種は、10~20%位でした。

カメラはあまり写真を撮っていませんが、きれいな気がします。

<総評>使用していたスマホが古く不便になり、防水機能がある安いスマホを探していました。この機種が割安で購入出来たので満足です。
(ワンセグはありません)
大きさがもう少し小さいとより良いと思います。

AQUOS sense liteレビュー|価格.com

国内スマホでワンセグがないというのが少し残念なポイントではありますが、防水性や機能性など、スマホライトユーザーには十分な性能を備えた端末だと言えそうです。

AQUOS sense liteのカメラ性能

AQUOS sense liteのメインカメラは約1,310万画素 F2.2、インカメラ約500万画素となっています。

AQUOS sense liteカメラ

自動で色味と構図を調整

スペック的には飛びぬけてきれいに撮影できるところまで行きませんが、「新画質エンジン」搭載で露出やホワイトバランスの向上をはかりました。

露出が補正されることで白飛びや黒つぶれが防がれ、写真として適正な明るさを保ちます。
ホワイトバランスは光の種類によって被写体の色味が変わってしまうことを補正することです。

(ホワイトバランスを調整しないと曇りの日など、青みがかった濁りのある写真になります。)

AQUOS sense liteのホワイトバランス調整
公式の画像ですが、左の昔の機種より色が鮮やかに境目がハッキリした印象になっています。

露出とホワイトバランスを自動で調整してくれるのは最近のスマホカメラではそれほど珍しいことではなくなりましたが、AQUOS sense liteには「インテリジェントフレーミング」技術が採用されていて、自動で構図まで補正します

レンズの明るさ能力を表す絞り値ですが、F2.2となっていて、特別に暗い場所での手ブレに強いというわけではありません。

しかしカメラ目線を取りやすい「アイキャッチセルフィー」など、Aquosならではの便利な機能は魅力的ですね。
それではAQUOS sense liteのカメラについての口コミがありますので、ご参考にしてください。

かなり使いやすいカメラ機能のようです。
特別に綺麗な写真が撮れるというわけではなさそうですが、インスタグラム用などにも使いやすそうなカメラ性能ですね。

AQUOS sense liteを取り扱うMVNOと価格

※記載の価格は税抜き価格です。

取り扱いMVNO価格
mineo33,000円
楽天モバイル29,800円
IIJ mio(みおふぉん)19,800円
LINE MOBILE(ラインモバイル)33,800円
DMM mobile(DMMモバイル)27,800円
NifMO(ニフモ)15,856円
OCNモバイルONE9,800円~(らくらくセット)
イオンモバイル(AEON MOBILE)32,800円
BIG LOBE(ビッグローブモバイル)29,760円

AQUOS sense liteをセット購入するならNifMoがオススメ!

NifMoではAQUOS sense liteを非常にお得に手に入れることができます!

NifMoはプランもシンプルでわかりやすくMVNOをあまり使ったことがない人でも、安心して利用できると思います。

NifMo公式Twitterアカウントも企業アカウントっぽくないフレンドリーなアカウントで、質問なども気軽にしやすいのでぜひチェックしてみてください!