【2018年11月】通信速度比較結果!

HUAWEI Mate 10 Proのスペック、価格、カメラ性能、発売日の情報

HUAWEI Mate 10 Proのスペック、価格、カメラ性能、発売日

HUAWEIの先進的なMateシリーズ「HUAWEI Mate 10 Pro」は見どころ盛りだくさんです!

  • HUAWEI初の防塵・防水
  • AIを搭載した最高のカメラ
  • 4,000mAhの大容量バッテリー

HUAWEI初の機能をたっぷり備えた「HUAWEI Mate 10 Pro」には死角がないと言えそうです。

HUAWEI Mate 10 Proの総評

HUAWEI社スマホ待望の防水スマホが登場しました!

国産スマホでは当たり前になりつつある防水機能ですが、海外ではお風呂に入る習慣が少ないため防水機能のないスマホがほとんどでした。

しかし最近ではiPhoneなど一部端末に防水機能が備わり始めて、ついにHUAWEIのスマホにも防水機能が……!

防塵防水性能はIP67
防塵は最大値6で防水は最大値が8なので、十分な性能だと言えるでしょう。

また、バッテリー容量も4,000mAhでバッテリー性能自体も上がっているので1回のフル充電しておけばヘビーユーザーでも1日ぐらいなら軽くもちそうです。
人によっては丸2日ぐらい大丈夫かもしれません。

基本的な機能のパワーアップに加えて、カメラにAIを採用するなど先進的な試みもあるHUAWEI Mate 10 proは一度手に入れたら長く愛用できる端末ではないでしょうか。

HUAWEI Mate 10 Proのスペック表

サイズ 幅: 約74.5mm  縦: 約154.2mm  厚さ: 約7.9mm  重さ:約178g
カラー ミッドナイトブルー、チタニウムグレー
対応OS Android. 8.0 Oreo / EMUI 8.0
CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53)
+ i7 コプロセッサ / Mali-G72 12コア GPU / NPU: Neural Network Processing Unit
メモリ 6 GB RAM / 128 GB ROM
バッテリー 容量4000 mAh (一体型) / 急速充電対応 5 V / 2 A or 5 V / 4.5 A or 4.5 V / 5 A
カメラ メインカメラ (ダブルレンズ):
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部 F1.6 / 光学手振れ補正 / デュアルLEDフラッシュ
2倍ハイブリッドズーム / 像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプス AF / 4K動画撮影
インカメラ: 800万画素 (開口部 F2.0, FF)
ディスプレイ 約6.0インチ HUAWEI FullView Display
18:9 OLED / 2160 x 1080ドット / 402 ppi / 1670万色 / 色域 (NTSC): 112% / コントラスト: 70000:1
入出力端子 USB Type-C
SIMカード nano-SIM
発売日 2017年12月1日

HUAWEI Mate 10 Proの特徴

非の打ち所がないHUAWEI Mate10 pro。

  • AI×カメラ ライカダブルレンズ
  • 狭額縁ベゼル ノッチレスのデザイン
  • 18:9の有機ELディスプレイ
  • 「IP67」の防水・防塵機能

欲しかった機能がつまったスマホです!

AI×カメラ!ライカダブルレンズ仕様

HUAWEI Mate 10 ProはAIプロセッサーを搭載した新世代スマートフォンです。
後継のHUAWEI Mate 20 Proが発売されますが、まだまだ新しい世代のスマホだといえるでしょう。

だんだんと価格が安くなっていることもあり、あえてHUAWEI Mate 10 Proを選択するユーザーが少なくありません。

まずその特徴はHUAWEIのAI機能とライカダブルレンズによって、これまでのスマホでは不可能であった美しい映像をとらえることができるようになったことです。

HUAWEI Mate 10 Pro のAI機能が被写体を自動で判別、写真を構成する色や明るさを最適に調整します。

さまざまな映像はライカのレンズによって撮り込まれ、HUAWEIのAIが独自の写真アルゴリズムで最適化、見る人を感動させる写真にするのです。

HUAWEI Mate 10 ProのAIは1億枚以上もの写真をすでに学習しています。
特に秀逸なのが「背景ぼかし」です。

HUAWEI Mate 10 ProのAIはなめらかで自然なぼかしを演出することで、より被写体を立体的にシャープに表現します。

狭額縁ベゼル|ノッチレスのデザインの巧みさ

HUAWEI Mate 10 Proはとても美しいデザインをもったスマホです。

そしてそれは狭額縁ベゼルの曲面が視覚的に美しさを感じさせているからだといえます。

より丸みを持たせることで、実際よりもベゼルが細く見える巧みな造形になっているのです。

ファーウェイのスマホはデザインの「Pシリーズ」、コスパの「novaシリーズ」、ハイスペックの「Mateシリーズ」といわれていますが、HUAWEI Mate 10 ProはPシリーズに負けないデザイン性を持っているでしょう。

ノッチレスと背面指紋認証で大画面を実現

そしてHUAWEI Mate 10 Proはノッチレスであり指紋認証も背面に配置したことで、最もすっきりとした大画面を可能にしています。

余分な物が一切ない前面デザインはクールなビジネスシーンでもクレバーなイメージを演出してくれるのです。

18:9の有機ELディスプレイを採用

18:9のディスプレイが主流となって生きている中、HUAWEI Mate 10 Proもアスペクト比18:9、6インチディスプレイとなりました。

ディスプレイの比率については好き嫌いもあるのですが、18:9のメリットといえばディスプレイに表示する情報量が多く、スクロールの手間が減ることと、スリムな設計になり、ポケットなどにも入れやすいということです。

HUAWEI Mate 10 Proは従来の6インチスマホと違い、狭額縁ベゼルによって横幅74.5mmと片手でも操作でき、しかもホールド感はしっくりくるようになっています。

また映画を観る際には、ほぼ全画面で楽しめるのです。

有機ディスプレイで鮮やかな色を再現

そして最大のメリットは、有機ELディスプレイとなったことでしょう。
有機ELはバックライト方式ではなく、画素の一つ一つが発光するため残像の影響を受けにくくコントラストの高い上質な映像を再現します。

さらにバックライトを入れる必要がないので、より薄型に設計することができるのです。
HUAWEI Mate 10 Proはライカのダブルレンズで撮影した美しい写真が、有機ELディスプレイで見ることでより実際の映像に近づくでしょう。

「IP67」の防水・防塵機能で30分の水没でも安心

「IP67」というのは防水・防塵の規格を表したものですが、HUAWEI Mate 10 Proは防水では8段階中7番目の高い防水機能を備えています。

IP67は「一定の水圧で一定時間(30分間)水中に使っても有害な影響がない」というものですので、かなりの安心感がありますね。

防塵にいたっては6段階中6番目の最高水準です。

HUAWEI Mate 10 Proは海外製のスマホの中では高い防水・防塵機能になります。

HUAWEI Mate 10 Proの性能

HUAWEI Mate 10 Proの内蔵メモリは、RAM 6 GB / ROM 128 GBとなっています。
これは間違いなくスマホの中でもトップレベルの性能を発揮するといえるでしょう。

同時にいくつものアプリを立ち上げてのゲームや、3Dの描写でももたつくことはありません。
通常づかいのユーザーならここまでのスペックは必要ないくらいです。

では、ユーザーの口コミを見ていきましょう。

とてもサクサク動いてくれて満足しています。
電源入れてからの立ち上がりが早くて驚きました。

反応がとてもクイックでストレスを感じない。
指紋認証も以前使用していたiPhoneよりも素晴らしく良くできている。

mate 10 Proレビュー|価格.com

Huawei Mate 9 からの乗り換えですが、更に動作が高速になったという事が、スペック表記だけでなく体感で分かる程です。

動作の重いアプリケーションを起動した時に、特に顕著に感じられます。
とにかく待ち時間が短縮してストレスが減りました!

mate 10 Proレビュー|価格.com

3Dゲームでもストレスは全く感じません。外部メモリがないので重い画像もすぐに表示されます。

mate 10 Proレビュー|価格.com

Mate10Proのバッテリー性能

HUAWEI Mate 10 Proのバッテリー容量は4000 mAhです。
メモリ同様にスマホの中でもトップクラスになっています。

6インチとディスプレイが大きいことでバッテリーの消耗が早いという懸念がありますが、4000 mAhもあれば安心感がありますね。
急速充電にも対応、ストレスなく使用できるのではないかと思われます。

HUAWEI Mate 10 Proのバッテリーについてユーザーの口コミはどうなっているでしょうか。

かなり酷使してもまず、1日持たないことがない。
さすがに3時間以上3D ネットゲームと数時間の映画鑑賞では途中で充電が必要になりました。
3ヶ月経っても性能はかわりません。

通常の使い方なら2日に一度の充電で十分ですが、5%を切った後の減りは早いので注意したほうがいいです。
カメラのHDRを使うとバッテリーの減りがかなり早いです。

mate 10 Proレビュー|価格.com

満充電で出かけて夕方帰ったころに50%程度ですかね
高性能なのにそこそこ持ちはいい気がします。

mate 10 Proレビュー|価格.com

まずiPhoneはここ10年毎日充電が必要だったのに、これはAI搭載だかなんだかで二日間使えたりする。
もうそれだけで浦島太郎感。

あと指紋認証速すぎ!!
iPhoneの指紋認証のもっさり感がいたたまれないくらい。

mate 10 Proレビュー|価格.com

https://twitter.com/senomaru/status/969127222245187584

Mate10Proのカメラ性能

HUAWEI Mate 10 Proの最大の魅力は何といってもライカダブルレンズによるカメラ性能になります。

えみ

カメラ愛好家の人たちからも、とっても評判がいいんだって!

メインカメラは1,200万画素カラーセンサーに加え2,000万画素のモノクロセンサーがきめ細やかな描写を可能としています。

そしてレンズの開口部はF1.6とスマホカメラでは驚くほどの性能を持ち、あらゆるシーンで美しい映像をとらえます。

光学式手ブレ補正を採用しているため、夜景でも室内のポートレートでもブレることなく完璧な写真を撮影することができるのです。

AI搭載でより写真を美しく

またAIによる背景ボケも自然で美しく、HUAWEI Mate 10 Proで撮影するだけで写真が上手くなったと感じるでしょう。

インカメラについても800万画素、F2.0と非常に明るいレンズが採用されていますので、満足するセルフィーが期待できます

では、HUAWEI Mate 10 Proのカメラ性能についての口コミを見ていきましょう。

かしわ

このスマホの最大の売りですね。
P10plus と比べてAI機能が追加されて適当に撮ってもちゃんと取れます。
TV やポスターの料理も人物も建物も認識します。

2眼では、画質が最高に良いスマホカメラです。
ほとんどの女性がスナップを撮ると感動して待受けにします。

30才以上の方は確実に実物より良くなります。
また、夜景にやたら強いと感じました。

mate 10 Proレビュー|価格.com

初代iPhone(アメリカにて使用)から10年ほどiPhoneを使ってきましたが、あっさり乗り換えました。

Leicaのレンズ、iPhoneXの半額と思うとそれだけで十分な気がしたのですが、結果はそれ以上。

mate 10 Proレビュー|価格.com

写真を撮るのが楽しくなりますね。
ライカのデュアルレンズと、AIによる被写体の自動判別。
13のモードが自動的に切り替わって、最適な設定で撮影ができます。

モノクロ撮影も、描画力がさすが。
シャッター音が、ライカのフィルムカメラを模しているとのこと。

mate 10 Proレビュー|価格.com

カメラ性能はもう言わずもがな。
何の不満もありません。
f1.6はホントに凄い。

暗い場所でもノイズも少ないし、きめの細かい画が撮れます。
シーン認識機能の正確さにも驚かされます。
ライカの色味を再現するフィルムモードが素晴らしいですね。

mate 10 Proレビュー|価格.com

HUAWEI Mate 10 Proを取り扱うMVNO

取り扱いMVNO価格
楽天モバイル79,780円
IIJ mio(みおふぉん)79,800円
イオンモバイル(AEON MOBILE)89,800円
NifMO(ニフモ)64,445円
LinksMate(リンクスメイト)88,000円
DMM mobile(DMMモバイル)79,800円

「HUAWEI Mate 10 pro」を購入するなら楽天モバイルがオススメ!

Mate 10 proはハイエンドスマホで、価格の下がりにくい高性能スマートフォンです。

MVNOによって価格のひらきも大きいのですが、スマホ端末の価格だけではなくMVNOの特性も見ながら選ぶのがオススメ。

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」プランは、通話オプションもついていて、速度制限がかかっても最大1Mbps(12時~13時、18時~19時のみ最大300kbpsに制限)の通信が使える優れものなんです!

Mate 10 pro自体が、防水など細かい機能も備えた安定感のあるスマホ端末なので、安定感のあるスーパーホーダイプランとの相性もばっちり!

楽天モバイルのスーパーホーダイもHUAWEIのMate 10 liteも末永く使う事のできるプランとスマホ端末ですよ!