【2018年11月】通信速度比較結果!

ASUS ZenFone ARのスペックレビュー、価格、性能の評価

名前からも、新しい風を感じさせるZenFone AR。

  • スマホ時代を先取り!?ARとVRがすごい!
  • スペック抜群で飽きの来ないスマホ
  • 話題性抜群!インパクトがありすぎるスマホ

ZenFone ARならではの、他のスマホにはない驚きの性能をご紹介します!

ASUS ZenFone ARの総評

人気の高いASUSのスマホ、ZenFoneシリーズの中でも変態スマホと言われたのがこのZenFone ARです。

スペックもスナドラ800番台を備えRAMも6GB以上。

スマホのRAMは3GB,4GBあれば十分だと言われていますから、その異常さがわかりますよね。

そしてこのスマホ、なんと言ってもVRゴーグルが付属してくるんです。

えみ

想像しただけでもう、見た目のインパクトが抜群だね!

また、実際にARとVRに力を入れたスマホなので時代を先取ったスマホと言ってもいいかもしれません。
特にゲームは他のスマホにはないような没入感が楽しめるでしょう。

ただ、ARやVRに対応しているゲームアプリもまだそう多くはないので単純にスマホゲームを楽しみたいという人はZenFone5Zがイチオシです!

単純なゲームの快適さだけではない新たな技術を楽しみたいという人はぜひこのZenFone ARチェックしてみてくださいね!

人とはちょっと違うスマホを持ちたいという人には特にオススメの端末です。

ASUS ZenFone ARのスペック表

サイズ 幅: 約77.7mm  縦: 約158.98mm  厚さ: 約4.6~8.95mm  重さ:約170g
カラー ブラック
対応OS Android™ 7.0
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 821 (クアッドコアCPU)
メモリ ZS571KL-BK128S8: RAM 8 GB・ROM128GB (UFS 2.0)
ZS571KL-BK64S6: RAM 6 GB・ROM 64GB (UFS 2.0)
バッテリ 容量3,300mAh
カメラ カメラ:
アウトカメラ(ダブルレンズ):
モーショントラッキングカメラ内蔵
深度カメラ内蔵
2,300万画素Webカメラ内蔵
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
インカメラ:
800万画素Webカメラ内蔵
ディスプレイ 5.7型ワイド Super AMOLEDディスプレイ
フルラミネーションディスプレイ
Corning® Gorilla® Glass 4
入出力端子 micro USB typeC
SIMカード nano-SIM
発売日 2017年6月23日

ASUS ZenFone ARの特徴

ZenFone ARの魅力はなんと言っても最新技術を駆使したARとVRです。

  • ARとVRに対応した特殊なスマホ
  • VRで今までにない新しい体験を
  • オーディオ性能もバッチリ
  • 高級感のある抜かりないデザイン

ZenFone ARならではの、驚きの機能に注目してみてください!

世界初!ARとVRの両方に対応したスマホ

ASUS ZenFone ARは高度なAR技術が体験できる「ARCore」と高品質なVRプラットフォームの「Daydream」の2つの技術を搭載した世界初のスマホです。

ARCoreはGoogle社が開発、提供するAR技術で、実は発売当初は「Tango」という名前で2014年からモバイルAR技術として展開していました。

しかし中々普及が進まず、2018年3月でTangoはサポートが終了してしまいました

かしわ

これに代わってZenFone ARでは同じくGoogle社が提供するARCoreが対応することとなりました。
ZenFone ARの端末の公式サイトはTangoの表記のままになっていますが……(笑)

AR技術とは?
AR技術とは簡単にいうと、現実世界に実際にはないバーチャルの物体を配置できる技術です。

この端末でできることを例に挙げると、実際の部屋を端末の画面に映し、ここに手元にはない家具を置いたらどうなるかのシミュレーションがを画面上でできたりします。

ほかにもAR対応のゲームのドミノゲームなどでは、部屋にドミノを並べたりできちゃうんです!

これを可能にしているのが2,300万画素の超高解像度カメラとモーショントラッキングカメラ、深度カメラの3つの背面カメラ。

この3つのカメラで構成される革新的なTriCam(トライカム)システムで、まるで実際に目の前にあるかのように、周囲の環境を認識して3Dモデルを作成し、動きを追跡します。

ワンランク上のVR体験がスマホでできる

VRプラットフォームのDaydreamではゲームを始めとして、高品質なVRを体験できます!

5.7型の大型ディスプレイに2K解像度(WQHD)のSuper AMOLEDディスプレイを搭載し、実際にその場にいるかのような臨場感を味わえます。

VRゴーグルも付属
簡易的なものではありますがVRゴーグルも端末と一緒に付属しているので、買ってすぐにVRを体験できますよ!

しかし現状ではARもVRも、対応しているアプリがまだまだ数少ないんです。

正直、スマホ端末の方が少し先を行き過ぎてしまっている感じで、機能を持て余している感は否めないんですよね。

ですが、これからARやVRに対応したゲームや便利なアプリが増えていくことは間違いないので、最新の技術はとにかく早く試したい!という方は新たなアプリがリリースされるのを楽しみに待ちましょう!

高音質オーディオシステムSonicMasterを搭載

臨場感あふれるARやVR体験にさらに没頭できるよう、オーディオ技術にも力を入れています。

SonicMaster 3.0テクノロジーを搭載し、豊富なエフェクトでCDの約4倍のハイレゾ高音質が楽しめます。
音量も従来比約140%の大音量で、ゲームを楽しむ人は没頭できること間違いなしです!

そしてなんとハイレゾ対応のイヤホンが元から付属しているため、新しくイヤホンを買う必要もありませんよ!

ハイスペックながらコンパクトなボディ

ZenFone ARはこれだけの最新のテクノロジーを搭載しつつ、コンパクトなボディに収めました。

背面はなんとレザー加工

伝統工芸の技を駆使した高級感あふれるデザインです。

側面や前面にはメタルフレームを搭載し、手にしっくりなじむデザインです。

ASUS ZenFone ARの性能

ASUS ZenFone ARはメモリの異なる2つの機種をラインアップしています。

ZS571KL-BK128S8は、なんとスマホとしては世界初のRAM8GB、ROM128GBで、ZS571KL-BK64S6はRAM6GB、ROM64GBです。

どちらの機種もARとVRでのパフォーマンスをスムーズにするための超ハイスペックといえます。

ASUS ZenFone ARのバッテリー性能

バッテリー容量は3,300mAhで、数値で見れば大容量バッテリーです。

しかしARやVRなど搭載している機能がハイパフォーマンスを要求するものばかりのため、1日中ハードに使っているとバッテリー切れしてしまう可能性もあるでしょう。

急速充電に対応しているので、バッテリー切れが心配な方はカフェや会社などで充電できるように同梱されている急速充電器を持ち歩くといいかもしれません。

ASUS ZenFone ARのカメラの性能

ASUS ZenFone ARはAR技術に合わせて背面に2,300万画素の超高解像度カメラ、モーショントラッキングカメラ、深度カメラという3つのカメラを搭載しています。

これはもちろんAR機能を使うときだけでなく、写真を撮るときにも能力を発揮しますよ!

約0.03秒という超高速のオートフォーカス機能で、撮影したい瞬間を逃しません。

しかも光学式と電子式の両方の手ぶれ補正を搭載しているので、どんな場面でもその瞬間をカメラにしっかり捕らえることができます!

F値は一眼レフカメラ同等の2.0で、夜景など暗い場所でもまずまずの仕上がりの写真が撮れます。
さらに、4Kビデオ撮影も可能ですよ!

ZenFone ARは特殊なスマホなためか口コミが少なかったため、NifMo公式のツイートをご紹介します。

https://twitter.com/NifMo_Official/status/909938476497354753

ASUS ZenFone ARを取り扱うMVNOと価格

現在MVNOでの取り扱いはありません。