【2018年11月】通信速度比較結果!

ASUS ZenFone 3 Maxのスペック評価、価格、カメラ性能の解説

バッテリー容量の大きいZenFone「Max」シリーズは、普段使いしやすくエントリーモデルとしてぴったりです。

  • バッテリーが大容量で快適
  • ライトユーザーにやさしいコストパフォーマンス
  • お年寄りやお子さんでも使いやすいスマホ

スマホが初めてという人でも使いやすく買い替えもしやすいスマホですよ!

ASUS ZenFone 3 Maxの総評

ZenFoneシリーズはさまざまな性能に特化した端末があり、ASUSの大人気スマホになっています。

そんな中でも、スマホライトユーザーに特にオススメなのが「Max」と名前のつくシリーズ。

ZenFone Maxシリーズは、バッテリー容量に特化した端末です。

スマホライトユーザーにとって一番重要ともいえるのが、実はバッテリーなんです

かしわ

バッテリーは経年劣化も見越して少し容量が多めのものをチョイスしておくのがスマホを長く使うポイント!

ZenFone Maxシリーズはバッテリーが4,000mAh以上のものがほとんどなので、まる1日途中で充電することなく快適に使うことができます。

バッテリーに特化したスマホなので、他の機能はいまひとつな部分も多いのですがその分かなり安価に入手可能なのが嬉しいですよね!

機能がいまひとつといっても、LINEやTwitterなどのSNSは問題なくできますし、YouTubeなどで動画も普通に見ることができるのでスマホで色々したい!ということでなければ十分快適に使うことができるでしょう。

ASUS ZenFone 3 Maxのスペック表

サイズ 幅: 約73.7mm  縦: 約149.5mm  厚さ: 約8.55mm  重さ:約160g
カラー シルバー/ゴールド/グレー
対応OS Android™ 6.0
CPU MediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
メモリ RAM 2 GB / ROM 16 GB
バッテリ 容量4,100mAh
カメラ アウトカメラ:
1,300万画素Webカメラ内蔵
LEDフラッシュ
インカメラ:
500万画素Webカメラ内蔵
ディスプレイ 5.2インチ
1,280×720ドット(HD)
入出力端子 micro USB type B
SIMカード SIM 1: 2G/3G/4G microSIMスロット×1
SIM 2: 2G/3G/4G nanoSIMスロット×1
発売日 2017年1月14日

ASUS ZenFone 3 Maxの特徴

ZenFone 3 Maxは真新しい機能はありませんが、とても普段使いしやすい端末です。

  • 大容量バッテリーで毎日快適
  • リバースチャージ機能でサブ機とても!
  • 軽量コンパクトで持ち歩きやすい
  • 素早い指紋認証

基本的な機能は兼ね備えながら、コストパフォーマンスが高いのが魅力ですね。

大容量バッテリーを搭載

ASUS ZenFone 3 Maxの一番の特徴は、4,100mAhの大容量バッテリーを搭載している点です。

それでいて、メーカー希望小売価格は2万円を切る超格安モデル!とんでもないコスパの端末といってもよいでしょう。

でも、どんなに大容量のバッテリーを搭載していてもバッテリー切れになる瞬間は避けられないものですよね。
緊急の用事があるときにバッテリー残量が着々と減っていくのは少しヒヤヒヤするものです。

それがZenFone 3 Maxならバッテリーが残り10%でも連続待受時間が最大約36時間!
もう電池が切れてしまうかも……と思っても、電源を探しに行く時間はたっぷりありますね!

他の端末へ充電できるリバースチャージ機能

ZenFone 3 Maxのバッテリーはただ大容量なだけではないんです。

ZenFone 3 Maxのバッテリーを他のスマホに充電できる「リバースチャージ」を搭載していて、まるでモバイルバッテリーのように使用することができるんですよ!

リバースチャージ機能

使い方は、付属のUSBでZenFone 3 Maxと充電をしたい端末を繋げるだけです。

2台持ちの方は充電器を持ち歩く必要が少なくなるので、重宝しそうですよね!

2台持ちでなくても、友達と出かけたときにもし充電が切れそうな人がいたら感謝されること間違いなしです!

軽量でコンパクトなボディ

大容量のバッテリーを搭載している端末というと、重さも厚みもあってゴツいし、なんかあまりおしゃれじゃない……って思っている人も多いのではないでしょうか?

ZenFone 3 Maxはそんな大容量バッテリースマホのイメージをくつがえすスマートなデザイン。

画面はゆるやかにカーブを描く2.5Dの曲面ガラスを使っており、背面はスタイリッシュなメタルボディーを搭載しています。

背面も手にしっくりとなじむような丸みを帯びていて、長時間でも楽に使えるデザインなんです。

重さも160gと、手にずっしりと負担がくるような重さはなく、女性でも楽に使えますよ

色はシルバー、ゴールド、グレーの3色です。

メタルボディーで、2万円を切るモデルとは思えない高級感にあふれています!

片手で楽に解除できるスマートな指紋センサー

最新機種ではいまやおなじみとなった指紋センサーですが、ZenFone 3 Maxは背面に指紋センサーを搭載しているので、握ったときにそっとタッチするだけで、即座にロックを解除できます。

ロック解除に必要な時間はなんと0.3秒

しかも360°どの角度でも認証してくれるので、軽く本体をつかめば解除できますよ!

さらに、指紋センサーをダブルタップすればカメラを起動、タップで撮影といった設定もできるんです。

ASUS ZenFone 3 Maxの性能

ZenFone 3 MaxのメモリはRAM2GB、ROM16GBです。

正直決して高スペックとはいえませんが、普段使いであれば問題ない容量といっていいでしょう。
スマホゲームをする人や動画をたくさん撮る人には物足りなく感じることが結構あるかもしれません。

ZenFone 3 Maxは希望小売価格が2万円を切る、まさにこれぞ格安スマホといえるようなモデルなので、とりあえずスマホを安く使いたいけれど、そこまでのスペックは必要としない人に向けた機種といえます。

簡単モードやKidsモードといった機能も備わっているので、高齢の両親や子どもに持たせる機種としてもオススメです!

ASUS ZenFone 3 Maxのバッテリー性能

バッテリー容量は先述の通り4,100mAhです。

使用できる目安としては、連続待受時間最大約30日間、連続通話が約20時間、Wi-Fiでのウェブブラウジングが約18時間、音楽再生が約87時間という驚きの長時間駆動です!

ほなみ

まる1日使ってもバッテリーの心配はあまりしなくて大丈夫です

ゲームをしたり、動画をよく見る人も安心といっていいでしょう。
通勤、通学が長い人は電車内で暇つぶしし放題ですね!

ASUS ZenFone 3 Maxのカメラの性能

ZenFone 3 Maxのカメラの性能は背面カメラが1,300万画素、前面カメラが500万画素と、この価格にしてはかなり高性能といえるでしょう。

さらに、逆光でも美しく撮影できる「HDRモード」や、暗い場所でフラッシュをたかずに自然な明るさで撮れる「ローライトモード」など、11の多彩な撮影モードを搭載しています。

美人エフェクトモードで人物もバッチリ

数あるモードの中でも、自撮り撮影や集合写真のときに使えそうなのが「美人エフェクトモード」です。

ASUSの他の機種にも多く搭載されているモードですが、肌の色を柔らかく見せてくれるので、SNSにアップしたいときには役立つこと間違いないでしょう!

ZenFone 3 Maxはピント合わせが不得意

モード数は他の機種と比べて特に多いわけではありませんが、撮影時によく使う機能をバランスよく搭載している印象ですね。

ただ、赤外線レーザーを照射してフォーカス速度を向上させる「レーザーオートフォーカス」には対応しておらず、ピントが合うまでのスピードや精度はあまり高くありません。

手ぶれ防止機能もないので、撮影のときには本体を動かさないようにしっかりと固定するのがうまく撮るコツのひとつです。

最後に、ZenFone 3 Maxで撮影された写真のツイートがあったのでご紹介します。

ASUS ZenFone 3 Maxを取り扱うMVNOと価格

現在MVNOでの取り扱いはありません。