ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」は安い?高い?わかりやすく解説!

ドコモの新プラン ギガホ・ギガライト 何がどう変わる?

ほなみ

とうとうドコモの新料金プランが発表されました!
参考 これからはシンプル2択。ギガホ、ギガライトNTTドコモ 参考 報道発表資料 : 新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を提供開始NTTドコモ

2019年4月15日、NTTドコモがかねてから噂されていた新料金プランを発表しました。

その名も「ギガホ」「ギガライト」

提供は2019年6月1日から、予約受付は5月22日から開始されます。

わかりにくい料金設定を改め2択にしたことで「シンプルさ、わかりやすさを追求した」と説明したドコモの吉澤社長ですが、パッと見た感じあまりシンプルとは言いにくいような‥‥。

現在のドコモユーザーは、これまで同社が展開してきた細かなプラン設定や割引などわかりにくい料金プランが適用されていることがほとんどです。

その割引プランが今回の新料金プランでは消滅したり、新たな割引プランが適用されたりするため、「結局自分はどれだけ安くなるのか」がわかりにくいものとなっているのです。

新しい料金プランの概要と、何がどうかわるのか、具体的に見ていきましょう!

実は自分の今のプランがどうなってるのかすらよく分かってないっす‥‥。

ゆうま

ほなみ

端末買い換えとか格安SIMへ乗り換えとか、自分の携帯について見直すいい機会かもね!

「ギガホ」「ギガライト」はどんなプラン?

引用元:NTTドコモ公式サイト

簡単に言うと「ギガホ」は30GB/月まで定額で使えるプランで、「ギガライト」は月間の利用データ量(1GB・3GB・5GB・7GB)に応じて料金が段階的に変わるプランです。

これまでは料金設定が別々にされていた「通話」と「利用データ量」をひとまとめにしたものとなっていて、「通話は○○プラン」「データ量は△△パックプラン」と異なる名称で設定されていたことを考えると、わかりやすくなっていると言えます。

↓ 今までの料金プランがこちら。

ドコモ公式 プランの説明画像

引用元:ドコモの料金のしくみ

上画像の左、「基本的な組み合わせ」が新プランから一つにまとまりました。

「ギガホ」「ギガライト」の違いを比較

ここで、新料金プランのギガホ/ギガライトを簡単に比較してみました。

ギガホ 比較内容 ギガライト
30GB 月間データ量 ~1GB・~3GB・~5GB・~7GB
1Mbps 月間データ量超過後の速度 128kbps
※7GBを超えた場合
6,980円 月額基本使用料
※2年契約
2,980円~5,980円
定額(6,980円) 料金決定方法 利用データ量次第で毎月変動

ドコモ公式サイトでは「月間利用データ量が5GBを超えるならギガホの方がお得」と謳っていますが、月額を見る限りギガホのほうが高いですよね。
ではなぜ安くなるのかというと、それは2019年9月30日までに契約すると最大6ヵ月間「ギガホ割」という割引が適用されるから。

ギガホ割は毎月1,000円が割り引かれるものなので、契約初月を1ヵ月目と計算して最大6ヵ月間は月額基本使用料が5,980円/月になります。

ギガホライトは月間データ量が5GBを超えるとその月の基本使用料が5,980円になるため、「同じ金額なら利用可能データ量の多いギガホの方がお得」となるわけです。

もっともこの「お得」は最初の6ヵ月間限定なので、6ヵ月間使ってみて自分のデータ利用量を見極めたら、料金プランは再度検討したほうがいいですね。

ギガホ/ギガライト以外のプランは?

ドコモの料金プランは2019年6月1日以降、新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」と、データ通信のみ利用できる「データプラス」、ガラケー向けの「ケータイプラン」、キッズケータイ向けの「キッズケータイプラン」の5種類になります。

ほなみ

一般的なスマホの使い方をする場合には、「ギガホ」か「ギガライト」のどちらかを選ぶってことだね。
通話料とデータ利用量が一緒になったってことは、パケット繰り越しって概念がなくなったってことか‥‥。

ゆうま

※パケット繰り越し … 余ったデータ通信容量を翌月に繰り越す仕組み。

ギガホ/ギガライトの特徴まとめ
  • 「ギガホ(月6,980円)」はデータ容量が30GB、使い切っても1Mbpsとそこそこ速い通信速度。
  • 「ギガライト(月2,980円~5,980円)」は1GB~7GBのデータ容量にあわせて月額が変動。7GB使い切った後は0.128Mbpsと通信速度がかなり遅い。
  • 2019年9月30日までにギガホを契約するとギガホ割が適応され、半年間はギガライト5GBよりギガホがお得。
  • 一般的なスマホ利用者は「ギガホ」「ギガライト」の2択。かけ放題は別のオプションに(後述)。
  • 余ったデータ容量を翌月にも使えるパケット繰り越しはなし。

「ギガホ」「ギガライト」と格安SIMはどっちがお得?

ドコモが4割値下げのプランを出すと発表し、「それなら格安SIMに乗り換えるのは見送ろうかな‥‥」と思った人もいるのではないでしょうか。
今回の新プランと格安SIM、どれくらい月額の差は縮まったのでしょうか?
ギガホ/ギガライトでそれぞれ格安SIMのプランとさっくり軽く比較してみました。

「ギガホ」と楽天モバイルのスーパーホーダイは似てる?どっちがお得?

ドコモのギガホは30GBを使い切ってしまい速度制限がかかっても従来より速い1Mbpsで通信できます。
通信制限がかかってもそこそこ通信が速いというのは嬉しいですね。

格安SIMだと楽天モバイルのスーパーホーダイプランLLが、データ容量24GBでデータ量超過後は1Mbpsと似たようなプランになっています。

スーパーホーダイLLプランは月6,980円でギガホと同じ月額。
スーパーホーダイは通信が混雑する時間帯には0.3Mbpsになってしまうこと、同じ料金で6GBも増えること、ギガホは半年は千円引きになることを考えると、ギガホはお得かも。

通話はギガホが家族間国内のみ無料、スーパーホーダイは10分間かけ放題です。
家族と長電話をしない/家族以外によく電話をかけるのなら、スーパーホーダイのほうが通話料は安いですね。
ギガホは5分かけ放題オプションを追加すると、+700円で月額7,680円になってしまいます。

ギガホは30GB固定ですが、スーパーホーダイは2GB・6GB・14GB・24GBから選べるので選択肢は楽天モバイルのほうが多いです。
2GB+10かけ放題で2,980円から利用できますよ。

ほなみ

30GBというと使い切るのは難しい超大容量だから、あんまり速度制限時1Mbpsの恩恵は受けられないかもね。
ちなみに楽天モバイルでは高速通信と1Mbps通信を自由に切り替えできます!
1Mbpsのうちはデータ容量を消費しません。
ドコモは速度切り替えがないので、そこは楽天モバイルのメリットといえますね。

かしわ

「ギガライト」と格安SIMはどっちが安い?

ドコモのギガライトは1GB~7GBの範囲でデータ容量をどれくらい消費したかで料金が変わりますが、格安SIMとの月額の差はいくらでしょうか?
ザックリと格安SIMの平均的な価格帯と比較してみました。

ギガライトの月額 データ容量 格安SIM(MVNO)の月額
2,980円 1GB 1,200円~1,400円
3,980円 3GB 1,600円~1,800円
4,980円 5GB 2,000円~2,300円
5,980円 7GB 2,400円~2,700円

データ容量が増えるほど、格安SIMとの差額が開いていきます。
3GB以上は差額が2,000円ほど。
7GBに至ってはほぼ倍近くの差に。

ギガホと違いギガライトにはギガホ割にあたるものはありません。
他の会社から乗り換え、複数人でデータ容量をシェアする、ドコモ光を契約しない限りはこれ以上安くなりません‥‥。

ほなみ

1GBはドコモの手厚いサービスを考えるとギガライトは安いほうかな? コストパフォーマンスは高そうです!
3GB以上使うのなら格安SIMのほうがだいぶ安くなるっすね。
格安SIMになって不便になる面はあるにしても、スマホ代を節約したいのなら格安SIMのほうがいいかもしれないな。

ゆうま

格安SIMに乗り換えてみようかな?という方は「1GBのプラン比較」「3GBプランの比較」の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

ドコモの通話が多い人向けに用意されているオプション

ドコモの新料金プランでの通話料は「家族間国内通話のみ無料、それ以外の国内通話は20円/30秒」となります。

通話も多く利用する場合には、音声オプションとして「5分通話無料オプション」「かけ放題オプション」を追加したほうがお得になることも。

  • 5分通話無料オプション(月間料金700円)
    家族間国内通話は時間無制限で無料、それ以外の国内通話は5分まで無料、5分を超えると30秒ごとに20円
  • かけ放題オプション(月間料金1,700円)
    国内通話が時間無制限ですべて無料

ほなみ

音声オプションは「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」につけられるよ。
通話に関しては、オプション「なし」か「5分まで無料」か「全部無料」かの3種類から選ぶってことか。

ゆうま

ドコモの新料金プランでの割引サービスは?

ドコモの新料金プランと一緒に、新しい割引サービスも開始します。
新料金プランで適用される割引内容は、以下のようになっています。

名称 割引条件 割引額 対象プラン
みんなドコモ割 「ファミリー割引」もしくは「ビジネス割引」で2回線以上の契約がある場合 2回線:月間500円
3回線以上:月間1,000円
ギガホ

ギガライト
ドコモ光
セット割
ドコモ光を契約している ※ギガライト~1GBプランは対象外 ギガライト~3GB:月間500円
それ以外:月間1,000円
ギガホ

ギガライト
ギガホ割 2019年9月30日までに「ギガホ」に加入 月間1,000円 ※最大6ヵ月間 ギガホ
はじめてスマホ割 他社もしくはドコモのケータイ利用者が「ギガホ」「ギガライト」を申し込んだ場合 月間1,000円 ※最大12ヵ月間 ギガホ

ギガライト

上記の割引対象に該当するなら月額がかなり安くなる可能性も!
特に「みんなドコモ割」で3回線以上契約するか、ドコモ光を使っている人はお得になります。

「はじめてスマホ割」に関しては、現在同様の割引として存在する「ウェルカムスマホ割」が適用されている場合には、その終了日を引き継いで「はじめてスマホ割」が適用されます。

「ウェルカムスマホ割」は最大13ヵ月間、毎月1,500円割引になるものなので、「はじめてスマホ割」になると割引額が減ることに。

このほか割引ではありませんが、「ずっとドコモ特典」として長期利用者にむけた「誕生日ごとのdポイントプレゼント」があります。

ほなみ

ギガホ/ギガライトは家族間の電話が無料だったり、3人以上で使うと安くなったりと、家族でドコモを使う人は値下げの恩恵を強く受けられる感じですね。

終了する割引サービスは?|端末割引が消滅

逆に、新料金プランになることでなくなってしまう割引サービスには何があるのでしょうか?

今回のプランは「通信料と端末代金の分離」がメインなので、端末代金を月額から割り引いてくれる割引サービスの消滅が話題になっています。
それ以外にも新料金プランの影響なのかどうなのか、ほかにも複数の割引がなくなるようです。

新料金プランになるタイミングで新規受付が終了する割引サービスを以下にまとめてみました(FOMAのみ適用の割引は除外)。

名称 内容
ドコモの学割 最大13ヵ月280円から利用可能
ウェルカムスマホ割 最大13か月、月額1,500円割引
月々サポート 購入機種によって月額から割引
機種変更応援プログラム 2年間月額300円支払うことで、24回払い終了を待たずに機種変更可能
家族まとめて割 対象機種を2台以上同時購入しシェアパックに加入すると1台当たり4,800円割引
端末購入サポート 12ヵ月の継続利用を条件に端末購入代金の一部をドコモが負担
docomo with 対象端末の購入で月額1,500円を次の機種変更まで継続割引

上記はすべて2019年5月31日を境に終了します。

学割は現在期間限定キャンペーンとして行われている「ハピチャン」割引に代替されると言えますし、ウェルカムスマホ割は「はじめてスマホ割」に代替されます。

端末購入代金を補助する割引サービスはなくなるものの代替案を検討中ということですから、一概に悪いことばかりとも言えなさそうです。

ほなみ

端末代金の支払いが終わってる人なら新プランはかなりお得になるのかもね!

ドコモの新プランへのユーザーの反応は

ドコモの新プランが発表され、Twitter上でもたくさんの口コミが見られました。
今回の新料金プラン、反応はなかなか厳しく‥‥。

端末代金の補助がなくなる分、結局値上げじゃん!という人が多いようです。
この部分の割引をどうフォローするのか、ドコモの動きに注目ですね。

全体的には「契約回線が多い人」「利用データ容量がとても少ない、もしくはとても多い人」は値下げ幅が大きくなる傾向にあります。
多めのデータ容量を家族でシェアする場合は安くなる可能性も高いですが、値下げどころか値上げになる人も多そうです‥‥。

5月22日からはドコモのサイトで現在の利用料金を元にした「しっかり料金シミュレーション」が出来るようになるとのことなので、一度それを試してみる価値はありそうです。

ただし、これらはあくまで通信料に関するもの。

端末代金が高騰している現在では端末を安くしてもらうこともユーザーにとっては大変重要といえます。

5G時代が本格的に到来すると現在使用している端末ではその恩恵には与れません。

一般消費者が5Gを体感するには数年かかると言われていますが、機種変更がいつか必要になることを考えると早く端末代金を値下げしてほしいものですね。

「機種変更貯金」でもしようかなぁ‥‥。ずっと同じスマホを使う人はいいけど、新しいスマホ使ってみたい人には辛いっすね。

ゆうま

ほなみ

「安さを求めるなら格安SIMだけど、通信の安定を求めるならキャリア」なのは変わらないって感じね。

ほなみ

ドコモを3人以上の家族で使う人や、ドコモ光を使っている人は割引でかなり安くなることも! 自分の使い方でどれくらい安くなるかしっかり見極めましょう。
ドコモの新料金プランは安いのか?まとめ
  • データ容量30GBの「ギガホ」はコストパフォーマンス高め。格安SIMより良いかも。
  • 「ギガライト」は1GBはお得だが、3GB以上は格安SIMとの差額が大きくなる。
  • 新料金プランで安くなる人は「同じスマホを使い続ける人」「家族3人以上でドコモを使う人」「ドコモ光を使う人」
  • 逆に上記以外の人は割高の傾向。格安SIM乗り換えなどを検討してみるのもいいかもしれません。