【2018年11月】通信速度比較結果!

arrows M03のスペック評判、価格、バッテリー性能、防水、容量の解説

arrowsといえば日本の富士通、人気シリーズスマホです。
arrows M03は少しお手頃価格で手に入るのが魅力!

  • 防水防塵、ワンセグ、おサイフケータイ完備
  • 丈夫なボディ
  • ゲームなどには不安のスペック……

海外スマホにはない使いやすい機能が魅力の端末です。

arrows M03の総評

富士通のarrowsシリーズといえば、やはり国内スマホならではの防水防塵、おサイフケータイや、ワンセグなど便利な機能がデフォルトで備わっているのが魅力です。

公式ではバッテリーを売りにしていますが、正直バッテリーには少し不安があるかもしれません
指紋認証がないのも少しマイナスポイントですね。

性能的には、重いゲームをプレイするには少し厳しいですがゲームをプレイしないユーザーであればそこそこ満足できる使い心地でしょう。

通信速度を安定させる機能つき

また、arrows M03の優れた性能として、高速ストリーミング&高速ダウンロードがあげられます。
Wi-Fiの通信速度が遅くなった場合にでも3G/LTEへと即時に自動切換え、接続エラーなしに安定して動画を視聴することができるのです。

そのためarrows M03は多くの人が接続するフリーWi-Fiスポットでも不便なく使用できます。
高速ダウンロードもarrows M03は得意です。

複数のセッションを利用して一気に大量のデータをダウンロードできます。
早送りしても待たされることなく動画を観ることができるのは大きなストレスフリーですね。

丈夫で使いやすいボディ

防水防塵で、落としても壊れにくいので小さなお子さんがいる人には特にオススメです。

デザインもメタリックで美しく、どんな服装にもマッチしますよ!

arrows M03のスペック表

サイズ 幅: 約72mm  縦: 約144mm  厚さ: 約7.8mm  重さ:約141g
カラー ブラック、ホワイト、ピンク、シャンパンゴールド(楽天モバイル限定)、グリーン(mineo限定)
対応OS Android™ 6.0
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core
メモリ RAM 2GB /ROM 16GB
バッテリ 2580mAh
カメラ アウトカメラ:約1310万画素
インカメラ:約500万画素
ディスプレイ 約5.0インチHD
入出力端子 microUSB type-B
SIMカード nanoSIM
発売日 2016年7月28日

arrows M03の特徴

arrowsの特徴といえば、国内スマホならではの機能の自由度!

  • 安心の日本製、防水防塵、ワンセグ、おサイフケータイ
  • メインカメラ1,310万画素、インカメラ500万画素
  • 鉱石にインスパイアされた美しいボディ
  • 文字・絵文字を一発変換

海外スマホではなかなか重視されない強度にも注目です!

安心の日本製、防水防塵、ワンセグ、おサイフケータイでスマホライフ充実

中国製のスマホがよく売れているとはいえ、やはりスマホを選ぶなら日本製という人はまだまだ多いですね。

不慮の発火やバッテリーの劣化などを考慮すると、日本基準で作られた製品は安心感が違います。

またすでに後継機種である「arrows M04」が発売されていることもあって、安価で手に入る多機能な国産スマホというならarrows M03はねらい目の機種です。

arrows M03は防水防塵、ワンセグ、おサイフケータイと日常づかいに安心なだけでなく、キズや指紋が付きにくいハードコート仕様になっています。

防水機能については高い水準で、豪雨の中でもしっかりとスマホを守ってくれ、キャンプや登山などのアウトドアでも心配なく使えます。
その上、充電部分はキャップレスとなっていてわずらわしさもありません。

メインカメラ1,310万画素、インカメラ500万画素できれいな写真

もう発売されてからずいぶんとたったarrows M03ですが、カメラ性能は現在の新しいスマホの平均的なクラスを下回っていません。

arrows M03 カメラ

1,310万画素のメインカメラは、iPhoneの1,200万画素よりも高いスペックです。

SONY製のCMOSセンサーと富士通独自の画像処理エンジンによって、肉眼で見たままの映像を再現させます。

arrows M04 写真

スマホによっては写真データそのものよりもディスプレイで美しく見せるというタイプのものもありますが、arrows M03で撮影した写真はパソコンなどに保存して見ても再現力が豊かなのです。

鉱石にインスパイアされた美しいボディは見ていて飽きがこない

arrows M03はとてもデザイン性の高いスマホです。

arrows M03 鉱石イメージ

ダイナミックさと繊細さをあわせ持つような光沢あるボディは高級感があります。

アルミ素材を使用した丸みある四隅の曲面は手にしっかりとフィットし、ヨコでもタテでも指にグリップ感を感じることができます。

鉱石をイメージして作られた艶のある素材は見ていて飽きがきません。
そしてタフネスなボディはいつまでもきれいなまま使用することができます。

文字・絵文字を一発変換で簡単素早く入力できる

Arrowsの文字入力は予測変換に優れていてとても「かしこい」です。
それはATOK史上最大クラスの単語数と自動で追加される最旬ワードによって、打ちたい文字が素早く候補として表示されることによります。

たとえば「いつもお」と入力した時点で「いつもお世話になっています」と予測変換され、ストレスのないスピードで文字入力が行えるのです。
使い慣れればなれるほど、便利なツールとして役立つでしょう。

さらに長文も一気に削除することが可能、また消しすぎてしまった場合でも簡単に元に戻すことができます

arrows M03の「プレミアムサクサクタッチパネル」はノイズ低減によって、打ち間違いを少なくしているのも特徴です。

キーボードのタイプを選べること、そして高さを調節できるのも、さらに文字入力をしやすくするために工夫された機能になります。

arrows M03の性能

arrows M03の内蔵メモリはRAM2GB /ROM 16GBとなっています。
RAMは2GBあれば普通に快適に動作するといわれているので、日常づかいで不便だと感じることはあまりなさそうです。
海外製のスマホでは3GBが主流になってきているのでスマホでよくゲームをプレイする人は注意してみてください。

またアプリをほとんど使わないという人ならまったく問題ありませんが、ROMの16GBはアプリを多用するには、ちょっと心もとないでしょう。
口コミなどでも多くの人がarrows M03のROM16GBについては不満を感じているようです。

arrows M03のバッテリー性能

arrows M03のバッテリー容量は2580mAhとなっています。
最新の機種では3000mAhが基準となっていて、2580mAhではちょっと心配です。

しかしarrows M03は「バッテリーが3日間もつ」ということを公式サイトでうたい文句にしていますので省電力設計をうまく工夫しているのではないかと思われます。

arrows M03には「バッテリーセーバー」という機能があり画面輝度を抑制したり、パフォーマンスを制限したりして最小限のバッテリー使用で電池を長持ちさせています。

arrows M03のバッテリー性能については口コミからユーザーの感想をひろってみたいと思います。

皆さんバッテリーがもたないと言っていますが私はそんなに悪くないと思います。
て言うか最新のスマホと比較してはだめですよ。

arrows M03レビュー|価格.com

私はこのスマホは2代目なのでそれ程ハードに使用していないせいかそんなに悪くないです。
ただ、アプリの容量は少なすぎですが。

arrows M03レビュー|価格.com

もちはよくない。
ゲームする人はモバイルバッテリーを携帯したほうがいい

arrows M03レビュー|価格.com

バッテリー持ちも不満無しですが2年使用するとやはり劣化します。
充電中や動画再生、長時間の使用中などで本体も熱くなってきます。

arrows M03レビュー|価格.com

容量の大きなアプリを使用する為、キャッシュや使わないアプリを削ってもパンクしてしまい、この機種はアプリをSDカードに移動できない事もあり、買い換えを余儀なくなりました。

arrows M03レビュー|価格.com

持ちは良いです。
使用頻度が少なければ、3日は充電しなくても大丈夫。

arrows M03レビュー|価格.com

数値的にはもっと欲しいですが、当方の意図で負荷を少なくしているため、熱くもなりにくく、なってもクリーンナップさせるので、保ちは良好です。
充電は2日に1度です。対策次第と言えます。

arrows M03レビュー|価格.com

バッテリーについては持ちが良いという意見も持ちが悪いという意見もありますが、海外スマホと比べると持ちはイマイチで、国内スマホならばそこそこ持ちがいいという感じではないでしょうか。
国内スマホでも新しい端末はもう少しバッテリー容量が大きいものも登場しているので、バッテリーにこだわりたい人はチェックしてみてくださいね。

arrows M03のカメラ性能

arrows M03のカメラ性能はスマホカメラの平均点以上です。
コンパクトデジカメの代わりにするには十分でしょう。

1,310万画素のメインカメラはF2.0で室内や暗いところでも比較的手ブレせずに撮影できます。

インカメラも広角レンズ搭載!

arrows m03 広角レンズ

また画角が約90度の超広角レンズ(22mm相当)なので、風景や人数の多い写真を撮ることも出来、様々なシーンで活躍することが期待できるのです。

500万画素のインカメラもメインカメラ同様、超広角レンズが採用されています。(23mm相当)

友達と一緒に自撮りする際も、背景を多く映し込んでくれるので旅行などでは思い出のつまった写真が撮れますね。

自然な色味でシンプルな使いやすいカメラ

LEDフラッシュを使用しての撮影では、やや暖色系になってくれるのでギラギラした不自然な感じが軽減されます。

arrows M03は最近はやりのエフェクト機能などは一切なくシンプルなカメラとなっていますが、むしろ必要な最低限のスペックをきっちりと盛り込んだ信頼できるカメラ性能だといえるでしょう。

それではarrows M03のカメラ機能についての口コミを参考にしてみましょう。

画質は良過ぎることも悪すぎる事も無くです。
ただ手ぶれ補正機能が良くないのか、動画機能は良いと感じません。
手ぶれの激しいスノーボードの動画撮影では他の機種と比べて明らかに劣ると感じる手ぶれがありました。
ハイスペック機にはやはり及びません。
しかし、ハイスペック機を買うとするとこの機種を2台買ってもお釣りがきます。
この価格帯としては性能面では優秀な機種だと思います。

arrows M03レビュー|価格.com

写真が奇麗なシムフリー携帯を探していて本製品を購入しました。
期待通りの性能で満足しています。

arrows M03レビュー|価格.com

写真ですが、標準のカメラアプリだと性能を100%出し切れていない感じがします。
せっかく画質がよくなってもカメラアプリがM02と同じ感じなので他のアプリで色々と撮っています。

arrows M03レビュー|価格.com

電源二度押しでカメラが起動するように設定できたので、その設定にしているんですが通知がある状態だと何度やっても起動しません。
そのため、諦めてロック画面右下のカメラアイコンから起動する事が多いです。
カメラを重視していたのでとても残念です。

arrows M03カメラレビュー|価格.com

カメラには少し妥協がいるかな?という印象。

カメラにこだわりたい人は最近流行っているデュアルレンズが搭載されているスマホを使うことをオススメします!

arrows M03を取り扱うMVNOと価格

※記載の価格は税抜き価格です。

取り扱いMVNO価格
25,800円
楽天モバイル32,800円
イオンモバイル(AEON MOBILE)29,800円

arrows M03をセット購入するならオススメはmineo!

arrows M03を購入するならmineoがオススメです!
mineoでは、他社MVNOと比較しても安い価格でarrows M03を手に入れることができますし、なによりもminoe限定カラーのブルーグリーンがとってもかわいいんです!

arrows03 mineo限定カラー「ブルーグリーン」

他のMVNOでは取り扱っていない、正真正銘mineo限定カラーです。

mineoはサービスも充実していて、とても日常使いしやすいMVNOなのでMVNOが初めての人や色々試してみたいという人に特にオススメ!

お得なキャンペーンをやっていることも多い、要チェックのMVNOです!