AQUOS sense2のスペックレビュー|口コミ評価、価格、発売日、カメラ性能の解説

AQUOS sense2 公式画像

基本性能がバツグンにアップグレードしたAQUOS sense2、3万円台でありながら使いやすさも向上しています!

  • 濡れた手でも使える指紋認証に加えて顔認証も。
  • インカメラは「AQUOS beauty」でより美しく。
  • お風呂対応防水、おサイフケータイはあたりまえ!

シャープの作るスマホはやはり日本人のライフスタイルにしっくりきます。

AQUOS sense2の総評

AQUOS sense2 公式画像

発売当初から好調なスタートを見せているAQUOS sense2は、各MVNOから価格も手ごろに発売されています。
人気の理由はコスパと「液晶の美しさ」につきるのではないでしょうか。

AQUOS独自の「リッチカラーテクノロジー」は動画や写真により感動をもたらしてくれるのです。
また「リラックスオート」をONにすることで、目を疲れにくくするやさしい機能があります。

ユーザーインターフェース、カメラ性能、バッテリー機能など、どれをとっても一歩先を行く魅力的なスマホであることに間違いはありません。

男性にも女性にも、若い人にもちょっと年配の人にでも、自然と使いこなすことができるまさに「ちょうどいいスマホ」がAQUOS sense2です。
そんなAQUOS sense2の詳細について見ていきたいと思います。

AQUOS sense2のスペック表

サイズ 幅: 約71mm 縦: 約148mm 厚さ: 約8.4mm 重さ:約155g
カラー シルキーホワイト、ニュアンスブラック、ピンクゴールド、アイスグリーン
対応OS Android™ 8.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 450(SDM450)1.8GHz オクタコア
メモリ RAM 3GB / ROM 32GB
バッテリー 2,700mAh
カメラ アウトカメラ:約1,200万画素、F値 2.0
インカメラ:約800万画素、F値 2.2
ディスプレイ 約5.5インチ IGZOディスプレイ、フルHD+ (1,080 × 2,160)
入出力端子 USB Type-C
SIMカード Nano SIM x 2
発売日 2018年10月3日

AQUOS sense2の特徴

普段使いにちょうど良いスペックのAQUOS sense2は魅力もたくさん。

  • 美しい狭額縁の大画面はアスペクト比18:9
  • 指紋認証プラス顔認証、のぞき見ブロック機能
  • 大型ピクセルセンサー採用
  • コスパがかなり良い
トレンドも程良く押さえていますよ。

美しい狭額縁の大画面はアスペクト比18:9でノッチなし

前モデルの「AQUOS sense」から大きく進化したのが、ディスプレイ比になります。
従来の比率16:9から18:9になったことで、表示エリアが拡大、ニュースやSNSの見やすさが大幅にアップしました。

AQUOS sense2 公式画像

そしてAQUOSといえば、明るくクリアな「IGZOディスプレイ」が定評です。
「リッチカラーテクノロジー」が再現する写真や動画は息をのむほどの美しさを表現しています。

また、狭額縁でありながらノッチ非採用としたことで、すっきりとしたデザインを損なうことがありません。

ボディにアルミニウムが採用され高級感と強度がアップしているのも、見逃せないメリットです。

AQUOS sense2 公式画像

指紋認証+顔認証、のぞき見ブロック機能はうれしい機能

AQUOS sense2は画面下の指紋センサー、さらに顔認証でもロックが解除できるようになりました。
顔認証についてはまだまだ進化途中といったイメージもありますが、濡れた指でも指紋認証ができるようになっていることから不便を感じるシーンはないでしょう。

AQUOS sense2 公式画像

もちろん防水・防塵機能を備えていますので、バスタブにつかりながら映画を観るといったこともできてしまいます。

お風呂防水の注意点
AQUOS sense2はお風呂防水に対応していますが、浴槽に浸けて使うことは想定されていないので気を付けてください。
また、真水を想定しているので温泉・海水・プール・入浴剤の入ったお風呂などは対象外です。

さらにうれしいのが「のぞき見ブロック」機能です。
専用フィルムを購入しなくても電車で隣に座った人の視線を気にする必要がありません。

AQUOS sense2 公式画像

大型ピクセルセンサー採用で明るく写真が撮れる

AQUOS sense2は大型ピクセルセンサーを採用することによって、カメラが取り込める光の量をアップすることができるようになりました。

AQUOS sense2 公式画像

前モデルにくらべると明るさが50%も増えたので、薄暗い部屋の中でも被写体をきれいに映し出します。

さらに色の再現性に優れた画像処理エンジン「ProPix」を搭載していますので、高感度でノイズを極端に少なくすることが可能なのです。

コスパはかなり良い!ハードなゲームをしないなら充分すぎる

スマホを購入する上で性能は当然のことながら、価格面もとても重要です。
その点、AQUOS sense2は数あるスマホの中でもかなりコスパのいいモデルだといえるでしょう。

しかも前モデルよりも数々の性能が良くなっているにもかかわらず、価格は安くなっています。
ハードなオンライン系ゲームをしないのであれば、イチオシのスマホに間違いありません。

ただし、テレビ機能が必要な方、またカメラをメインで使いたいという方には、やや物足らないモデルだという口コミもいくつか見かけます。

AQUOS sense2の性能

AQUOS sense2はエントリーモデルに位置しながら、なかなかの性能をもつスマホになります。
メモリはRAM 3GB / ROM 32GBと普段づかいにはまずまずなスペックとなっており、アプリなども不便なく使えるといえるでしょう。

逆に色んなショップなどのアプリサービスが増えてきている今、RAM 3GB / ROM 32GBより劣ったスマホはあまりおすすめできません。

「わたしに、ちょうどいい。」そんなAQUOS sense2のキャッチコピーどおり、程よく満足できる性能を持っています。

AQUOS sense2のバッテリー性能

AQUOS sense2のバッテリー容量は2700mAh、電池持ち時間が125時間で連続待ち受け時間は650時間となっています。

前モデルから容量は変更されていませんが、「インテリジェントチャージ」機能を備えたことで電池持ちは体感的にも大幅にアップしています。
「インテリジェントチャージ」が充電による電池の劣化を抑え、電池の寿命自体を向上させているのです。

口コミでも充電の持ちの良さを実感している人が多かったです。

iPhoneと比べるとレスポンスやカメラ、デザインなどはもちろんごめんなさいな所ですが、最大のポイントはバッテリーです。
すごい!ちょっと使ってない間にこんなに持つようになったのかと驚きました。

AQUOS sense2レビュー|価格.com

動画を見ても減り方は穏やか。もともとスペック自体がローエンドに近いので、もちろんバッテリ消費にも優しい。充電も早くて抜き差しの楽なUSB-C対応。文句なしですね。

AQUOS sense2レビュー|価格.com

AQUOS sense2のカメラ性能

AQUOS sense2のメインカメラは1200万画素、F2.0で標準的には充分なレンズを持っています。
さらにAIによる7つのシーン認識によって、リアルな質感や色を再現することができるのです。

インカメラは800万画素、F2.2と飛びぬけたスペックではありませんが、「ハイスピードオートフォーカス」「美肌調節」「小顔補正」「アイキャッチセルフィー」などといったうれしい機能満載ですので、AQUOSならではのセルフィーを楽しむことができます。

AQUOS sense2 公式画像

AQUOS sense2のカメラ性能を口コミからも見ていきたいと思います。

カメラは大分残念ですが、ハイコンデジ持ち歩いているのでそれもまぁな感じです。
インカメの美肌モードはとっても美肌になります

AQUOS sense2レビュー|価格.com

唯一カメラに不満なので、旅行の際はカメラを首から下げていったほうがいいかも…。

AQUOS sense2レビュー|価格.com

試しに撮影してみましたが、特に問題はなく、綺麗に撮れると思います。

AQUOS sense2レビュー|価格.com