【2018年11月】通信速度比較結果!

arrows M04のスペックレビュー、価格、口コミ評価、カメラ性能、発売日情報

arrows M04のスペック(性能)、値段、詳細解説

富士通のarrows M04はとにかく頑丈なスマホです。

  • とにかくタフ!
  • 防水、ワンセグ、おサイフケータイ完備
  • スマホデビューでも使いやすい

ハンドソープで洗えるスマホとして有名なarrows M04の魅力をご紹介します!

arrows M04の総評

arrows M04は、洗剤で洗えます

スマホの画面は凄く汚いという噂もありますが、arrows M04ならハンドソープや洗剤で洗う事ができるのでとっても清潔に使うことができます。

小さなお子さんがいるお母さんも安心して使うことができるのではないでしょうか。

また、頑丈さも強いのでアウトドアやスポーツなどにもぴったり!
なかなか壊れません。

国内スマホならではの、ワンセグやおサイフケータイの機能もしっかりついています。

それなりのスペックで普段使いにおすすめ

スペック的にはゲームをよくプレイするという人には少し物足りないかもしれませんが、ライトユーザーであればそこそこ満足して使うことができるでしょう。

国内スマホがいい!という人の選択肢にはまず入ってくる端末ではないでしょうか。

シニアにもオススメの機能がついているので、要チェックです。

arrows M04のスペック表

サイズ 幅: 約71mm  縦: 約144mm  厚さ: 約8.0mm  重さ:約148g
カラー ホワイト、ブラック、ゴールド(楽天モバイル限定)、デニムブルー(ビッグカメラ、コジマ、ソフマップ、インタネットイニシアティブ限定)、グリーン(マイネオ限定)
対応OS Android™ 7.1
CPU クアッドコア 1.2GHz
メモリ RAM2GB/ROM16GB
バッテリ 2580mAh
カメラ アウトカメラ:約1310万画素
インカメラ:約500万画素
ディスプレイ 約5.0インチ
入出力端子 micro USB
SIMカード nanoSIM
発売日 2017年7月20日

arrows M04の特徴

arrows M04の特徴はなんといってもその頑丈さです。

  • とにかく強い、ソープで洗える
  • ゼロシャッターラグ
  • 拡大鏡・歩数連動ライブ壁紙
  • ワンセグ・おサイフケータイ

便利な機能も色々備えていて、スマホデビューにも使いやすいスマホですよ!

とにかく強い!ソープで洗えるのはARROWSだけ

ハンドソープでスマホをじゃぶじゃぶと洗うシーンが印象的なCMをご覧になったことがおありでしょうか。

普通、スマホは防水であっても水はNGだという感覚があるので、ドキッとしますよね。
ですが実際にはスマホほど汚れているものはないのです。

arrows M04はなんと国内メーカーのハンドソープであれば、洗うことができます
泡で洗えることで皮脂などによる油汚れがキレイに取り除け、いつも清潔に保つことができるのです。

またarrows M04はボディの強さでも定評があります。
1.5mの高さからコンクリートへ落下させる試験もクリアするというから驚きです。

画面保護フレームを採用し画面の周りが0.3mm高くなっているので、落としても地面に画面が当たらないように設計されています。

内部にもステンレスフレームが追加されていて「曲がり」や「ゆがみ」にも耐えられるようになっているのです。

決定的な瞬間を逃さないゼロシャッターラグ

前モデルである「arrows M03」から飛躍的に進化したのがシャッター機能です。
「arrows M03」はシャッターボタンを押したときに、一瞬タイムラグが発生していました。

arrows M04ではゼロシャッターラグとなったのです。
静止して記念写真を撮る時などは気にならないシャッターラグですが、子供や動物などの一瞬の表情をとらえるには、より早いシャッターが必要になります。

arrows M04ゼロシャッターラグ

arrows M04はソフトウエアを改良することで、シャッターを押した瞬間に撮影が可能となりましたので、これまで逃していたシャッターチャンスもしっかりととらえることができるのです。

拡大鏡・歩数連動ライブ壁紙があるのでシニアにもおすすめ

arrows M04は若いユーザーだけをターゲットにしていません。
老眼が始まったシニアの方でも使いやすいように設計されています。

ホームメニューなども、わかりやすく使いやすいデザインに変更ができ、また、拡大鏡機能がついていて、新聞や雑誌などちょっと見づらいなと感じた時に、素早くルーペのようにして使用することができるのです。

老眼はシニアに限ったことではありません。
早い人では30代からでも小さい文字が見えにくくなるといいますので、arrows M04の拡大鏡が便利だと感じる人は多いのではないでしょうか。

歩くのが楽しくなる機能つき

そして「歩数連動ライブ壁紙」といった機能では、その日歩いた歩数によって壁紙の画像が変化します。

ものすごいテクノロジーというわけではありませんが、少し歩くのが楽しみになる人もいるのではないかと思います。

また歩いた歩数を離れて暮らす家族に自動でメール通知するといった機能もあり、安否確認にも利用できるのです。

ワンセグ・おサイフケータイでもしもの時にも安心

arrows M04はアンテナ内臓となっていますのでテレビを観ることができます。
日本各地で災害が起こっている今、テレビニュースがすぐに確認できることと、おサイフケータイで電子マネーが使えることは大きな安心感です。

災害対策としてもスマホに求められる役割は増えてきたといえるでしょう。
ボディが丈夫で防水もしっかりしている、その上、ワンセグ、おサイフケータイも必要だという人にはarrows M04は、中々いい線をいっているスマホです。

arrows M04の性能

arrows M04の内蔵メモリはRAM2GB /ROM 16GBとなっています。
一般的にRAMは2GBあれば快適に動作するといわれているので、日常づかいで不便だと感じることはあまりなさそうです。

しかし多くのアプリを使うという人であれば、ROM16GBははっきり言って容量がすぐに足りなくなります。
これがarrows M04のデメリットになるのではないでしょうか。

もし、RAM3GB /ROM 32GBであれば、申し分なかったと感じている人は多いはずです。
それではarrows M04の性能についての口コミをいくつかピックアップしてみましょう。

メモリもストレージも少なく、CPUも前機と同じ、5インチの中サイズ画面、フルHDなし、それでいて値段も安くはない・・・
アプリやネット、ゲームをガンガン使うヘビーユーザーには向かない機種です。
ガッカリされる方の気持ちもわかります。

arrows M04レビュー|価格.com

arrows M04のメリット
・シムフリー
・ドコモ系、AU系のSIM(LTE)が使用可能。
・モバイルSuica、Edy対応
・タフネス(コンクリート落下試験。ラワン材ではない)

内部スペックは低く、設定価格は他に比べれば高価だが、
この4点が必要と思われる人には唯一の端末だと思います。

arrows M04レビュー|価格.com

同レベルの1世代前スペックで安い機種もいくつか候補に挙げていましたが、アローズに決めた理由は
堅牢性、防水性、電池持ちが良く、最新ではないが必要十分と思える機能です。
大きな画面で薄いスマホはどうしても壊れやすいイメージがあったので、耐久性に特化した本製品は私にとってはストライクでした。

arrows M04レビュー|価格.com

arrowsの魅力は、やはりスペックよりも丈夫さという感じ。
スペックを重視したい人には不向きのようです。

arrows M04のバッテリー性能

arrows M04のバッテリー容量は2580mAhとなっています。
バッテリー容量は3000mAhが基準となっていて、それ以上なら大容量、それ以下ではちょっと心配だというのが一般的な認識です。

ということなのでarrows M04のバッテリー容量は大容量ではありません。
しかし、さすが日本製クオリティの省電力設計で意外にもバッテリーは長持ちするようです。

バッテリーについての口コミも見てみましょう。

主に職場への往復(合計約2時間)と家で1時間程度使っています。
この使い方で丸二日はもちます。

arrows M04レビュー|価格.com

バッテリーの持ちは思ったほどよくないけどライトユーザーにはぴったりだと思います!
大きさも、女性でももちやすいのでは。

arrows M04レビュー|価格.com

arrows M04のバッテリー容量はライトユーザーには使いやすそうですね。

arrows M04のカメラ性能

最近のスマホ選びでは、カメラ性能がとても重視されるようになりました。
それも画素数が大きければいいというだけではなく、レンズの明るさを表す「低いF値」やより背景を多く取り込める「広角レンズ」が人気となっています。

F2.0でブレにくく暗所での撮影に強い

arrows M04は約1,310万画素のF2.0で、デジカメ代わりに使用するとしても満足できるスペックだといえるでしょう。

電子式ではありますが手振れ補正もありますので、室内や暗い場所での撮影も、それなりにこなしてくれます。

arrows M04の公式夜景撮影

また暗い部分と明るい部分のコントラストが強すぎる場合など、瞬間的に4枚の写真を合成することで人物と背景の夜景なども美しく表現するのです。

美肌補正機能でより綺麗に

そしてうれしい機能が「美肌補正」です。

arrows M04美肌補正

小じわやシミさえも補正してくれるので、自然な写真をSNSにアップできます。

広角レンズで自撮りも撮りやすい

広角レンズは22mm相当となっていて、スマホの中でもかなり広い範囲を撮影できるクラスです。

インカメラは500万画素、やはり23mm相当の広角レンズ採用となっていますので、数人でしっかりと写り込むことができます。

arrows M04のセルフィー機能

レンズ横にはタイマーが表示され、自然と目線が集まるようになっているのです。
arrows M04のカメラ性能は必要な機能をしっかりと補っているという意味では合格点だといえますね。

arrows M04を取り扱うMVNOと価格

※記載の価格は税抜き価格です。

取り扱いMVNO価格
mineo31,800円
楽天モバイル34,800円
IIJ mio(みおふぉん)27,800円
LINE MOBILE(ラインモバイル)32,800円
DMM mobile(DMMモバイル)33,800円
NifMO(ニフモ)31,112円
イオンモバイル(AEON MOBILE)37,800円
BIG LOBE(ビッグローブモバイル)35,760円
UQ mobile(ユーキューモバイル)28,900円(実質負担額100円)

arrows M04をセット購入するならUQモバイルがオススメ!

UQモバイルはMVNOの中でも、通信速度がピカイチです!

かけ放題がオプションとされているMVNOが多い中、UQモバイルではデフォルトで無料通話がついているプランもあり大手キャリアとほとんど遜色なく使うことができます。

料金プランもS,M,Lと基準がわかりやすいのであまりスマホに慣れていない人でも安心。

端末も安く手に入れることができますし、スマホデビューをしてみたい人にはぴったりのMVNOですよ!