【2018年10月】通信速度比較結果!

IIJmioは複数デバイス向け?通信速度の評判、プラン情報

この記事で分かること
  • IIJmioの特徴
  • IIJmioの使い心地
  • IIJmioのキャンペーン

格安SIMの中でも人気が高いのが、IIJmioです。
でも、IIJmioってどんな会社が扱ってるの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

この記事では、

  • IIJmioは他の格安SIMよりどんなところがいいの?
  • IIJmioはどんな人に向いているMVNO?
  • IIJmioの評判は?

という人に実際の使い心地をお伝えします!

これを読めば、IIJmioの魅力がわかりますよ!

IIJmioは親切で初心者にもやさしいMVNO!

オススメ度
(4.0)
コスパ
(4.0)
通信速度
(3.0)
安心感
(5.0)
使いやすさ
(5.0)

一部の格安SIMユーザーから支持を得ている「IIJmio」は、ずばり安定感のMVNO

  • ファミリーシェアプランで可能性は無限大!?
  • プランの種類がシンプルでわかりやすい!
  • 通信事業のノウハウがある安定感がある

どんな人でも使いやすい安定感のあるIIJmioですが特に、iPadやタブレットなど他デバイスも使うという人にオススメしたいMVNOです。
無料で、SIMカードを複数枚持つことができるファミリーシェアプランはタブレットとの合わせ技が最強ですよ!

IIJmioの料金

IIJmioの料金設定は、平均的な水準になっています。

事務手数料3,000円+カード発行手数料
(Aプラン394円 or Dプラン406円)
初月月額料金日割り
追加チャージ100MB/200円
電話オプション3分かけ放題(家族と10分)/600円
10分かけ放題(家族と30分)/830円
料金プラン
基本データ容量音声対応データ専用
ミニマム
3GB
1,600円900円
ライトスタート
6GB
2,220円1,520円
ファミリー
シェア
12GB
3,260円2,560円
\今すぐIIJmioを申し込みたい方はこちら!/

IIJmio 公式サイトへ

IIJmioのキャンペーン

IIJmioはあまりキャンペーンに積極的なMVNOではありませんが、現在サプライサービス3周年に合わせてキャンペーンを行っています。

IIJmio秋祭り データ量2倍キャンペーン

新規で契約すると「データ量2倍」を含む3つのお得が!

  1. 初期費用が1円!
  2. 半年間データ容量2倍
  3. 音声通話SIMなら半年間600円割引!

キャンペーン期間中に契約すると、初期費用3,000円が1円!

SIMカード発行手数料が数百円かかるものの、通常かかる初期費用3,000円が1円になるのは本当にお得です。

半年間、契約プランのデータ量が2倍に!

月額利用料の発生するすべてのプランで、利用開始の翌月から半年間データ量が2倍になります。

少なめに契約しておいて、半年間で自分がどれだけ月平均でデータ量を使用するタイプなのか見極めることができますね。

月額利用料が半年間、600円割引!

音声通話機能付きSIM(みおふぉん)の契約者限定ですが、こちらも利用開始の翌日から半年間、みおふぉんの利用料が600円割引になります(利用開始月の料金は日割りで算出)。

①~③まで、すべてのプランでキャンペーンが適用されるのが嬉しいですね!

「IIJmio ウェルカムパック for コストコ」「BIC SIMえらべるSIMカード」など、いくつかのパッケージはキャンペーン対象外となりますのでご注意ください。

キャンペーン期間:2018月8月1日~2018年11月6日

IIJmioサプライサービス 3周年記念キャンペーン

IIJmioサプライサービスから対象端末と「音声通話SIM」をセットで申し込むと、最大10,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

「データ通信専用SIM」もしくは「SMS機能付きSIM」をセットで申し込んだ場合でも、Amazonギフト券が最大2,000円分プレゼント!

対象端末によってギフト券の金額が違い、端末料金が割引されていることもあるのでホームページからご確認ください。

既に売り切れ(次回入荷未定)の端末もあるので、ご検討はお早めに!

キャンペーン期間:2018月8月22日~2018年11月6日

\今すぐIIJmioを申し込みたい方はこちら!/

IIJmio 公式サイトへ

IIJmioの特徴

回線au(VoLTEのみ), ドコモ
バースト機能
低速高速切り替え
3日間制限低速366MBで制限
データ繰り越し
支払い方法クレジットカード
実店舗×

問い合わせ方法

電話
メール
チャット〇 9:00~19:00
\今すぐIIJmioを申し込みたい方はこちら!/

IIJmio 公式サイトへ

IIJmioの通信速度

IIJmioは、特別通信速度が速いわけではありませんが技術的な面でユーザーが遅く感じにくいような工夫をしているようです。

スマホひろばでのIIJmio通信速度調査

スマホひろばでは毎月実際に通信速度の計測をおこなっています。
最新10月の通信速度はこちら!

10月_速度グラフ_総合

総合
au回線17.49Mbps50.4span class=”small-text”>Mbps0.35Mbps1.72Mbps

IIJmioのSNSでの通信速度評判

IIJmioは最近は、あまり通信速度の評判が良くありません。
IIJmioのユーザーにはスマホヘビーユーザーも多いので少し厳しめの意見が目立ちますね。

正直、スマホひろばの速度調査でも数値としてはあまり良くないIIJmioですが実際に使っている感覚だとあまり遅いと感じることはありません。

SNSや動画視聴程度であれば、あまりストレスなく使うことができそうです。

\今すぐIIJmioを申し込みたい方はこちら!/

IIJmio 公式サイトへ

IIJmioメリット

IIJmioは安定感が魅力のMVNOなので個性的なメリットはあまりないと思われがちですが、少し視点を変えてみると使い勝手が最高に良いMVNOなんですよ!

ファミリーシェアプランのデータ専用SIMが使い勝手最強!

IIJmioで一番オススメしたいのが、ファミリーシェアプランです。

ファミリーシェアプランは10GB以上使う事ができる大容量プランなのですが、なんと言ってもデータ専用のシェアSIMが無料で新たに2枚追加できるのがすごいんです!
ちなみに4枚目以降は有料で最大10枚まで追加可能です。

シェアSIM自体はさまざまなMVNOで可能になっていますし、正直あまりお得度も高くないのであまりオススメではないのですがIIJmioファミリーシェアプランのシェアSIMはひと味違います。

データ専用SIMなら2枚まで無料で追加できるのでiPadやタブレット、IP電話を使ったデータ専用スマホを複数台持ちたいという人なら便利でお得に使えちゃいます。

回線もau回線とドコモ回線を3枚分それぞれ個別に選べるので色々試してみる事もできます。
回線によって結構通信速度も変わってくるので2枚使いだとその時々で調整もできますよ!

かけ放題オプションが絶妙

多くのMVNOでは、通話かけ放題オプションは5分かけ放題か10分かけ放題が多いですが、IIJmioでは3分かけ放題と10分かけ放題が用意されています。

日本人の平均通話時間が2分25秒だという調査データをもとにした3分かけ放題は、5分かけ放題が少し多いなと感じる人には嬉しいオプションですよね!

また、家族間の通話であればそれぞれ10分かけ放題と30分かけ放題に時間が拡大されるのでお子さんが持つスマホにもオススメです。

バースト機能で低速モードも快適

IIJmioはバースト機能を最初に取り入れたMVNOとして知られています。

バースト機能は低速時でも簡単な画像程度ならば高速時と同じように表示できる画期的な機能です。
どういう機能があれば、ユーザーはMVNOを使いやすいと思えるのかをIIJmioはちゃんと考えてくれているんだなあと感じますよね。

IIJmioに低速モードの3日制限があるところは正直マイナスポイントですが、シェアSIMをしていればSIMカード1枚につきそれぞれの制限となるのであまり気にならずに使うことができますよ!

大容量プランで速度制限もこわくない

IIJmioでは追加データ容量オプションとして20GBと30GBが用意されています。

ファミリーシェアプランに追加すれば60GB以上の大容量データも楽しめちゃいます!
そんな大容量データを複数のSIMでシェアできるとなれば可能性は広がりますよね!

通信事業の安心感がすごい!

IIJmioの母体であるIIJはもともとインターネットプロバイダの老舗です。

そのためMVNOでありながら通信関連のノウハウは流石と言えます。

また、IIJmioの通信技術や開発内容についてやMVNOに興味がある人が参加できる「IIJmio meeting」も定期的に開催されています。
初心者から上級者まで参加できるこのトークイベントはすごく人気がありますよ!

\今すぐIIJmioを申し込みたい方はこちら!/

IIJmio 公式サイトへ

IIJmioのデメリット

安定感のあるIIJmioですが、使い方によって発揮できるパフォーマンスが変わってくるので注意が必要と言えそうです。

au回線がSIMフリーじゃないと使えない

IIJmioはau回線とドコモ回線を扱うマルチキャリアです。

au回線のほうが電波が良い地域やドコモ回線のほうが繋がりやすい地域など、地域ごとの特性で使いやすい回線を選ぶという意味では使い勝手の良いMVNOです。
しかし、注意が必要なのはIIJmioで扱うau回線はVoLTEのものだということです。

VoLTEというのは簡単に言うと、音声通話の音質が良くなる回線なのです。
このVoLTE回線は、SIMロックが解除されたVoLTE対応スマホ端末でしか正常に利用することができません。

つまり、UQモバイルやmineoのようにSIMロック解除不可のauで購入したスマホをそのまま使えるというMVNOではないので注意が必要です。

SIMロック解除ができないauで購入したスマホをそのまま使いたい人はUQモバイルmineoをチェックしてみましょう。

UQモバイルとマイネオはどちらが良い?au回線2社を徹底比較auから乗り換えるならどっち?mineoとUQモバイルを徹底比較!

プランの種類が少ない

IIJmioにはプランのデータ容量の種類が大きくわけて3つしかありません。

シンプルでわかりやすいというメリットもありますが、細かい調整が難しいとも言えるので自分が普段使うデータ容量に合わせてプランを選ぶようにしましょう。

家族でシェアしにくいファミリーシェアプラン

IIJmioの一番の目玉プランともいえるファミリーシェアプラン。
その名の通り家族で使おうと考える人もいると思います。

しかし、実はIIJmioで音声SIMのシェアをする場合には気をつけなければいけない点があるんです。

それは、MNPをする場合は名義が同一でなければできないということです。

つまり、家族3人でファミリーシェアする場合に新規契約ならば何の問題もありませんが他社から電話番号を引き継いだまま乗り換えたい場合には3人分の名義を同一に変更する必要があります。

ファミリーシェアプラン自体も音声SIMにしてしまうと追加料金がかかってあまりお得ではなくなってしまいます。

ファミリーシェアプランは家族で使うよりもタブレットなどと併用して使うのがオススメのプランと言えそうです。

初月のデータ容量も日割りに

まったく大きなデメリットではありませんが、初月のデータ容量が日割りになるのはちょっとだけ残念な点だと思います。

初月のデータ容量はまるまる使えて、価格だけ日割りというMVNOが多いのでIIJmioを使う場合には初月のデータ容量も計算して申し込み日を決めたほうがいいかもしれません。

\今すぐIIJmioを申し込みたい方はこちら!/

IIJmio 公式サイトへ

IIJmioの総評

IIJと言えば、インターネットプロバイダの老舗です。

格安SIMでもその通信技術のノウハウは健在。
IIJmioは回線の増強などもこまめに行っていて、安定感のある通信にはとにかく定評があります。

また、通信速度の数値だけではなく通信速度を体感的に遅く感じさせないような工夫をしている、すごいMVNOなんですよ。

IIJmioは格安SIMの中でも人気があります。
ビックカメラで扱っている赤いパッケージのBIC SIMの回線もこのIIJmioと同じもの。

au回線とドコモ回線を扱うマルチキャリアですが、IIJmioのau回線はSIMロックのかかったauスマホでは利用できないのでSIMロック解除を忘れないように注意しましょう。

\今すぐIIJmioを申し込みたい方はこちら!/

IIJmio 公式サイトへ

IIJmioの取り扱い端末

HUAWEI P20 lite

分割24回1,200円(税抜)
一括27,800円(税抜)

HUAWEI P20

分割24回2,650円(税抜)
一括62,800円(税抜)

HUAWEI nova lite2

分割24回950円(税抜)
一括21,800円(税抜)

AQUOS sense lite

分割24回1,100円(税抜)
一括25,800円(税抜)

ZenFone5

分割24回2,050円(税抜)
一括48,800円(税抜)

Moto E5

分割24回750円(税抜)
一括16,800円(税抜)

arrows M04

分割24回1,380円(税抜)
一括32,800円(税抜)

ZenFone4Max

分割24回850円(税抜)
一括19,800円(税抜)

ZenFone5Q

分割24回1,580円(税抜)
一括37,800円(税抜)

ZenFone Max Plus(M1)

分割24回1,200円(税抜)
一括27,800円(税抜)

HUAWEI Mate 10 Pro

分割24回3,350円(税抜)
一括79,800円(税抜)

HUAWEI honor 9

分割24回1,700円(税抜)
一括39,800円(税抜)

ASUS ZenFone 5Z

分割24回2,750円(税抜)
一括64,800円(税抜)

ZenFone4カスタマイズ

分割24回1,500円(税抜)
一括34,800円(税抜)

SHARP AQUOS sense plus

分割24回1,580円(税抜)
一括36,800円(税抜)

SHARP AQUOS R compact

分割24回2,500円(税抜)
一括59,800円(税抜)

Motorola Moto G6

分割24回1,150円(税抜)
一括26,800円(税抜)

Motorola Moto G6 Plus

分割24回1,500円(税抜)
一括35,800円(税抜)

HTC U12 Plus

分割24回3,900円(税抜)
一括92,000円(税抜)

HTC U11

分割24回2,300円(税抜)
一括54,800円(税抜)

HTC U11 life

分割24回1,580円(税抜)
一括36,800円(税抜)

Trinity NuAns NEO [Reloaded]

分割24回1,500円(税抜)
一括34,800円(税抜)

ONKYO GRANBEAT

分割24回2,300円(税抜)
一括 54,800円(税抜)

CAT S41

分割24回2,500円(税抜)
一括59,800円(税抜)

CAT S60

分割24回3,350円(税抜)
一括79,800円(税抜)

KYOCERA DURA FORCE PRO

分割24回3,000円(税抜)
一括69,800円(税抜)

ASUS ZenPad3 8.0

分割24回1,380円(税抜)
一括32,800円(税抜)

Lenovo TAB4 8

分割24回980円(税抜)
一括22,800円(税抜)
\今すぐIIJmioを申し込みたい方はこちら!/

IIJmio 公式サイトへ

IIJmioの口コミ・評判

50代 男性
SIMの種類
データSIM
ご契約容量
3GB
月々のスマホ代
1000円〜1500円
通信速度・安定性
日本全国津々浦々何処に行っても使用可能であった為。ただし、富士山麓は繋がりませんでした。よってやや満足を選びました。
料金・サービス
料金的にもメガキャリアに比べて安くデータ受送信もストレスを然程感じない為。
サポートの体制
サポート自体を利用した事がないので評価出来ません。
不満点など
特に現状不便さを感じている事はないのですが、日本以外の国の通信料からすると使用可能なデータ量に対して料金が非常に高い為もう少し安くなっても良いのでは?と思います。
総合評価
通話頻度が高くなかった為、データ通信の格安SIM で十分対応可能な状態の為。
20代 男性
SIMの種類
音声SIM
ご契約容量
6GB
月々のスマホ代
2500円〜3000円
通信速度・安定性
通信速度に関しては特に問題なく利用できています。外出時に動画サイトを閲覧するような使い方をしなければ通信制限に引っかかることもないですし、満足しています。
料金・サービス
利用をはじめて四年ほど経ちましたが、今までに不便に感じた場面が無かったのでこの評価となります。
サポートの体制
今までサポートに頼ったことがないので評価ができないです。
不満点など
電話機能については改善してほしいと感じましたね。独自の電話アプリを利用すれば通話料金が安くなるサービスも有るのですが、いかんせんアプリの完成度が低いので利用する気にならないのは問題だと思います。今後その点が改善すれば更に満足度が上がると思いますので期待しています。
総合評価
料金の割に不便なく利用できているのでこの評価です。ただ、音声通話のサービスが若干充実していないように感じるので今後に期待です。
40代 男性
SIMの種類
データSIM
ご契約容量
6GB
月々のスマホ代
2000円〜2500円
通信速度・安定性
不安定な通信速度、時間帯による速度制限の疑いがある。一番の問題は通信速度が遅すぎる。
料金・サービス
契約容量の分は、速度制限無しに使いたい。
サポートの体制
特にサポートらしいサポートは必要となった場面は無いため。
不満点など
時間帯における通信速度の疑いがあること、および、それに対する公式発表は無いようで、サービス内容についても業者側が自由に変更できるような感じをうけるため。
総合評価
通信速度が安定せず、また、速度が遅い。時間帯により速度制限がかかっているように思えるが公式発表は無し。
\今すぐIIJmioを申し込みたい方はこちら!/

IIJmio 公式サイトへ