【アプリ別】カウントフリーがお得な格安SIM総比較!SNS・動画が使い放題

カウントフリーオプションのある格安SIM比較!アイキャッチ画像

カウントフリーは対象のサービスがデータ通信量を消費せず使い放題になる機能です。
特定のサービスだけをたくさん使う人の場合、カウントフリーがある格安SIMにすることでスマホ代を大幅に節約できます

現在ではカウントフリーは複数の格安SIMで導入されていて、それぞれで対象となるサービスや料金などが違います。
そのため、自分が利用したいサービスが対象になっている格安SIMを正しく選ばないといけません。

今回はカウントフリーがある格安SIMをアプリ別に徹底比較しています。

なお、カウントフリー自体について詳しく知りたい人は「カウントフリーとは?仕組みから利用可能な格安SIMまで基礎から徹底解説!」を参考にしてください。

カウントフリーがある格安SIM一覧表

主要な格安SIMのうち、カウントフリーがある格安SIMを一覧にまとめました。
MVNO名をクリックすると、ページ内のMVNOカウントフリー詳細に飛びます。

MVNO対象プラン対象サービス料金
mineo(マイネオ)
mineo
全プラン
  • LaLa Call
無料
DMM mobile(DMMモバイル)
DMMモバイル
3GB以上のプラン
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Facebook Messenger
  • Instagram
250円/月
OCNモバイルONE
OCNモバイルONE
全プラン
  • Amazon Music
  • AWA
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック
  • レコチョクBest
  • 050 plus
  • マイポケット
  • OCNモバイルONEアプリ
  • マイページ
無料
BIG LOBE(ビッグローブモバイル)
BIGLOBEモバイル
3GB以上のプラン
  • YouTube
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music
  • U-NEXT
  • YouTube Kids
音声SIM:
480円/月



データSIM:
980円/月

LINE MOBILE(ラインモバイル)
LINEモバイル
全プラン
  • LINE
  • Twitter※1
  • Facebook※1
  • Instagram※1
  • LINE MUSIC※2
無料
LinksMate(リンクスメイト)
LinksMate
全プラン
  • ゲーム※3
  • ゲーム関連コンテンツ※3
  • SNS※3
500円/月
j:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)
J:COMモバイル
Aプラン
  • J:COMオンデマンド
  • J:COMミュージック
  • J:COMブックス
無料

※1 コミュニケーションフリープランおよびMUSIC+プランで対象になる
※2 MUSIC+プランでのみ対象になる
※3 LinksMateのカウントフリー対象サービスはページ内の「LinksMate(リンクスメイト)」を参照

SNSならLINEモバイルがおすすめ

LINEやTwitterといったSNSが使い放題なのはDMMモバイルLINEモバイルLinksMateの3つです。
この中では対応アプリが多く月額料金がかからないLINEモバイルがおすすめです。

動画ならBIGLOBEモバイルがおすすめ

動画が使い放題なのはBIGLOBEモバイルLinksMateJ:COMモバイルですが、LinksMateが対応しているのはややマイナーなサービスですし、J:COMモバイルのカウントフリーはJ:COMのサービスに限られています。
そのため、YouTubeなどが使い放題のBIGLOBEモバイルが格安SIMではもっともおすすめです。

音楽ならOCNモバイルONEがおすすめ

音楽が使い放題なのはOCNモバイルONEBIGLOBEモバイルLINEモバイルJ:COMモバイルの4つです。
この中なら、月額料金がかからず対象サービスが多いOCNモバイルONEがおすすめですね。

ゲームならLinksMate一択!

ゲームが使い放題になるのはLinksMateのみです。
対象となるゲームの種類も豊富なので、普段からゲームをたくさんする人にはLinksMateが向いています。

アプリ別!お得なカウントフリーあり格安SIM比較

カウントフリーがある格安SIMを探すときは、自分が良く利用しているアプリが対象になっているかどうかで探すのが一般的です。
そこで、ここではカウントフリーがある格安SIMを「アプリ別」に分類し、比較してみました。

格安SIMごとのカウントフリーの詳細は「カウントフリーのある格安SIMの特徴」へ。

SNSが使い放題の格安SIM

カウントフリーになるSNSアイコン一覧
まずはSNSが使い放題の格安SIMを見ていきましょう。
ここで紹介するサービスは以下の4つです。

LINEが対象のMVNO

LINEがカウントフリーの格安SIM
LINEがカウントフリー対象になっているMVNOは以下の通りです。

  • DMMモバイル
    カウントフリー月250円/テザリング可/Twitter/Facebook/Facebook Messenger/Instagram
  • LINEモバイル
    カウントフリー無料/テザリング可/Twitter/Facebook/Instagram/LINE MUSIC

どちらも外部リンクへの接続や、LINEが提供しているLINE以外のアプリ(LINE GAMESやLINEバイトなど)はカウントフリー対象外なので気を付けましょう。

Twitter/Facebook/Instagramが対象のMVNO

ツイッター、フェイスブック、フェイスブックメッセンジャー、インスタグラムがカウントフリーの格安SIM
Twitter・Facebook・Instagramがカウントフリー対象になっているMVNOは以下の通りです。

  • DMMモバイル
    カウントフリー月250円/テザリング可/LINE/Facebook Messenger
  • LINEモバイル
    カウントフリー無料/テザリング可/LINE/LINE MUSIC
  • LinksMate
    カウントフリー月500円/テザリング可/ゲーム/コンテンツ

このうち、Facebookのメッセージアプリである「Facebook Messenger」もカウントフリー対象なのはDMMモバイルだけです。
LINEモバイルとLinksMateはFacebookがカウントフリー対象ですが、Facebook Messengerは対象外なので気を付けましょう。

動画が使い放題の格安SIM


続いて動画が使い放題の格安SIMです。
動画はとくにデータ通信量の消費が激しいので、カウントフリーの恩恵をもっとも受けられます。

ここで紹介するのは以下のサービスです。

ちなみに現段階(2018年8月)ではニコニコ動画がカウントフリーになる格安スマホはありません。
楽天モバイルには「ニコニコSIM」という格安SIMがありますが、プレミアム会員費が無料になるもののカウントフリー対象に含まれていません。

YouTubeが対象のMVNO

YouTubeがカウントフリーの格安SIM
YouTubeがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • BIGLOBEモバイル
    カウントフリー月480円 or 980円/テザリング可/Google Play Music/Apple Music/U-NEXTなど

YouTubeがカウントフリー対象なのはBIGLOBEモバイルのみです。
子供向けの動画を集めた「YouTube Kids」も対象に含まれています。

Abema TVが対象のMVNO

Ameba TVがカウントフリーの格安SIM
Abema TVがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • BIGLOBEモバイル
    カウントフリー月480円 or 980円/テザリング可/Google Play Music/Apple Music/U-NEXTなど
  • LinksMate
    カウントフリー月500円/テザリング可/ゲーム/AppStore/Google Play/Twitterなど

U-NEXTが対象のMVNO

U-NEXTがカウントフリーの格安SIM
U-NEXTがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • BIGLOBEモバイル
    カウントフリー月480円 or 980円/テザリング可/YouTube/Google Play Music/Apple Musicなど

U-NEXTにはダウンロード機能もありますが、ダウンロード機能はカウントフリー対象にならない場合があります。
カウントフリー対象にならなかった場合、大量のデータ通信量を消費してしまうので、ダウンロード機能はWi-Fi環境で利用するのがおすすめです。

FRESH LIVE/Mirrativ

FRESH LIVEとミリティブがカウントフリーの格安SIM
FRESH LIVEとMirrativがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • LinksMate
    カウントフリー月500円/テザリング可/ゲーム/AppStore/Google Play/Twitterなど

FRESH LIVEに動画をアップロードする際に発生する通信はカウントフリー対象外です。
対象なのはあくまでも動画の視聴だけなので気を付けましょう。

J:COMオンデマンド

J:COMオンデマンドがカウントフリーの格安SIM
J:COMオンデマンドがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • J:COMモバイル
    カウントフリー無料/テザリング不可/J:COMミュージック/J:COMブックス

音楽・ラジオが使い放題の格安SIM

カウントフリー対象の音楽アイコン一覧
続いては音楽とラジオが使い放題の格安SIMです。
ラジオでカウントフリー対象になるサービスは「radiko.jp」のみ。

ここで紹介するサービスは以下の通りです。

Apple Musicが対象のMVNO

Apple Musicがカウントフリーの格安SIM
Apple Musicがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • BIGLOBEモバイル
    カウントフリー月480円 or 980円/テザリング可/YouTube/Google Play Music/Abema TVなど

Apple Musicの機能のうち、ビデオの再生についてはカウントフリー対象外です。
また、音楽およびビデオのダウンロードはカウントフリーの対象にならない場合があります。

Google Play Musicが対象のMVNO

Google Play Musicがカウントフリーの格安SIM
Google Play Musicがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • OCNモバイルONE
    カウントフリー無料/テザリング可/Amazon Music/dヒッツなど
  • BIGLOBEモバイル
    カウントフリー月480円 or 980円/テザリング可/YouTube/Apple Music/Abema TVなど

Google Play Musicではミュージックビデオの再生にも対応していますが、ビデオの再生はカウントフリーの対象外になることがあります。

Amazon Musicが対象のMVNO

Amazon Musicがカウントフリーの格安SIM
Amazon Musicがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • OCNモバイルONE
    カウントフリー無料/テザリング可/Google Play Music/dヒッツなど
  • BIGLOBEモバイル
    カウントフリー月480円 or 980円/テザリング可/YouTube/Apple Music/Abema TVなど

Amazon Musicは公式アプリだけでなくブラウザからも利用できますが、ブラウザから利用した場合はカウントフリー対象外になることがあります。
そのため、Amazon Musicは公式アプリから利用するようにしましょう。

Spotifyが対象のMVNO

Spotifyがカウントフリーの格安SIM
Spotifyがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • OCNモバイルONE
    カウントフリー無料/テザリング可/Google Play Music/Amazon Musicなど
  • BIGLOBEモバイル
    カウントフリー月480円 or 980円/テザリング可/YouTube/Apple Music/Abema TVなど

Spotifyは音楽をダウンロードしてオフラインで再生することができますが、音楽のダウンロードはカウントフリーの対象外になる場合があります。

AWAが対象のMVNO

AWAがカウントフリーの格安SIM
AWAがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • OCNモバイルONE
    カウントフリー無料/テザリング可/Google Play Music/Amazon Musicなど
  • BIGLOBEモバイル
    カウントフリー月480円 or 980円/テザリング可/YouTube/Apple Music/Abema TVなど
  • LinksMate
    カウントフリー月500円/テザリング可/ゲーム/AppStore/GooglePlay/Twitterなど

AWAは音楽をダウンロードしてオフラインで再生することができますが、音楽のダウンロードはカウントフリーの対象外になる場合があります。

radiko.jpが対象のMVNO

radio.jpがカウントフリーの格安SIM
スマホでラジオを聴くことができるradiko.jpがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • BIGLOBEモバイル
    カウントフリー月480円 or 980円/テザリング可/YouTube/Apple Music/Abema TVなど

dヒッツ/ひかりTVミュージック/レコチョクBestが対象のMVNO

dヒッツとひかりTVミュージックとレコチョクBESTがカウントフリーの格安SIM
dヒッツ、ひかりTVミュージック、レコチョクBestの3つがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • OCNモバイルONE
    カウントフリー無料/テザリング可/Google Play Music/Amazon Musicなど

LINE MUSICが対象のMVNO

LINE MUSICがカウントフリーの格安SIM
LINE MUSICがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • LINEモバイル
    カウントフリー無料/テザリング可/LINE/Twitter/Facebook/Instagram

LINEモバイルには3つのプランがありますが、LINE MUSICがカウントフリー対象なのはMUSIC+プランのみです。

なお、他の音楽ストリーミングでは楽曲のダウンロードはカウントフリー対象外であることが多いですが、MUSIC+プランでは楽曲のダウンロードもカウントフリー対象です。

J:COMミュージックが対象のMVNO

J:COMミュージックがカウントフリーの格安SIM
J:COMミュージックがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • J:COMモバイル
    カウントフリー無料/テザリング不可/J:COMオンデマンド/J:COMブックス

ゲームおよびゲーム関連コンテンツが使い放題の格安SIM

カウントフリー対象のゲームアイコン一覧
ゲームおよびゲーム関連コンテンツが使い放題の格安SIMは1つです。

  • LinksMate
    カウントフリー月500円/テザリング可/Twitter/Facebook/Instagram/AppStore/Google Playなど

現在、ゲームおよびゲーム関連コンテンツ(攻略サイトなど)が使い放題の格安SIMはLinksMateのみです。

対象のゲームは種類が多いので、ページ内の「LinksMate(リンクスメイト)」を参考にしてください。

対象のゲーム関連コンテンツは以下の通りです。

  • enza(ゲームプラットフォーム)
  • グランブルーファンタジー スカイコンパス(グラブルサポートアプリ)
  • GameWith(ゲーム攻略サイト)
  • ファミ通App(スマホゲーム情報サイト)
  • ファミ通.com(ゲーム情報サイト)
  • OPENREC.tv(ゲームに特化した動画サービス)

その他のジャンル

カウントフリー対象のサービスアイコン一覧
最後にその他のジャンルのサービスがカウントフリーになっている格安SIMを見てみましょう。
ここで紹介するサービスは以下の通りです。

050 Plusが対象のMVNO

050 plusがカウントフリーの格安SIM
050 Plusがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • OCNモバイルONE
    カウントフリー無料/テザリング不可/Google Play Music/Amazon Musicなど

LaLa Callが対象のMVNO

LaLa Call(ララコール)がカウントフリーの格安SIM
LaLa Callがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • mineo
    カウントフリー無料/テザリング不可

AppStore/Google Playが対象のMVNO

アップルストアとグーグルプレイがカウントフリーの格安SIM
AppStoreおよびGoogle Playがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • LinksMate
    カウントフリー月500円/テザリング可/ゲーム/Twitter/Facebook/Instagramなど

カウントフリーになるのは「LinksMateのカウントフリー対象アプリ」のダウンロード・アップデート・決済に関するデータ通信量のみです。
AppStoreおよびGoogle Playにあるすべてのアプリが対象になるわけではないので気を付けましょう。

サイコミ/読書のお時間です が対象のMVNO

サイコミと読書のお時間です、がカウントフリーの格安SIM
「サイコミ」と「読書のお時間です」はともにコミックが無料で読める電子書籍サービスです。
サイコミと読書のお時間です がカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • LinksMate
    カウントフリー月500円/テザリング可/Twitter/Facebook/Instagram/AppStore/Google Playなど

J:COMブックス

J:COM ブックスがカウントフリーの格安SIM
J:COMブックスがカウントフリー対象のMVNOは以下の通りです。

  • J:COMモバイル
    カウントフリー無料/テザリング不可/J:COMオンデマンド/J:COMミュージック

カウントフリーのある格安SIMを選ぶ際のポイント

カウントフリーのある格安SIMを選ぶ際、一番大事なのは自分がよく利用するサービスが対象になっているかどうかです。
当然と言えば当然ですね。

SNSをよく使うのに音楽サービスがカウントフリー対象の格安SIMを選んでは意味がないのですし、逆もしかりです。

普段どのアプリにどれくらいデータ通信量を使っているのかの確認方法は「カウントフリーは必要?目安の確認方法」を参考にどうぞ。

自分がよく利用するサービスをカウントフリー対象にしている格安SIMが複数ある場合は以下の点に着目しましょう。

  • カウントフリーを含めた月額料金はどちらが安いか
  • テザリングでカウントフリーができるかどうか
  • 速度制限時でもカウントフリー対象は制限を受けないかどうか

カウントフリーのある格安SIMの特徴

ここまでアプリ別にカウントフリーがある格安SIMを比較してきました。
最後に、カウントフリーがある格安SIM7つをそれぞれ特徴や注意点、料金プランをまとめました。

mineo

mineo(マイネオ)
カウントフリー料金対象サービステザリング
無料LaLa Call×

関西電力グループのケイ・オプティコムが手掛ける格安SIMです。
カウントフリーサービスを展開しているイメージがありませんが、mineoではIP電話サービス「LaLa Call」がカウントフリー対象になっています。

IP電話とは?
IP電話とはインターネット回線を利用する電話のことです。
050から始まる電話番号が手に入り、音声通話機能がないデータ通信専用SIMでも固定電話や携帯電話に電話をかけられるというメリットがあります。

通常IP電話を使うとデータ通信量を消費しますが、mineoではLaLa Callがカウントフリー対象なので、どれだけ電話をしてもデータ通信量を消費しません。

LaLa Callは100円の月額料金がかかりますが、mineo契約者は毎月100円分の無料通話がつくので、実質無料でLaLa Callを使えます

mineoは比較的通信速度が速い格安SIMでもあるので、インターネット回線で電話をするIP電話との相性も良いです。

ほとんど電話をしないので音声通話SIMではなくIP電話で済ませたい、という人にはmineoがおすすめです。

mineoの料金プラン

mineoのカウントフリーは無料なので、月額は基本料金と変わりません。

Aプラン(au回線)
データ通信量シングルタイプ(データ通信のみ)デュアルタイプ(データ通信+音声通話)
500MB700円1,310円
1GB800円1,410円
3GB900円1,510円
6GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円
20GB3,980円4,590円
30GB5,900円6,510円
Dプラン(ドコモ回線)
データ通信量シングルタイプ(データ通信のみ)デュアルタイプ(データ通信+音声通話)
500MB700円1,400円
1GB800円1,500円
3GB900円1,600円
6GB1,580円2,280円
10GB2,520円3,220円
20GB3,980円4,680円
30GB5,900円6,600円

mineoの詳細・公式


DMMモバイル

DMM mobile(DMMモバイル)
カウントフリー
料金
対象サービステザリング
250円/月LINE、Twitter/Facebook/Facebook Messenger/Instagram

動画配信やオンラインゲームなどで知られるDMMの格安SIMです。
月額料金の安さを売りにしており、少しでもスマホを安く使いたい人から支持を集めています。

2017年9月からはカウントフリーオプション「SNSフリー」をスタートしています。
SNSフリーは以下の5つのサービスが対象です。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Facebook Messenger
  • Instagram

中でも注目は「Facebook Messenger」が対象になっていることです。
SNSがカウントフリー対象の格安SIMは他にもあります。
しかし、いずれも「Facebook」のみが対象でFacebook Messengerは対象外です。

DMMモバイルのSNSフリーはFacebookだけでなくFacebook Messengerもカウントフリー対象なので、普段Facebook Messengerでやり取りしている人に向いていると言えます。

テザリングにも対応しているので、複数の端末でSNSを使いたい人にもおすすめです。

DMMモバイルのカウントフリー注意点

デメリットとしては、SNSフリーは月額250円のオプション料がかかります。

また、SNSフリーを利用できるのは3GB以上のプランのみです。
ライト・1GB・2GBのプランでは利用できません。

また、以下のような場合はSNSフリーの対象外となるので気を付けましょう。

  • 外部リンクへの接続(アプリ内ブラウザでのWebサイトの利用含む)
  • Facebook Live及びFacebook Messengerの音声・ビデオ通話機能の利用
  • Periscope(Twitter上でのライブストリーミング動画)の利用

DMMモバイルの料金プラン

DMMモバイルの基本料金に+SNSフリー料金250円を足した料金プラン表です。
ライトプラン、1GB、2GBのプランはカウントフリー対象外のため載せていません。

プラン名データ通信SIM通話対応SIM
3GB1,100円1,750円
5GB1,460円2,160円
7GB2,110円2,810円
8GB2,230円2,930円
10GB2,440円3,140円
15GB3,530円4,230円
20GB4,230円4,930円

DMMモバイルの詳細・公式


OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
カウントフリー
料金
対象サービステザリング
無料 Amazon Music/AWA/dヒッツ/Google Play Music/Spotify/ひかりTVミュージック/レコチョクBest/050 plus/マイポケット/OCNモバイルONEアプリ/マイページ

プロバイダ事業などで知られるNTTコミュニケーションズの格安SIMです。
OCNモバイルONEでは同社が提供する以下の4つのサービスがカウントフリー対象になっています。

  • 050 plus(IP電話サービス)
  • マイポケット(OCNのクラウドストレージサービス)
  • OCNモバイルONEアプリ(通信量の確認や各種手続きができる公式アプリ)
  • マイページ

さらに2018年4月からは音楽ストリーミングサービスがカウントフリーになる「MUSICカウントフリー」のトライアルを実施しており、8月1日から正式にスタートすることも決まっています。
MUSICカウントフリーの対象は以下の7種類。

  • Amazon Music
  • AWA
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • Spotify
  • ひかりTVミュージック
  • レコチョクBest

主要な音楽ストリーミングサービスは一通り網羅していますね。
dヒッツ、ひかりTVミュージック、レコチョクBestがカウントフリー対象なのはOCNモバイルONEが初めてです。

MUSICカウントフリーは別途申し込みが必要ですが、月額料金は無料です。
音楽ストリーミングサービスをメインで使うという人に向いています。

OCNモバイルONEのカウントフリーはテザリングで利用しても適用されるので、複数の端末で音楽ストリーミングサービスを利用したい人にもおすすめです。

OCNモバイルONEのカウントフリー注意点

デメリットとして、MUSICカウントフリーは申し込んでから適用されるまで10日ほどかかります
申し込んだ直後はカウントフリーが適用されないので、データ通信を使いすぎないよう注意が必要です。

また、対象サービスであっても

  • 音楽以外の動画や画像などの読み込み
  • 外部サイトへのアクセス

などはカウントフリーの対象外になります。

OCNモバイルONEの料金プラン

OCNモバイルONEのカウントフリーは無料なので、月額は基本料金と変わりません。

データ通信量音声対応SMS対応データ通信専用
110MB/日1,600円1,020円900円
170MB/日2,080円1,500円1,380円
3GB/月1,800円1,220円1,100円
6GB/月2,150円1,570円1,450円
10GB/月3,000円2,420円2,300円
20GB/月4,850円4,270円4,150円
30GB/月6,750円6,170円6,050円
15GB/月2,500円1,920円1,800円

※最大通信速度は200kbps

OCNモバイルONEの詳細・公式


BIGLOBEモバイル

BIG LOBE(ビッグローブモバイル)
カウントフリー
料金
対象サービステザリング
音声SIM:
480円/月

データSIM:
980円/月

YouTube/Google Play Music/Apple Music/AbemaTV/Spotify/AWA/radiko.jp/Amazon Music/U-NEXT/YouTube Kids

インターネット回線のプロバイダとして有名なBIGLOBEの格安SIMです。

BIGLOBEモバイルは動画や音楽ストリーミングサービスがカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」が最大の特徴です。
エンタメフリー・オプションは以下のサービスが対象になっています。

  • YouTube
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music
  • U-NEXT
  • YouTube Kids

動画、音楽ともに主要なサービスを一通り網羅しており、幅広い人が利用できますね。
とくに動画は大量のデータ通信量を消費するので、それがカウントされなくなるのはかなり大きいです。

BIGLOBEモバイルのカウントフリー注意点

デメリットとして、エンタメフリー・オプションは有料オプションとなっており、音声通話SIMの場合は480円/月、データSIMの場合は980円/月のオプション料がかかります。
3GB以上のプランが対象となるため、1GBの音声通話スタートプランにはつけることができません。

また、エンタメフリー・オプションは以下の場合は対象外になる、もしくは対象外になることがあります。

  • Apple Musicのビデオの再生
  • Amazon Musicのブラウザ上での再生
  • U-NEXTのダウンロード機能
  • 動画、音楽等のコンテンツのアップロード
  • 複数台または複数のアプリでの同時視聴

エンタメフリー・オプションはテザリング時も有効です。
しかし、複数台または複数のアプリで同時視聴を行うと対象外になることがあるので気を付けましょう。

さらに、直近3日間でエンタメフリー・オプションによる6GB以上の通信を行った場合、一時的に通信速度が制限されます。
この場合の制限はエンタメフリー対象サービスだけで、それ以外の通信は制限されません。

BIGLOBEモバイルの料金プラン

BIGLOBEモバイルの基本料金にエンタメフリー・オプション料を追加したときの料金プラン表です。
データSIMとSMS機能付きデータSIMは+980円、音声通話SIMは+480円です。
また、エンタメフリー・オプションは3GB以上が対象なので3GB以下は載せていません。

プラン名データ通信量データSIMSMS機能付きデータSIM音声通話SIM
3ギガプラン3GB1,880円2,000円2,080円
6ギガプラン6GB2,430円2,550円2,630円
12ギガプラン12GB3,680円3,800円3,880円
20ギガプラン20GB5,480円5,600円5,680円
30ギガプラン30GB7,730円7,850円7,930円

※au回線を利用するタイプAでは利用不可

データ専用SIMと音声通話SIMでエンタメフリー・オプションの料金が違うため、SMS機能付きデータSIMと音声通話SIMではあまり月額に差がありません
音声通話SIMの方が何かと便利なので、カウントフリーにするなら音声通話SIMがおすすめです。

BIGLOBEモバイルの詳細・公式


LINEモバイル

LINE MOBILE(ラインモバイル)
カウントフリー
料金
対象サービステザリング
無料LINE/Twitter※1/Facebook※1/Instagram※1/LINE MUSIC※2

※1 コミュニケーションフリープランおよびMUSIC+プランで対象
※2 MUSIC+プランでのみ対象

メッセージアプリ「LINE」の格安SIMです。
格安SIMの中でいち早くカウントフリーサービスを展開したことで知られています。

LINEモバイルではすべてのプランでカウントフリーが利用可能です。
オプション料はかかりませんし、申し込みも不要です。

カウントフリー対象のサービスはプランによって以下のように決まっています。

プラン名カウントフリー対象
LINEフリープランLINE
コミュニケーションフリープランLINE、Twitter、Facebook、Instagram
MUSIC+プランLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

すべてのプランで「LINE」アプリがカウントフリー対象です。
トークや音声通話、ビデオ通話などが使い放題なので、LINEをたくさん使う人におすすめです。

このほか、コミュニケーションフリープランでは人気のSNS3つが対象に加わり、MUSIC+プランではさらにLINE MUSICもカウントフリー対象になります。

LINEモバイルではデータ通信量を使い切って速度制限がかかった状態でも、対象サービスは高速通信が使えます

また、テザリングで利用している端末もカウントフリー対象になるので、複数の端末でSNSが使い放題です。

LINEモバイルはカウントフリー以外にも

  • 格安SIMで唯一LINEのID検索ができる
  • 毎月LINEポイントが貯まる
  • LINEアプリでデータ通信量の確認や問い合わせができる

といった特徴を持っており、LINEを頻繁に利用する人に向いている格安SIMと言えます。

LINEモバイルのカウントフリー注意点

対象サービスであっても以下の機能はカウントフリー対象外なので気を付けましょう。

  • 外部リンクへの接続
  • LINE LIVE機能
  • LINEが提供する「LINE」以外のアプリおよびウェブサービス
  • Facebook Liveおよび Facebook Messenger
  • Twitter のライブストリーミング動画(Periscope)の利用

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルのカウントフリーは無料なので、月額は基本料金のままです。
プランによってカウントフリーの対象になるサービスが変わるので気を付けてくださいね。

LINEフリープラン
データ通信量データSIMデータSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB500円620円1,200円

カウントフリー対象:LINE

コミュニケーションフリープラン
データ通信量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB1,110円1,690円
5GB1,640円2,220円
7GB2,300円2,880円
10GB2,640円3,220円

カウントフリー対象:LINE、Twitter、Facebook、Instagram

MUSIC+プラン
データ通信量データSIM(SMS付き)音声通話SIM
3GB1,810円2,390円
5GB2,140円2,720円
7GB2,700円3,280円
10GB2,940円3,520円

カウントフリー対象:LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

LINEモバイルの詳細・公式


LinksMate(リンクスメイト)

LinksMate(リンクスメイト)
カウントフリー
料金
対象サービステザリング
500円/月ゲーム/ゲーム関連コンテンツ/SNS

※対象が非常に多いため、下で羅列しています。

LinksMateはゲームプレイヤーをターゲットにしている珍しい格安SIMです。
対象になっているアプリが豊富で、ゲームだけで40個も対象になっています。

LinksMateのカウントフリーの対象は以下の通りです。

ゲーム
アイドルマスター SideMアイドルマスター SideM LIVE ON STAGE!
アイドルマスター シャイニーカラーズアイドルマスター シンデレラガールズ
アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージアイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ
茜さすセカイでキミと詠うあんさんぶるスターズ!
一血卍傑 -ONLINE-ウチの姫さまがいちばんカワイイ
オルタナティブガールズオルタンシアサーガ
ガールフレンド(仮)怪盗ロワイヤル
神式一閃 カムライトライブグランブルーファンタジー
グリモア ~私立グリモワール魔法学園~剣と魔法のログレス いにしえの女神
三国ブレイズ実況パワフルサッカー
Shadowverseジョーカー ~ギャングロード~
スペースデブリーズセブンズストーリー
リネージュ2 レボリューション戦国炎舞 ~KIZNA~
戦国ロワイヤル戦闘摂理解析システム #コンパス
千年戦争アイギステイルズ オブ ザ レイズ ミラージュ プリズン
刀剣乱舞 -ONLINE- Pocket農園ホッコリーナ
バンドリ!ガールズバンドパーティ!FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS
プリンセスコネクト! Re:Diveポロコンダンジョンズ
マギアレコード 魔法少女まどま☆マギカ外伝みんゴル
夢王国と眠れる100人の王子様妖怪ウォッチ ぷにぷに
コンテンツ
AbemaTVAWA
enzaOPENREC.tv
グランブルーファンタジー スカイコンパスGameWith
サイコミ読書のお時間です
ファミ通Appファミ通.com
FRESH LIVEMirrative
AppStoreGoogle Play
SNS
InstagramTwitterFacebook

LinksMateのカウントフリーは対象が非常に多いですが、中でも魅力なのはやはりゲームです。
SNSや動画、音楽などのカウントフリーは他社にもありますが、ゲームがカウントフリーなのはLinksMateだけです

しかもアプリのダウンロードおよびアップデートや決済を行うAppStoreとGoogle Playもカウントフリー対象になっています。

LinksMateはテザリングもカウントフリー対象なので、ゲームはタブレットやゲーム用のサブ端末でプレイする、という人にもおすすめです。

LinksMateのカウントフリー注意点

デメリットとして、LinksMateのカウントフリーは有料オプションなので、500円の月額料金がかかります。

また、以下のような場合はカウントフリーの対象外となります。

  • Twitter のライブストリーミング動画(Periscope)の利用
  • Facebook Liveおよび Facebook Messenger
  • Instagramのライブ動画でのP2P通信
  • FRESH LIVEで動画をアップロードする際に発生する通信
  • 公式アプリおよび公式サイト以外を用いた通信
  • 外部リンクへの接続
  • カウントフリー対象でないアプリのダウンロード・アップデート・決済

LinksMateの料金プラン

LinksMateの基本料金に+カウントフリーオプション料500円を足した料金プラン表です。

データ通信量データ+SMS SIMデータ+SMS+音声通話機能SIM
1GB1,000円1,600円
5GB2,000円2,600円
10GB3,000円3,600円
20GB4,700円5,300円
30GB5,900円6,500円

LinksMateの詳細・公式


J:COMモバイル

j:COM MOBILE(ジェイコムモバイル)
カウントフリー
料金
対象サービステザリング
無料J:COMオンデマンド/J:COMミュージック/J:COMブックス×

ケーブルテレビや光回線事業で知られるJ:COMの格安SIMです。
J:COMモバイルではカウントフリーを追加料・申し込みともに不要で使えます。

カウントフリー対象のサービスは以下の通りです。

  • J:COMオンデマンド(アニメやドラマなどの番組を閲覧できる)
  • J:COMミュージック(約,4000曲が視聴できる音楽サービス)
  • J:COMブックス(約800種類の雑誌が読み放題)

カウントフリー対象はいずれもJ:COM加入者向けのサービスですね。
すでにJ:COMに加入しており、該当するサービスを利用している人におすすめです。

このほかにもJ:COMモバイルではJ:COM TVまたはJ:COM NETを利用していると端末代が割引されるなど、J:COMユーザー向けの特典が充実しています。

そのため、J:COMモバイルはすでにJ:COMのケーブルテレビおよびインターネットを利用している人に向いています。

J:COMモバイルのカウントフリー注意点

J:COMモバイルのカウントフリーはスマホがセットになっている「Aプラン」でのみ利用可能です。
SIMカード単体で契約できる「Dプラン」はカウントフリーが利用できないので気を付けましょう。

Aプランには「標準契約」と「長期契約」の2種類があります。
長期契約は月額料金が安くなりますが、2年間の契約縛りがあり、途中で解約すると最大8,500円の違約金がかかります。
一方、標準契約は契約期間の縛りはありませんが月額基本料が割高です。

2年縛りはきついですが、利用するなら長期契約がおすすめです。
端末代を分割にすると「J:COMモバイルスタート割」が適用されて月額基本料がさらに割引になります。

J:COMモバイルの料金プラン

J:COMモバイルのカウントフリーは無料なので、月額は基本料金そのままです。
カウントフリーはAプランのみなので、Dプランは載せていません。

Aプラン
データ通信量月額基本料
長期契約標準契約
0.5GB980円1,380円
3GB1,980円※13,680円
5GB2,980円※24,680円
7GB3,980円※25,680円
10GB4,980円※26,680円

※1 J:COMモバイルスタート割が適用された場合。13ヶ月目以降は2,980円になる
※2 J:COMモバイルスタート割が適用された場合。25ヶ月目以降は+1,000円

参考 J:COM MOBILE公式サイトJ:COM

自分が良く使うサービスがカウントフリー対象の格安SIMを選ぼう!

今回はカウントフリーが使える格安SIMを徹底的に比較しました。
一言でカウントフリーと言っても、格安SIMよって対象のサービスは大きく異なります。

カウントフリー目的で格安SIMを選ぶ場合は、自分が良く使うサービスがカウントフリー対象かどうかをしっかりと確認しましょう。

カウントフリーはうまく使えば毎月のスマホ代を大幅に節約できます。
SNSをよく使う、動画を頻繁に見ているなど、特定のサービスだけをよく使うという人は、ぜひカウントフリーのある格安SIMを検討してみてくださいね。