HUAWEI Mate 20 Proのスペックレビュー|価格、日本での発売日、カメラ性能の写真付き口コミ

HUAWEI Mate20 Pro 公式画像

ファーウェイから発売される最上級のスマホは未来のカタチそのもの!

  • ライカトリプルカメラとAIによる一眼レフに迫る映像
  • IP68の防水機能で水没しても大丈夫
  • ディスプレイ上で指紋認証できる、おサイフケータイには非対応

HUAWEI Mate 20 Proを手に入れた瞬間からスマホライフはグレードアップするでしょう。

HUAWEI Mate 20 Proの総評

HUAWEI Mate 20 Proが発売されて、驚きだったのが約10万円という価格です。

じゅっ十万円!? さすがにスマホに十万は高くないっすか?

ゆうま

ほなみ

確かにかなり高額だけど、「売れる」という自信があるからこそ市場に出ることになったんだと思うよ。

いったいどんなスマホなのかと思ったら、何をとっても最高スペックの超ハイクラスモデルでした。
「ライカトリプルレンズ」「最上級のバッテリー」「ゲーミングにも使えるパフォーマンス」。

知れば知るほどHUAWEI Mate 20 Proは価格だけの価値があるスマホなのです。
スマホとしてこれまでは発想のなかったプロジェクター機能など、使い方の幅を大きく広げました。

ワイヤレスで大画面スクリーンにプレゼンテーション資料や、ゲーム、ビデオを映し出し多くの人でスマホの画面を楽しむことができるんです。
この機能、すごくないですか?
手のひらに収まるたったひとつのスマホの域を超えた機能はまさしく未来のカタチそのものです。

HUAWEI Mate 20 Proのスペック表

サイズ 幅: 約72mm  縦: 約158mm  厚さ: 約8.6mm  重さ:約189g
カラー ミッドナイトブルー・トワイライト
対応OS Android™ 9 / EMUI 9.0
CPU HUAWEI Kirin 980 オクタコア デュアルNPU
メモリ RAM:6GB / ROM:128GB
バッテリ 4200 mAh 急速充電対応、ワイヤレス充電対応
カメラ アウトカメラ:トリプルカメラ 広角 約4000万画素、超広角 約2000万画素、望遠 約800万画素
インカメラ:約2400万画素
ディスプレイ 約6.39インチ
入出力端子 USB ケーブル (A to C)
SIMカード デュアルnanoSIM x 2
発売日 2019年1月11日

HUAWEI Mate 20 Proの特徴

Mate 20 Proはカメラが一番の特徴ですが、それ以外にも目新しい機能が盛りだくさんです。

  • ライカトリプルカメラ搭載
  • ワイヤレス充電・給電
  • 3D顔認証、ディスプレイ上で指紋認証
  • 「AIビジョン」「AIショッピング」
さすが高性能のハイエンドモデルといったところですね。

ライカトリプルカメラ搭載、トップクラスの高性能レンズ

HUAWEI Mate 20 Proには最新のテクノロジーがもたらす、さまざまな機能が満載です。
それらの中でもずば抜けたニュースとなっているのが、「ライカ」のトリプルカメラ。

「超広角」「光学ズーム」「超高解像度」の組み合わせによって、これまでスマホでは撮れなかった映像を手に入れることができるようになりました。

被写体にカメラを向けるとAIが適した撮影モードを選択、シャッターを押すだけで誰にでもダイナミックで繊細、そして美しい写真を撮ることができるのです。

Twitterにも美しい写真が続々とアップされています。

https://twitter.com/ZC33S_sss/status/1087719609799770112

また、AIは動画撮影にも劇的な感動を味合わせてくれる機能があります。
人物の色だけを残して背景はモノクロの世界にしたり、レトロなシネマ風の動画にしたりできるのです。

他にも背景ぼかし、カラフル、サスペンスモードと動画撮影が楽しくなることに間違いありません。

もちろんHUAWEI Mate 20 Proは夜景の撮影も得意ですので、これまで失敗していた風景を取り込むことができるのです。

夜景写真の美しさに驚く口コミもたくさん見つかりました。

Mate 20 Proのワイヤレス充電・給電は未来の姿

ワイヤレス充電は珍しくないとしても、HUAWEI Mate 20 Proの “ワイヤレス給電” には驚かされます。

ハーウェイ Mate 20 Pro 公式画像

ワイヤレス充電は聞いたことがありますが、ワイヤレス給電‥‥? どういうことですか?

かしわ

ほなみ

例えばかしわの「iPhoneXS」のバッテリーがお出かけ先でなくなってしまったとするね。

ほなみ

そんなピンチの時、設定からワイヤレス給電をONにして、HUAWEI Mate 20 Proと「iPhoneXS」を背中合わせにくっつけるの。すると、なくなってしまったはずの「iPhoneXS」のバッテリーが回復しはじめるんだよ!

なんて画期的でおもしろい機能でしょう。
未来ではそんな充電方法も当たり前になるのかも知れません。
今はまだHUAWEI Mate 20 Proの給電能力はそれほど高くはありませんが、数年後には数分でバッテリーをシェアできるようになるでしょう。

給電できるのはQi規格のみ
ワイヤレス給電ができるのは充電する相手もワイヤレス充電ができるデバイスのみ(Qi規格)となっています。
最近のiPhoneはQi規格なので、iPhone 8/iPhone X/iPhone Xsなどはワイヤレス給電できますよ。
HUAWEI Mate 20 Proは無線で逆充電できるスマホ!スマホ自体が充電器に!?ファーウェイが逆充電可能なスマホ発表!Mate 20 Pro

Mate 20 Proは3D顔認証、ディスプレイ上で指紋認証

顔認証の課題はなんといっても「誤認識」です。
誤認識によってせっかくのセキュリティーの意味がなくなってしまいます。

ほなみ

現実にニューヨークに住む10歳の少年が、母親のスマホの顔認証を解除できたという話も‥‥。

しかしHUAWEI Mate 20 Proの生体認証は高いセキュリティーを実現しています。
「3次元デプス感知カメラ」が3Dで顔の30,000を超える部分を読み取り、確実にそして素早く登録された人を認識するのです。

一般的に顔認証は眼の部分の形状に頼っていることが多いのですが、「3次元デプス感知カメラ」は顔の骨格レベルまでスキャンできるのです。

口コミによると、認証のスピードも速そうです。

画面の上で指紋認証できる

HUAWEI Mate 20 Proは指紋認証も画期的です。
なんとディスプレイ上で指紋認証の解除ができます。
超狭額縁化により左右だけでなく上下も目一杯にディスプレイ領域を広げ、指紋認証のセンサーをディスプレイ内に配置しているのです。

ファーウェイ Mate20Proの公式画像

そしてディスプレイ上部には幅広のノッチを採用しています。
ノッチは設定から隠すことができますので、好みで画面設定を変えるといいでしょう。

Mate 20 Proの「AIビジョン」「AIショッピング」が新しい

HUAWEI Mate 20 Proにはまだまだ可能性が広がります。
「AIビジョン」は気になる建物やアイテムをカメラで認識し、情報を瞬時に提供してくれます。
カメラから検索できるので、文字による検索が必要なくなったということです。

「AIショッピング」機能では撮影した画像を2本指で触れるだけで、そのアイテムが売られているサイトを教えてくれるというから驚きです!
これまでグーグルPIXELだけの機能だったのでアンドロイドスマホの選択肢がまた増えたことになります。

HUAWEI Mate 20 Proの性能

HUAWEI Mate 20 Proのスペックやさまざまな特徴を見て来て、いかに高性能なスマホかということが分かるかと思います。
とくに RAM6GB というのは現在販売されているスマホの中ではトップクラスです。

RAMの容量が高いことで、サクサクとした動作、一度に多くの作業をこなすことができるとされています。
オンラインゲームを楽しみたいという人にとっても、不満のない性能です。

一方、ストレージ容量を表すROMについても128GBと、こちらも文句のない大容量になっています。
さらにファーウェイ専用のカードをセットすれば最大256GBまで対応しますので写真や動画の保存は安心ですね。

Twitterではカメラばかりであまりメモリ性能に触れた口コミはありませんでした。
しかし「重い」「もっさりする」といった口コミも見当たらなかったので、満足しているユーザーが多そうです。

HUAWEI Mate 20 Proのバッテリー性能

HUAWEI Mate 20 Proはバッテリー容量においても、最高クラスである4,200mAhの大容量を持っています。
通常3,000mAhあれば普段づかいでは困らないと言われているので、まさにモンスター級です。

HUAWEI スーパーチャージは「安全急速充電システム」。
30分の充電で最大70%まで回復できる脅威の早さです。

またAIによる電源管理がハードな使用でもバッテリーを節約させます。

大容量バッテリー・急速充電の性能を実感する口コミもありました。

HUAWEI Mate 20 Proのカメラ性能

HUAWEI Mate 20 Proの背面にはスクエアに並んだフラッシュを合わせて4つの目が配置されています。
ライカの最新トリプルレンズです。
このレンズはこれまでなかった発想で究極の映像を再現します。

ファーウェイ Mate20Proの公式画像

4,000万画素 × 800万画素 × 2,000万画素のトリプルレンズは、広角・光学望遠・超広角のそれぞれの役割を発揮し、想像以上の写真や動画を記録してくれるでしょう。

レンズの明るさはF1.8です。
この値が示すのは限りなく美しい背景ぼかしと、暗いところでも手ブレを気にせず撮影できることになります。

インカメラの性能についても2,400万画素、F2.0と高解像度、大口径レンズになっていて、美しいセルフィーに期待できることは言うまでもありません。

被写体に接近してもピントが合う!

うれしい機能はなんといっても「マクロ撮影機能」です。
例えば通常のスマホだと部品などのパーツやアクセサリーを撮影しようと思っても、近寄りすぎるとピントが合いません。
そのため引き気味で余分な背景が多く写り込んでしまいます。

HUAWEI Mate 20 Proでは、わずか2.5cmの距離でもピントが合うまで、小さな被写体を大きく撮影することができます。

それではHUAWEI Mate 20 Proのカメラ性能に関する口コミを見てみましょう。

https://twitter.com/hcr326160/status/1094217962695708672

https://twitter.com/SEDORINNE/statuses/10956932665178767364

https://twitter.com/ma_ci0903/statuses/1076723204406665216

画面オフの時にボリュームダウンボタン2回早押し。
これで0.3秒で綺麗な写真が撮れる(笑)笑っちゃいました。
「っあ!」と思った瞬間を逃さず撮れます、すごい。

カメラはそもそも凄いようですが、サッと出してパッと使う用途がメインなので他は割愛。動画は手振れなしでうまく録れます。満足。

HUAWEI Mate 20 Proレビュー|価格.com

お手軽にカメラ任せでもAIでそれなりにきれいに撮れるのが素晴らしいです。特に10Pro同様に美顔ポートレートや夜景とそして超広角はとても魅力的です。

HUAWEI Mate 20 Proレビュー|価格.com

P20 Pro と迷い、こちらにした理由は…「超広角」で撮れること、撮影サンプルを比べると自分の好みの色味や画作りだったことです。

期待通り、コンデジ要らずの生活になれそうです。
( もっとちゃんと撮りたい時には一眼レフにします )

HUAWEI Mate 20 Proレビュー|価格.com

HUAWEI Mate 20 Proを取り扱うMVNO

※表示価格は税抜きです。

取り扱いMVNO価格
OCNモバイルONE84,800円
mineo(マイネオ)99,600円
NifMO(ニフモ)100,000円
LinksMate(リンクスメイト)105,000円
楽天モバイル105,880円
IIJ mio(みおふぉん)98,000円
イオンモバイル(AEON MOBILE)111,880円
DMM mobile(DMMモバイル)111,880円

Mate 20 Proをセット購入するならmineoがオススメ!

現在HUAWEI Mate 20 Proを一番安く購入できるのはOCNモバイルONEですが、使いやすさからmineo(マイネオ)での購入がおすすめです。
電話をよく使うのならOCNモバイルONEは安く使えるので、通話オプションを重視するならOCNモバイルONEも良し。

mineoは特に初心者におすすめのMVNOです。
格安SIM選びに迷ったらmineoで様子を見るのも良いでしょう。

mineoは「まさにこれぞ格安SIM!」といった王道のようなMVNOです。
万人受けする使いやすい格安SIMですよ。

\ auもドコモもソフバンも乗り換え可能 /

mineoを申し込む

新規電話番号なら違約金無しでいつでも解約できます。