【2018年11月】通信速度比較結果!

ASUS ZenFone 4 Proのスペックレビュー、価格、カメラ性能

ASUS ZenFone 4 Proのスペックレビュー、価格、カメラ性能

人気のあるZenFoneシリーズのハイエンド端末「ZenFone 4 Pro」は流石の品質!

  • ハイエンドならではのハイスペック
  • ダブルレンズで高級感のある写真が撮れる!
  • アルミニウムとゴリラガラスで耐久性も抜群

高性能なスペックだけではなく、耐久性などにも注目の機種です!

ASUS ZenFone 4 Proの総評

ASUSのZenFoneシリーズは、種類が本当に豊富です!

無印バージョンはお求め安い価格で提供されていますが、その他にも価格が高めで性能もハイスペックなProバージョンや、バッテリー容量がすごく多くなっているMaxバージョンなどさまざまなバージョンがあります。

「ASUS ZenFone 4 Pro」はハイスペックで、お値段もお高めのハイエンドスマホ!

サイズ感もちょうどよく、指紋認証が前面なのが嬉しいという人もいるのではないでしょうか。

液晶の綺麗さはZenFone5のほうが、綺麗に感じましたがこのあたりは好みだと思います。

スペック的にはゲーマーの人にも嬉しいCPUスナドラを搭載し、RAMも6GBというスマホとしては申し分のない性能です。

スマホはすぐに新作が出てきますが「ZenFone 4 Pro」はスペック的にも、耐久性的にも、長く使っていけること間違いなしのスマホ端末なんです!

実際、現在ASUS最強ともいわれているZenFone5Zの次に性能の高いASUS端末はこのZenFone4 proだと言われることもあります。

かしわ

基本的なスマホの性能が高いだけではなく、望遠に強いダブルレンズも搭載しているので、写真を撮るのも楽しくなりますよ!

ASUS ZenFone 4 Proのスペック表

サイズ 幅: 約75.6mm  縦: 約156.9mm  厚さ: 約7.6mm  重さ:約175g
カラー ムーンライトホワイト, ピュアブラック
対応OS Android™7.1.1
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 835 (オクタコアCPU)
メモリ RAM 6 GB / ROM 128 GB / microSD カード (最大2TB)
バッテリー 容量3,600mAh 急速充電対応
カメラ メインカメラ ( ダブルレンズ): 1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部F2.2 / 2色フラッシュ
4-in-1 ハイブリッドフォーカス (像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)
4K動画撮影
インカメラ: 800万画素 (開口部F2.0, FF)アウトカメラ(ダブルレンズ):
1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)
1,600万画素ズームカメラ内蔵 (2ndカメラ)
レーザーオートフォーカス
LEDフラッシュ
インカメラ: 800万画素カメラ内蔵
ディスプレイ 5.5型ワイド AMOLEDディスプレイ
Corning® Gorilla® Glass 5
入出力端子 micro USB typeC
SIMカード nano-SIM
発売日 2017年10月27日

ASUS ZenFone 4 Proの特徴

ハイエンドスマホならではの高級感がZenFone 4 proの魅力。

  • デュアルレンズ 最大10倍ズームの望遠
  • Adreno™グラフィックスディスプレイ
  • DSDSでマルチキャリア対応
  • ZenUIセーフガード

ZenFone 4 proは、長く使っていけるクオリティのスマホです!

高性能のデュアルレンズで最大10倍ズームが可能

最近のスマホのトレンドはカメラ性能の高さとなっています。

より美しく、より早く、思った以上の写真を撮れることがスマホ選びの条件だという人は多いです。

ASUS ZenFone 4 Proもカメラ性能を重視するユーザーに向け、一眼レフカメラに迫る写真が撮れるモデルとして発売されました。

特に光学ズームと電子ズームによる最大10倍のアップはASUS ZenFone 4 Proならではの性能でしょう。

被写体と離れていた場合でも、さっと近寄った写真が撮れるのは、子育て世代にはうれしい機能です。

また「SuperPixel」(スーパーピクセル)によって通常のスマホカメラの約8倍も光を取り込むことができ、暗い場所でもクリアでシャープな写真が撮影できます。

Adreno™グラフィックスでゲームも臨場感たっぷり

ASUS ZenFone 4 Proはグラフィックにおいてはかなりの自信を持っているといっていいでしょう。

ASUS ZenFone 4 Proに採用される「Adreno™540」によって、まるでハイスペックのデスクトップPCで3Dゲームを見ているような映像を楽しむことができます。

ASUS ZenFone 4 Proの高度なグラフィック処理速度は、リアルで滑らかな映像の動きを実現、ゲームスマホとして見逃せないモデルです。

ただし気になる口コミもあります。

ZenFone 4 Proはどうも音系のゲームとの相性があまりよくないようです。

かしわ

そんな口コミをピックアップしてみます。

ブラウザ表示や音ゲー以外のゲームはサックサクです。
さすがはスナドラ800番台+6GBメモリです。

しかし、音ゲーはなぜかレスポンスが悪いです。
音割れはする、タップ抜けはするしロングは切れる。

ZenFone4Proレビュー|価格.com

音ゲーでは特にタップ音の遅延が酷いです。
スクフェス、バンドリ、デレステ等のために購入を考えている場合、ハード側もしくはアプリ側で対応されるまで控えた方が無難です。

ZenFone4Proレビュー|価格.com

LINE などで通話している際にゲームなどをするとノイズキャンセリング機能が発生して音がほぼ聞こえなくなる。

ZenFone4Proレビュー|価格.com

DSDSでマルチキャリア対応

ASUS ZenFone 4 ProはデュアルSIMデュアルスタンバイです。
そしてauのVoLTEに対応しています。

そのためドコモ系の格安SIMとau系の格安SIMを同時利用することができるのです。

例えばビジネス用とプライベート用の2つの電話番号をひとつのスマホで受信できるのでスマホ2台づかいの人にとって、スマホが1台でいいのでわずらわしさが軽減されます。

トリプルスロットではないので注意

カードスロットは「SIMカードとSIMカード」、「SIMカードとmoicroSDカード」といった組み合わせで利用することができますが、トリプルではありません。
それが唯一残念なところですね。

ZenUIセーフガードで緊急時に備える

ASUS ZenFone 4 Proには、緊急連絡先を設定し電話発進と同時に位置情報を送信できる機能があります。

あらかじめ登録した緊急連絡先へ電源ボタンを素早く3回押すことで電話発信するのです。
この機能があると災害時でもいち早く家族の位置がわかります

また高齢者が外出先で気分が悪くなった時など、即座に家族とつながるので安心です。
またSNSにもメッセージが送れるようになっています。

推奨メッセージとして「助けて!!」「もう大丈夫」「帰り道」が登録されていますので緊急時などにはメッセージを選択して送信することで、入力の手間を省けるのです。

またZenUIセーフガードにはASUSの専用ウェブサイトがあり、サイトにアクセスすることで位置情報が家族や友人と共有できるので、テーマパークなどではぐれてもお互いの位置がすぐにわかります。

ASUS ZenFone 4 Proの性能

ASUS ZenFone 4 Proの内蔵メモリはRAM 6 GB / ROM64 GBとなっています。
スマホの中でも高い容量となっているため、複数のアプリを立ち上げても、ゲームをしてもサクサクとした動作ができるでしょう。

ちなみにゲームをしない通常づかいで必要なメモリは「RAM 2 GB / ROM16 GB」くらいですので、ASUS ZenFone 4 Proがいかにハイスペックであることがわかります。

メモリについての口コミがありますので見ておきましょう。

ブラウザ表示や音ゲー以外のゲームはサックサクです。
さすがはスナドラ800番台+6GBメモリです。

ZenFone4Proレビュー|価格.com

高性能SoCと大容量メモリのお陰で不満は一切ありません
エフェクトの激しい3Dゲームであってもサクサク動作します。

ZenFone4Proレビュー|価格.com

とてもサクサク動く。
アプリを300個ほど入れても全くもっさりしたりしない。

ZenFone4Proレビュー|価格.com

ZenFone 4 Proのバッテリー性能

ASUS ZenFone 4 Proのバッテリー容量は3600mAhです。
スマホの基準となるバッテリー容量は3000mAhとなっていて、それを下回るとちょっと不安だと言われています。

ASUS ZenFone 4 Proはバッテリー容量でもちょっと上のクラスだと考えていいでしょう。
また急速充電に対応していますので、わずか32分で約50%までの充電が可能となっています。

とはいえスマホの使用状況によっては意見がわかれるようです。

Zenfone2と比べるとかなりいいです。
一日中ゲームなどをしてハードに使っても充電はいらないです。

ZenFone4Proレビュー|価格.com

少々足りない
モバイルバッテリー必須

ZenFone4Proレビュー|価格.com

ZenFone 4 Proのカメラ性能

ASUS ZenFone 4 Proはダブルレンズ仕様、1200万画素+1600万画素となっています。

F値とセンサーで明るい写真が撮れる

何といっても開放値がF1.7と優れていて、暗いところでもイルミネーションでも見たままの写真が撮れるでしょう。

さらにSONYのセンサーを採用したことで同じスペックのスマホ以上に明るく撮影することができます。

ピントがすぐに合うフォーカス機能

またフォーカスのスピードにも注目です。

ASUS ZenFone 4 Proは超高速デュアルピクセル位相差検出、レーザーオートフォーカスで約0.03秒という速さで、動く被写体も瞬時にとらえます。

もちろん、一眼レフとまではいきませんが携帯性の良さからカメラを持ち歩くことは少なくなりそうです。

インカメラも抜かりない性能

そしてインカメラの広角22mm、F1.8というのも性能の高さをあらわしています。
22mmであれば背景を多く取り込むことができますので、周りの建物や複数の友人もばっちり写り込ませることができるでしょう。

ほなみ

では、ASUS ZenFone 4 Proのカメラ性能についても口コミを見ていきたいと思います。

https://twitter.com/NifMo_Official/status/989779314991222784

とても綺麗。
絞り値が1.7なので鮮明に写る。
暗くてもレーザーフォーカスのおかげでフォーカスがズレない。

ZenFone4Proレビュー|価格.com

「WE LOVE PHOTO」
そんなキャッチコピーでカメラに力を入れているようですが、特別に優れているとは思えません
メーカーサイトの商品説明に「一眼レフなみ」とありますが物足りないですね。

ZenFone4Proレビュー|価格.com

えみ

カメラにかなりこだわりたい人はAIカメラ搭載のZenFone55Z、Leicaレンズを使ったHUAWEIのP20とかのほうが良さそうだね!

ASUS ZenFone 4 Proを取り扱うMVNOと価格

現在MVNOでの取り扱いはありません。

ZenFon 4 proは現在MVNOで取り扱いなし!

ZenFone 4 proをセット購入できるMVNOは現在ないので、Amazonなど通販サイトで個別にスマホ端末を購入して格安SIMを挿入して使うのがオススメです。

その場合のオススメ格安SIMは「IIJmio」

IIJmioは、安定感のあるサービスが魅力!
わかりやすいシンプルなプランや、普段使いしやすい充実したシステムに定評があります。

さらにIIJmioではドコモ回線とau回線のどちらも選ぶことができますしシェアプランでSIMカードを2枚持つこともできるのでドコモ回線とau回線のSIMカードをそれぞれ一枚ずつ入れて、その時々で使い分けることができます。

ファミリーシェアプランなら、追加SIMも無料でできてお得!

ZenFone 4 ProはデュアルSIM対応機種なので、ぜひその使い心地を堪能してみてください!