【2018年10月】通信速度比較結果!

かけ放題の格安SIM17社比較!無制限はある?通話し放題のお得なMVNO

格安SIMにもかけ放題はある?品質は?通話料は?MVNO徹底比較

この記事で分かること
  • 自分にピッタリなかけ放題のある格安SIMが分かる
  • それぞれの格安SIMかけ放題の特徴
  • 無制限通話し放題、専用アプリなし、通話品質など属性が一目で分かる

少し前までは「通話料が高くなる」のが格安SIMの弱点でしたが、最近ではかけ放題サービスを提供している格安SIMが増えてきています。

しかし、かけ放題の内容は格安SIMによって大きく違います。
通話し放題でも無料になる時間が違いますし、専用の通話アプリが必要なものもあれば、標準の電話アプリでかけ放題になるものもあります。

この記事では、

  • 格安SIMで通話料も安く済ませたい!
  • どの格安SIMのかけ放題が自分に合っているのか分からない
  • 無制限がいい!専用アプリなしのかけ放題はどこ?

といった悩みを解決するため、格安SIM17社のかけ放題サービスを徹底的に比較しました。

この記事を読めば、お得に通話し放題の格安SIMを見つけることができますよ。

格安SIMのかけ放題について

格安SIMでは1回10分までの通話が何度も無料、といったように「一定時間内は無料になるかけ放題」はあります。

しかし時間や回数に制限のない無制限のかけ放題を提供しているところはほとんどありません

品質をあまり重視しないのであれば、IP電話(インターネット回線を利用して通話するサービス)で無制限にかけ放題ができる格安SIMもあります。

現状の格安SIMのかけ放題は以下の3種類に分けることができます。
※クリックで一覧に移動できます。

大手キャリアのガラケーとの2台持ちもあり

格安SIMで無制限通話し放題をしたいなら2台持ちという方法もあります。
大手キャリアでもガラケーは安いので、通話用のガラケーで電話をし、スマホには格安SIMのデータ通信専用SIMを挿して運用します。
こうすることでかけ放題を維持しつつ、格安でデータ通信を使うことも可能です。
ガラケーのスマホの2台持ち格安SIM(スマホ)とガラケーの2台持ちで無制限かけ放題を実現する方法!アプリなしで通話し放題

かけ放題のある格安SIM一覧

かけ放題のある主要な格安SIM17社を一覧表にまとめてみました。

項目にある通話方式の違いについては後ほど解説しています。
簡単にまとめると、通常電話回線とプレフィックスは通話品質が良好、IP電話は通話品質が悪いです。
専用アプリは無いほうが手間が省けます。

※ロゴ画像をクリックすると詳細に飛べます。

MVNOかけ放題の時間月額料金通話方式専用アプリの有無
Y!mobile(ワイモバイル)10分/無制限無料/1,000円通常電話回線無し
X-mobile(エックスモバイル・旧もしもシークス)5分/無制限850円/1,800円プレフィックス有り
イオンモバイル(AEON MPBILE)10分/無制限850円/1,500円プレフィックス/IP電話有り
UQ mobile(ユーキューモバイル)5分無料通常電話回線無し
b-mobile(ビーモバイル)5分500円プレフィックス無し
iPhoneは有り
nuro mobile(nuro モバイル)10分800円プレフィックス無し
iPhoneは有り
j:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)5分850円通常電話回線無し
IIJ mio(みおふぉん)3分/10分600円/830円プレフィックス有り
mineo(マイネオ)10分850円プレフィックス有り
DMM mobile(DMMモバイル)10分850円プレフィックス有り
楽天モバイル10分850円プレフィックス有り
OCNモバイルONE10分850円プレフィックス有り
BIG LOBE(ビッグローブモバイル)3分/10分600円/830円プレフィックス有り
LINE MOBILE(ラインモバイル)10分880円プレフィックス有り
LinksMate(リンクスメイト)10分850円プレフィックス有り
NifMO(ニフモ)10分830円プレフィックス有り
U-mobile(ユーモバイル)3分500円プレフィックス有り

通話し放題の格安SIMの選び方

通話し放題の格安SIMを選ぶときは、以下の2点に注目しましょう。

  • 自分がどれくらい通話をするか
  • 通話品質をどれくらい重視するか

「どれくらい通話するか」で選ぶ

格安SIMのかけ放題は大きく分けて

  • 一定時間以内なら何度通話しても無料(例:10分以内など)
  • 時間無制限で無料

の2つに分かれます。

短い電話を何度もする場合は「一定時間以内なら何度通話しても無料になるかけ放題」を選びましょう。

2014年にMMD研究所が行った調査では、スマホを利用している人の75.3%は1日の通話時間が10分未満というデータがあります。
ほとんどの人はこちらのかけ放題で十分足りるわけですね。
参考 スマートフォンのデータ通信・通話利用に関する調査MMD研究所

一方、長時間の電話を何度もするような人は時間無制限で無料になるかけ放題を選びましょう。
具体的には、15~20分以上の通話を何度も利用するような人です。

iPhone・Androidともに標準の電話アプリの「通話履歴」を見れば、自分が普段どれくらいの通話をしているかが分かります。

自分の通話の仕方を見直し、それに合ったかけ放題を選びましょう。

「品質をどの程度重視するか」で選ぶ

通話方式については通話の品質をどれくらい重視するかで決めましょう。

「IP電話」は料金が安いですがインターネット回線を利用するので通話品質は良くありません。
仕事などで大切な連絡のやりとりをする場合は「通常電話回線」か「プレフィックス」が良いでしょう。

ただし、プレフィックスの場合は専用のアプリが必要になることがほとんどです。
スマホの標準の電話アプリだけを使いたい場合は通常電話回線を選びましょう。

かけ放題の対象外になる番号もある

発信する電話番号によっては格安SIMの通話し放題が対象外になることがあります。
具体的には以下のような番号にかけた場合です。

  • フリーダイヤル
  • ナビダイヤル
  • 3桁番号(110番)
  • 国際電話

これらの番号に発信する場合はかけ放題が適用されなかったり、そもそも発信できなかったりします。
十分に注意しましょう。

格安SIMの電話品質は大丈夫?

格安SIMのかけ放題には大きく分けて3種類の通話方式があるのですが、方式によって音声品質が変わります。
3つの通話方式の特徴を簡単に表にしてまとめました。

通話方式通話品質特徴
通常通話回線普通の電話と同じ。
プレフィックス専用アプリが必要なケースが多い。
中間に特別な回線を経由する。
通常通話回線より品質はやや劣るがほぼ差はなし。
IP電話インターネット回線で電話するサービス。
電話番号のあるLINE通話のような仕組み。

通常電話回線とプレフィックスは通話品質も問題ないと思っていただければOKです。

通常電話回線・プレフィックスと比べるとIP電話は通話品質が悪いです。
電話番号の付いたLINE通話やSkypeのようなイメージです。
ビジネスなどで利用する場合はなるべく控えたほうが良いでしょう。

【タイプ別】かけ放題の格安SIM比較

格安SIMのかけ放題は大きく以下の3つのタイプに分けられます。

ここでは、それぞれのタイプ別にかけ放題のある格安SIMを比較していきます。

無制限かけ放題の格安SIM比較

無制限かけ放題がある格安SIMは以下の通りです。

無制限かけ放題があるのはY!mobileエックスモバイルの2つだけです。

Y!mobileは回数や時間の制限が一切ありません。
一方、エックスモバイルは連続して50回以上通話したり、60分以上同じ相手と電話したりすると一時的に利用が制限されるので気を付けましょう。

時間制限ありのかけ放題の格安SIM比較

時間制限ありのかけ放題がある格安SIMは専用アプリの有無で分けました。

専用アプリ必須のかけ放題では毎回アプリを経由して電話をかける必要があるため、少し面倒です。
電話に手間をかけたくない方は専用アプリ不要のかけ放題がおすすめです。

専用アプリ不要の通話し放題

専用アプリが必要な通話し放題

時間制限が気になるなら「通話時間タイマーアプリ」を併用!

時間制限ありのかけ放題で制限オーバーが心配なら、「通話時間タイマーアプリ」を活用しましょう。

Androidなら「通話時間タイマー」がおすすめです。
あらかじめタイマーをセットすることで、制限時間に近くなるとバイブや通知で知らせてくれるほか、強制的に電話を終了させることもできます。

通話時間タイマー

通話時間タイマー

posted withアプリーチ

iPhoneなら「通話タイマー Call Timer X」がおすすめです。
iPhoneの仕様上、強制的に電話を終了させる機能はありませんが、制限時間に近くなるとバイブと通知で知らせてくれます。

通話タイマー Call Timer X

通話タイマー Call Timer X

無料posted withアプリーチ

IP電話でかけ放題の格安SIM比較

IP電話のかけ放題は、インターネット回線を利用して通話をする「IP電話」が通話し放題のサービスです。
通常の電話回線を利用する電話はかけ放題にならないので気を付けましょう。

IP電話でかけ放題の格安SIMは1社です。

イオンモバイルは今回比較する格安SIMの中で唯一、IP電話のかけ放題を提供しています。
IP電話なので、データSIMでもかけ放題が利用できます。
ただし、インターネット回線を利用するため、通話品質は通常の電話に劣ります。

IP電話のかけ放題は「電話番号があるLINE通話」のようなものです。
いくらでもかけられますが、回線の状態によっては通話品質が悪くなることがあります。

かけ放題のある格安SIMの特徴

ここまではかけ放題の種類別に格安SIMを比較してきました。
最後に、通話し放題のある格安SIMごとに特徴や注意点をまとめました。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)
かけ放題の種類10分かけ放題 / 無制限かけ放題
通話方式通常電話回線
かけ放題の金額10分かけ放題:無料
無制限かけ放題:月額1,000円
専用アプリ無し
回線の種類ソフトバンク

Y!mobileは自社でも回線を持っており、厳密には格安SIMでもMVNOでもありません
しかし料金は大手キャリアより安いため、ここでは格安SIMとして取り扱っています。

Y!mobileではすべてのプランで、標準で10分かけ放題が使えます。
しかもプレフィックス通話ではなく通常の電話回線を使うのでアプリはいりませんし、品質も良いです

時間・回数ともに無制限の「スーパーだれとでも定額」

Y!mobileでは月額1,000円で時間・回数ともに無制限のかけ放題「スーパーだれとでも定額」が利用できます。
完全無制限のかけ放題を提供している格安SIMはほとんどないため、貴重です。

こちらも通常の電話回線なのでアプリは不要ですし、通話品質も良好です。
大手キャリアと同じように思う存分電話をかけたい人におすすめです。


エックスモバイル(旧もしもシークス)

X-mobile(エックスモバイル・旧もしもシークス)
かけ放題の種類5分かけ放題 / 無制限かけ放題
通話方式プレフィックス
かけ放題の金額5分かけ放題:月額850円
無制限かけ放題:月額1,800円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ

エックスモバイルはもともと「もしもシークス」と言う名前で運営されていた格安SIMです。
格安スマホ会社の中でも比較的マイナーで規模も小さいMVNOですが、月額1,800円で無制限かけ放題の「かけたい放題フル」が使えるという特徴があります。

大手キャリアのサブブランド以外で無制限かけ放題が使える唯一のMVNOです。

月額850円で5分かけ放題の「かけたい放題ライト」も利用できます。
自分の通話スタイルに合わせてオプションを選べるのがうれしいですね。

エックスモバイルのかけ放題はプレフィックス通話なので、専用アプリからかける必要があります。
通話品質自体は通常の電話と変わりません。

かけたい放題フルの注意点

エックスモバイルの「かけたい放題フル」は厳密には完全な無制限ではなく、下記のいずれかに該当する場合は利用が停止されることがあります。

  • コンピューターによる回線の利用と思われる場合
  • 連続して1日50回以上通話をした場合
  • 連続して60分以上、同一の相手先に連続してかけた場合
  • そのほか、他のユーザーの利用に影響を与えるような短期間で大幅に利用した場合

制限はそこまで厳しくなく、常識の範囲内であれば問題ないと思います。
しかし、完全に無制限の通話し放題ではないということは覚えておきましょう。

参考 エックスモバイル公式

イオンモバイル

イオンモバイル(AEON MOBILE)
かけ放題の種類10分かけ放題 / 無制限かけ放題
通話方式10分かけ放題:プレフィックス
無制限かけ放題:IP電話
かけ放題の金額10分かけ放題:月額850円
無制限かけ放題:月額1,500円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ、au

イオンモバイルは「10分かけ放題」と「無制限かけ放題」の2種類を提供しています。

10分かけ放題は月額850円で1回10分までの通話が何度でも無料です。
プレフィックス通話なので、利用する際は専用アプリ「イオンでんわ」を使う必要があります。

イオンでんわは使い勝手が良く、通常の電話帳と同じく履歴からの発信や、メールを送信することも可能です。
通話品質も比較的良好で、通常の電話とほとんど変わりません。

無制限かけ放題はIP電話を利用する

無制限かけ放題はIP電話を利用するかけ放題です。
月額1,500円で携帯電話はもちろん、固定電話にも無制限に通話し放題です。

IP電話はインターネット回線を利用するので通話品質は通常の電話に劣るものの、データ専用SIMでも使えるので月額料金も節約できるというメリットがあります。

多少品質が悪くても、とにかく安くたくさん電話したい人におすすめです。

イオンモバイルの詳細・公式


UQモバイル

UQ mobile(ユーキューモバイル)
かけ放題の種類5分かけ放題
通話方式通常電話回線
かけ放題の金額無料 ※プラン内
専用アプリ無し
回線の種類au

UQモバイルでは「おしゃべりプラン」のみ、5分かけ放題が無料で使えます。
プレフィックスではなく通常の電話回線なのでアプリはいりませんし、通話品質も良好です

かけ放題ではありませんが、「ぴったりプラン」には毎月決まった時間まで通話が無料になる無料通話が標準で含まれています。
プランSなら60分/月、プランMなら120分/月、プランLなら180分/月まで無料で通話できます。

このほかのプランにはかけ放題は含まれていません。
有料の通話オプションも用意されていないので、電話をたくさんする場合はおしゃべりプランかぴったりプランのどちらかを選ぶ必要があります。

UQモバイルの詳細・公式


b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile(ビーモバイル)
かけ放題の種類5分かけ放題
通話方式プレフィックス通話
かけ放題の金額月額500円
専用アプリ無し
回線の種類ドコモ、ソフトバンク

b-mobileでは月額500円で5分かけ放題が利用できます。

b-mobileもプレフィックス通話なので専用アプリ「b-mobile電話」が必要ですが、Androidの場合は一度起動して初期設定を行えば、あとは標準の電話アプリから発信してもかけ放題が適用されます

iPhoneの場合はb-mobile電話アプリを経由して通話をする必要があるので要注意です。

通話の音声はクリアで、品質は問題なしです。

b-mobileは従量制プランのみ利用可能

b-mobileの料金プランのうち、音声通話が使えるのは使ったデータ通信量に応じて料金が上がっていく従量制プランの「990ジャストフィットSIM」だけです。

毎月決まったデータ通信量を使う人には向きませんが、毎月のデータ通信量にばらつきがある人なら無駄なく使えます。

従量制プランでかけ放題を利用したいという人にはb-mobileがおすすめです。


nuroモバイル(ニューロモバイル)

nuro mobile(ニューロモバイル)
かけ放題の種類10分かけ放題
通話方式プレフィックス
かけ放題の金額月額800円
専用アプリ無し ※iPhoneは有り
回線の種類ドコモ、ソフトバンク

nuroモバイルでは月額800円で10分かけ放題が利用できます。
主要な格安SIMの中で10分かけ放題がもっとも安いのがnuroモバイルです。

プレフィックス通話なので、専用アプリ「nuroモバイルでんわ」が必要です。
ただし、Androidの場合は一度アプリを起動して設定しておけば、それ以降は通常の電話アプリでも10分かけ放題が適用されます

通話品質も良好で、通常の電話とほぼ同じです。

使い慣れた普段の電話アプリでかけ放題を利用したいという人におすすめです。

ただし、iPhoneの場合はその都度nuroモバイルでんわを経由してかけないといけません。

nuroモバイルの詳細・公式


J:COMモバイル

j:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)
かけ放題の種類5分かけ放題
通話方式通常電話回線
かけ放題の金額月額850円
専用アプリ無し
回線の種類ドコモ、au ※かけ放題はau回線のみ

J:COMモバイルではスマホ本体とau回線のSIMがセットになった「Aプラン」のみ、月額850円で5分かけ放題が使えます。

プレフィックスではなく通常の電話回線を利用するので専用アプリが要らず、通話品質も通常の電話と全く同じです。

J:COMモバイルにはドコモ回線の「Dプラン」もありますが、Dプランではかけ放題が使えません

また、J:COMモバイルではJ:COMのその他のサービス(テレビ・ネット)を契約していると、

  • 端末代が割引される
  • カウントフリー(特定のサービスがデータ通信量を消費しなくなる機能)が使える

といった特典を受けられます。
J:COMモバイルはすでにJ:COMを利用している人におすすめです。

参考 J:COM MOBILE公式サイト

IIJmio

IIJ mio(みおふぉん)
かけ放題の種類3分かけ放題 / 10分かけ放題
通話方式プレフィックス
かけ放題の金額3分かけ放題:月額600円
10分かけ放題:月額830円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ、au

IIJmioでは「3分かけ放題」と「10分かけ放題」の2種類が用意されています。
3分かけ放題は月額600円で1回3分まで、10分かけ放題は月額830円で1回10分までの通話がそれぞれ何度でも無料です。

自分の通話スタイルに合わせてかけ放題を選べるのがうれしいですね。

IIJmioのかけ放題もプレフィックスなので、利用する際は専用アプリ「みおふぉんダイアル」から発信する必要があります。
アプリの使い勝手も良く、通話品質も通常の電話とほとんど変わりません。

IIJmioなら家族との通話がお得に

IIJmioのかけ放題は「容量をシェアしている家族間だと無料になる時間が長くなる」という特徴があります。

具体的には、

  • 3分かけ放題 → 10分かけ放題
  • 10分かけ放題 → 30分かけ放題

といったように、料金はそのままで無料になる時間が延長されます
家族限定とはいえ、月額830円で1回30分までの通話が何度も無料になるのはかなりお得ですね。

IIJmioはファミリーシェアプランにすれば最大10枚のSIM(音声通話SIMは5枚まで)で容量をシェアできるという特徴もあります。
IIJmioは家族で格安SIMを使い、なおかつ家族間で電話をたくさんする人におすすめです。

IIJmioの詳細・公式


mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
かけ放題の種類10分かけ放題
通話方式プレフィックス
かけ放題の金額月額:850円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ、au、ソフトバンク

mineoでは月額850円で10分かけ放題が利用できます。

プレフィックス通話なので、専用アプリ「mineoでんわ」から発信する必要があります。
通話品質は通常の電話と変わらないため、ビジネスなどで使う場合も安心です。

10分かけ放題のほかにも、月額840円で毎月30分まで定額で通話ができる「通話定額30」と、月額1,680円で毎月60分まで通話ができる「通話定額60」も用意されています。

毎月の通話料が30分または60分以内の人はこちらを選んでも良いでしょう。

専用アプリに「通話時間タイマー」の機能がある

mineoでんわは「お知らせ機能」があり、発信してから設定した時間が経過するとバイブレーションや音で知らせてくれるのが特徴です。

10分かけ放題の場合、10分を過ぎると通話料がかかります。
そこで、お知らせ機能で9分くらいに通知が来るように設定しておけば、電話をし過ぎて10分を超えてしまうのを防げます。

別途タイマーアプリを入れなくても同様の機能が使えるのは便利ですね。

mineoの詳細・公式


DMMモバイル

DMM mobile(DMMモバイル)
かけ放題の種類10分かけ放題
通話方式プレフィックス通話
かけ放題の金額月額850円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ

DMMモバイルでは月額850円で10分かけ放題が利用できます。
プレフィックス通話なので、専用アプリ「DMMトーク」を経由して発信する必要があります。

アプリは非常にシンプルで、通話時間のアラートなどはありませんが電話帳の自動同期や履歴からの発信など、最低限の機能は使えます。
通話品質も通常の電話とほとんど変わりません。

DMMモバイルはプラン料金が業界最安値という特徴があります。
そのため、10分かけ放題の価格は標準的ですが、「プラン料金+10分かけ放題の料金」は業界でも最安値クラスです。
DMMモバイルは少しでも安くスマホを利用したい人に向いています。

DMMモバイルの詳細・公式


楽天モバイル

楽天モバイル
かけ放題の種類10分かけ放題
通話方式プレフィックス通話
かけ放題の金額月額850円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ、au

楽天モバイルでは月額850円で10分かけ放題が利用可能です。
以前は無制限のかけ放題もありましたが、現在は受付を終了しています。

プレフィックス通話なので、専用アプリ「楽天でんわ」から発信する必要があります。
楽天電話アプリはレビューの依頼が毎回しつこく表示されるのが少しうっとうしいですが、それ以外は標準的で使いやすいです。
通話品質も全く問題ありません。

スーパーホーダイなら無料で10分かけ放題が使える

本来なら10分かけ放題は有料オプションですが、「スーパーホーダイ」というプランなら無料で使えます。

スーパーホーダイはデータ通信と10分かけ放題がセットになっているプランです。
10分かけ放題が標準で使えるほか、データ通信量を使い切った後も、最大1Mbpsの速度で使い放題という特徴があります。

電話もデータ通信もたくさん利用する、という人にはスーパーホーダイがおすすめです。

楽天モバイルの詳細・公式


OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
かけ放題の種類10分かけ放題
通話方式プレフィックス
かけ放題の金額月額850円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ

OCNモバイルONEでは月額850円で10分かけ放題が利用できます。
プレフィックス通話なので、専用アプリ「OCNでんわ」から電話をかける必要があります。

OCNでんわアプリは標準の電話帳と自動で同期されますが、その際に同期するアカウントを選択することが可能です。
「プライベートで使うので仕事用のアカウントに紐づけられた電話番号は表示しない」といった使い使い方ができます。

通話品質も良く、通常の電話とほとんど変わりません。

特定の人とだけ電話をするなら「トップ3かけ放題」もおすすめ

OCNモバイルONEには10分かけ放題以外に「トップ3かけ放題」というかけ放題も用意されています。

家族や友達など、特定の人としか電話をしない場合は10分かけ放題よりもトップ3かけ放題のほうが安くなります

トップ3かけ放題ではその月の国内通話料上位3番号の通話料が0円になります。
毎月3人までは無料で通話ができるということですね。
料金は10分かけ放題と同じ月額850円です。

さらに10分かけ放題とトップ3かけ放題の両方が適用される「かけ放題ダブル」も月額1,300円で利用できます。

3種類のかけ放題から、自分の通話スタイルに合わせて選べるのがOCNモバイルONEの魅力です。

OCNモバイルONEの詳細・公式


BIGLOBEモバイル

BIG LOBE(ビッグローブモバイル)
かけ放題の種類10分かけ放題 / 3分かけ放題
通話方式プレフィックス
かけ放題の金額10分かけ放題:月額830円
3分かけ放題:月額600円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ、au

BIGLOBEモバイルでは「3分かけ放題」と「10分かけ放題」の2種類が用意されています。
3分かけ放題は月額600円で1回3分まで、10分かけ放題は月額830円で1回10分までの通話がそれぞれ何度でも無料です。

どちらもプレフィックス通話なので、専用アプリ「BIGLOBEモバイルでんわ」から発信する必要があります。

「BIGLOBEモバイルでんわ」では先月と今月の発信時間を簡単に確認できるので、電話をし過ぎていないかの目安が分かりやすいです。
通話品質も、通常の電話とほとんど変わりません。

60分 or 90分の電話が安くなる通話パック

また、毎月60分まで無料で通話できる「通話パック60」を月額600円で、毎月90分まで無料で通話できる「通話パック90」を月額830円でそれぞれ利用できます。

1ヶ月の通話時間が60分もしくは90分以内の人はこちらを選びましょう。

スマホまる得プランなら無料で使える

BIGLOBEモバイルのかけ放題は本来有料オプションですが、端末+データ通信+音声通話がセットになった「スマホまる得プラン」なら10分かけ放題もしくは通話パック90が無料で使えます。

スマホまる得プランは端末とのセットのみなのでSIMカードのみ契約したい人には向きません
逆に、端末とSIMをセットで契約したい人なら通話オプションが無料ですし、端末代も割引されるのでおすすめです。

BIGLOBEモバイルの詳細・公式


LINEモバイル

LINE MOBILE(ラインモバイル)
かけ放題の種類10分かけ放題
通話方式プレフィックス
かけ放題の金額月額880円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ、ソフトバンク

LINEモバイルでは月額880円で10分かけ放題が利用できます。
主要な格安SIMの中ではもっとも10分かけ放題のオプション料が高いですが、30円ほどの差なのであまり気にする必要はないでしょう。

プレフィックス通話なので、専用アプリ「いつでも電話」を経由して電話をかける必要があります。
アプリはシンプルで使いやすく、通話品質も問題ありません。

LINEモバイルはすべてのプランでLINEが使い放題になります。
つまり、10分かけ放題を利用することで、電話もLINE通話もかけ放題です。

LINEと電話の両方をたくさん利用するという人にはLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルの詳細・公式


LinksMate(リンクスメイト)

LinksMate(リンクスメイト)
かけ放題の種類10分かけ放題
通話方式プレフィックス
かけ放題の金額月額850円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ

LinksMateでは月額850円で10分かけ放題が利用できます。
プレフィックス通話なので、専用アプリ「MatePhone」が必要です。

MatePhoneには発信から一定時間経過するとバイブレーションもしくはサウンドで知らせてくれる「お知らせ機能」があります。
お知らせ機能を活用することで、電話しすぎて10分を超えてしまうのを防げます。

品質については通常の電話とほぼ同じなので問題ありません。

LinksMateはゲーマーにおすすめの格安SIM

LinksMateはスマホで頻繁にゲームをする「ゲーマー」をターゲットにした格安SIMです。

  • カウントフリーオプションで対象のゲームをプレイし放題
  • 特定のゲームと連携することで、限定アイテムがもらえる

といった特典があります。
ゲームをよくプレイする人でかけ放題も利用したいという人にはLinksMateがおすすめです。

LinksMateの詳細・公式


NifMo(ニフモ)

NifMO(ニフモ)
かけ放題の種類10分かけ放題
通話方式プレフィックス
かけ放題の金額月額830円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ

NifMoでは月額830円で10分かけ放題が利用できます。
プレフィックス通話なので、専用アプリ「NifMo半額ダイヤル」から電話をかける必要があります。

NifMo半額ダイヤルは通話アプリとしては非常にシンプルで使いやすいです。
通話品質も良好で、通常の電話と変わりません。

以前はIP電話の無制限かけ放題を提供していたNifMoですが、現在は受付を終了しています。
無制限かけ放題を利用したい場合は他の格安SIMを選びましょう。

NifMo(ニフモ)の詳細・公式


U-mobile(ユーモバイル)

U-mobile(ユーモバイル)
かけ放題の種類3分かけ放題
通話方式プレフィックス
かけ放題の金額月額500円
専用アプリ有り
回線の種類ドコモ

U-mobileでは月額500円で3分かけ放題が使えます。
プレフィックス通話なので、専用アプリ「U-CALL MAX」から電話をかける必要があります。

他社と比べると無料時間が短いですが、オプション料は安いです。
ごく短い通話を何度もする人におすすめです。

ただし、3分かけ放題が使えるのはデータ通信量が25GBの「U-mobile MAX」プランだけです。
通常のU-mobileのプランではかけ放題が利用できません。

また、無料になるのは1日50回までと決まっています。
1日に50回もかける人は稀だと思いますが、他社と違って回数にも制限があることは覚えておきましょう。

通常プランでは「でんわパック60」が使える

U-mobileの通常プランではかけ放題は使えません。

その代わりに月額800円で毎月60分の通話ができる「でんわパック60」が使えます。
1ヶ月のトータルの通話時間が60分くらいの人ならお得です。

でんわパック60もプレフィックス通話なので、専用アプリ「U-CALL」が必要です。
3分かけ放題で使う「U-CALL MAX」と似ていますが全く別のアプリなので気を付けましょう。

U-mobileの詳細・公式

※ソフトバンク回線は「U-mobile Sデータ専用プラン」のみ


自分にあったかけ放題を選ぼう!

今回はかけ放題のある格安SIM17社を比較しました。

格安SIMのかけ放題は大きく「時間が決まっているかけ放題」と「無制限のかけ放題」の2つに分かれます。
さらに通信方式によって、

  • 通常電話回線:通常の電話と品質が同じ
  • プレフィックス:品質は通常電話回線とほぼ同じだがアプリが必要
  • IP電話:通話料が安いが品質は悪い

の3種類があります。

一言で「かけ放題」「通話し放題」といってもこれだけの種類があります。
さらに人によって通話の仕方や何を重視するかも異なるので、

  • 短い通話をたくさんする:10分かけ放題
  • ビジネスで使うので品質を重視したい:通常電話回線
といったように、自分の電話の仕方や用途に合わせてかけ放題を選びましょう。