mineo(マイネオ)で安い料金プランはどれ?おすすめの選び方|Aプラン・Dプラン・Sプランの違い

初心者でも大丈夫!料金プランの選び方

この記事で分かること

mineo(マイネオ)は格安SIMでは珍しくドコモ、au、ソフトバンクのすべてのキャリアの回線に対応しています。

自分の端末に合わせて回線を選べるのがメリットですが、
「どのプランを選べばいいか分からない‥‥」
「プランで何が違うの? 安いお得なプランを選びたい!」

という人も多いと思います。

プラン以外にもタイプや容量の選択、大量にあるオプションなど、mineo(マイネオ)を申し込む際はとにかく自分で選ばないといけないことが多いので、初心者だと大変ですよね。

本記事ではmineo(マイネオ)の各プランの違いと、最適なプランやおすすめのオプションの選び方などを詳しく解説します。

\ auもドコモもソフバンも乗り換え可能 /
mineoを申し込む
新規電話番号なら違約金無しでいつでも解約できます

mineo(マイネオ)の料金プランの種類

mineoの料金プラン 4つの項目を解説!

mineo(マイネオ)の料金プランには以下のような種類があります。

  • SIMタイプ(シングルタイプ/デュアルタイプ)
  • 回線プラン(Aプラン/Dプラン/Sプラン)
  • データ容量(500MB~30GB)
  • オプション(任意)

まずシングルタイプ(データSIM)かデュアルタイプ(音声通話SIM)を選び、その次は回線プランを選び、さらにデータ容量を選ぶ必要があります。

これに加えて、たくさんあるオプションの中から必要なものを選ばないといけません。

ほなみ

プランだけでも全部で36種類! さらにオプションも含めれば選択肢は無限大です。
自分にあったプランが選べるのは嬉しいですが、何を選べば良いのかサッパリ分かりません‥‥。

かしわ

そこで本記事では、SIMタイプ、回線プラン、データ容量、オプションごとにどのように選べばいいかを詳しく解説していきます。

なお、mineo(マイネオ)を複数契約する場合は「家族割引」や「複数回線割引」といった割引も利用できます。
割引の違いや選び方については「mineo(マイネオ)の家族割引について」の記事も参考にしてください。

シングルタイプ・デュアルタイプの違いと注意点

mineo料金プランの選び方 SIMのタイプを選ぶ

まずはmineo(マイネオ)のシングルタイプとデュアルタイプの違いを見ていきましょう。

  • シングルタイプ:データ通信のみ利用できる
  • デュアルタイプ:データ通信、SMS、音声通話が利用できる

シングルタイプはデータ通信だけが利用できるタイプです。
シングルタイプでは音声通話ができません。
SMSについてはシングルタイプもSMSオプションを付ければ利用可能です。

一方、デュアルタイプはデータ通信だけでなくSMSと音声通話も使えます。
070/080/090から始まる電話番号が付与されるほか、電話番号を引き継ぐ「MNP」を利用すれば大手キャリアで使っている電話番号をそのまま使えます。

ほなみ

基本的に電話ができる「デュアルタイプ」を選ぶのがおすすめです。

月額はシンプルタイプが安い

シンプルタイプはSMSや音声通話といった機能が少ない分、利用料が安いです。
詳しい料金は後ほど「回線プランの選び方」で解説しますが、デュアルタイプより月額利用料が約600円〜900円ほど安い料金設定になっています。

最低利用期間はないがMNP転出には注意

mineo(マイネオ)ではシングルタイプ・デュアルタイプともに最低利用期間はありません。
そのため、mineo(マイネオ)はいつ解約しても違約金がかかりません。

ただし、デュアルタイプでMNPを利用して他社に乗り換える場合、契約してから12ヶ月以内だとMNP転出時契約解除料9,500円(税抜)がかかります。
1年以内にmineo(マイネオ)からMNPを使って他社に乗り換えたい人は注意です。

電話番号を引き継がないのなら解約はいつでも無料ということですね。

かしわ

SIMタイプは「電話を使うか」で選ぶ

mineo シングルタイプ デュアルタイプ 選び方

SIMタイプの大きな違いは電話ができるかどうかなので、電話を使いたいならデュアルタイプを、電話が不要ならシングルタイプを選びましょう。

最近ではLINEがメインで電話はあまり使わない人が増えていますが、もしもの時に電話ができないのは不便です。

電話番号を引き継ぎたい人や大手キャリアから乗り換えるなら、SIMタイプは「デュアルタイプ」を選ぶといいでしょう。

ちなみにLINE音声通話はシングルタイプ(データ通信専用)でも利用できます。

サブ端末やタブレットで使う場合など、電話が不要な場合はシングルタイプでOKです。

Dプラン・Aプラン・Sプランの料金と比較

mineo料金プランの選び方 回線プランを選ぶ

mineo(マイネオ)は国内3キャリアのドコモ・au・ソフトバンク、すべての回線に対応しています。

mineo(マイネオ)ではそれぞれの回線プランを以下のように呼んでいます。

  • ドコモ回線:Dプラン
  • au回線:Aプラン
  • ソフトバンク回線:Sプラン

利用できるSIMタイプ・データ通信量はすべてのプランで共通です。

ただし、プランによって月額料金が異なります。

Dプラン・Aプラン・Sプランの料金

プランごとの月額料金をまとめました。
まずはシングルタイプです。

シングルタイプ(データ通信専用)の料金
データ容量 Aプラン
au回線
Dプラン
ドコモ回線
Sプラン
SoftBank回線
500MB 700円 700円 790円
3GB 900円 900円 990円
6GB 1,580円 1,580円 1,670円
10GB 2,520円 2,520円 2,610円
20GB 3,980円 3,980円 4,070円
30GB 5,900円 5,900円 5,990円

シングルタイプについてはAプランとDプランの料金は同じです。
Sプランのみ、同じ容量で90円高くなっています。
AプランはSMS機能を無料で使えるので、お得度は Aプラン>Dプラン>Sプラン ですね。

続いてデュアルタイプの月額料金です。

デュアルタイプ(音声通話+SMS+データ通信)の料金
データ容量 Aプラン
au回線
Dプラン
ドコモ回線
Sプラン
SoftBank回線
500MB 1,310円 1,400円 1,750円
3GB 1,510円 1,600円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 6,600円 6,950円

デュアルタイプはAプランが一番安く、Sプランが一番高いです。

ほなみ

AプランとSプランでは同じ容量でも月額440円も差があります。

Aプラン・Dプラン・Sプランの料金以外の違い

mineo(マイネオ)の各回線プランには料金以外にも以下のような違いがあります。

プラン別の違い(料金以外)
  • AプランのみシングルタイプのSMS利用料が無料
  • Dプラン(デュアルタイプ)のみmineoキャリア決済が使える
  • 音声通話オプションの名称や料金、ラインナップが異なる
  • Aプランのみ直近3日間の速度制限あり

シングルタイプでSMSを使う際はSMS利用料がかかりますが、Aプランのみ無料です。
Dプランでは120円/月、Sプランでは180円/月のSMS利用料がかかります。

Dプランのデュアルタイプでは月額利用料とGoogle Playの料金(アプリ課金)をまとめて払える「mineoキャリア決済」が使えます。
Aプラン/Sプランではmineoキャリア決済を使えません。

音声通話向けのオプションはプランによってラインナップが違ったり、同じオプションでも名称や料金が異なったりします。
プランごとの音声通話向けオプションは以下の通りです。

通話サービス Aプラン Dプラン Sプラン
スマート留守電 290円/月 290円/月 290円/月
三者通話サービス 200円/月 × ×
グループ通話 × × 200円/月
迷惑電話撃退サービス 100円/月 無料 100円/月
着信転送サービス 無料 無料 無料
割込通話サービス 無料 200円/月 200円/月
番号通知リクエストサービス 無料 無料 ×
留守番電話 × × 無料

また、Aプランのみ直近3日間で6GB以上のデータ通信を利用すると一時的に速度制限がかかります。

そこまで厳しい制限ではないので神経質になる必要はありませんが、速度制限があることだけは覚えておきましょう。

Aプラン・Dプラン・Sプランの共通点

ここまで各プランの異なる点を見てきましたが、逆に以下のような共通点もあります。

プランの共通点
  • パケットチャージ
    (データ容量を追加で購入)
  • データ繰り越し
    (余ったデータ容量を翌月に繰り越す)
  • パケットシェア
    (決められたメンバーで余った容量をシェア)
  • パケットギフト
    (任意のユーザーに容量をプレゼント)
  • フリータンク
    (ユーザー全体で容量をシェア)
  • テザリング

mineo(マイネオ)の特徴であるパケットシェアやパケットギフト、フリータンクといった機能はどのプランでも使えます。
その他、パケットチャージやデータ繰り越し、テザリングといった基本機能も同じです。

Aプラン×iPhoneのテザリングは条件が複雑

AプランでiPhoneのテザリングを利用できるのは「au VoLTE対応SIM」のみです。
非VoLTE SIMだとAプランではiPhoneのテザリングができません。

iPhone 6s~iPhone 7はau VoLTE対応SIM/非VoLTE SIMの両方が使えますが、テザリングを使うなら「au VoLTE対応SIM」を選んでください。

ほかにも、AプランでiPhoneをテザリング利用する場合はSIMロック解除が必要なことがあったりと複雑です。
詳しくは公式サイトの「動作確認済み端末」で使いたいiPhoneを検索して確認してください。
参考 動作確認済み端末検索mineo(マイネオ)

回線で通信速度は変わる?

回線が違うと、通信速度や安定性に違いがあるのか気になる人もいると思います。

確かに、回線によって通信速度や安定性に差はでるでしょう。

しかし、どの回線が一番速いかについては断言できません。

利用する時間帯や場所、回線増強のタイミングなど通信速度はさまざまな条件によって変わるためです。
状況によってAプランが一番速かったり、Sプランが一番速かったりといったことがあるため、回線の速さでプランを選ぶのは難しいでしょう。

ほなみ

定期的に格安SIMの通信速度を測定しているけれど、日によって速さが変わったりすることもあります‥‥。

昼12時~13時は通信速度が遅くなる

通信速度で一番気を付けたいのは時間帯による速度の変化です。

いずれの回線でも、平日のお昼や夕方はスマホを利用する人が多くなり、回線が混雑するため速度が落ちます。

平日はお昼休憩や退勤ラッシュで一時的に通信する人が増えるので遅くなります。

かしわ

特に一番混雑するお昼はSNSやちょっとした調べものならギリギリ使えますが、動画視聴やゲームは難しいでしょう。

逆に早朝や深夜は比較的速い速度が出ます。
このような時間帯にスマホを使う人ならmineo(マイネオ)でも快適です。

当サイトではmineo(マイネオ)を含む複数の格安SIMを契約し、通信速度を計測しています。
mineo(マイネオ)の実際の通信速度を知りたい人はこちらのページも参考にしてください。
7月の格安SIM通信速度ランキング【2019年7月】人気の格安SIM 通信速度比較!11社18回線を計測&最速MVNO決定

通信エリアは大手キャリアと共通

ちなみに通信できる地域については、回線元のキャリアと同じ範囲です。
比較的ドコモ回線のDプランは通信エリアが広く繋がりやすいです。

住んでいる地域によって変わるので、詳しくは各キャリアの公式サイトで公開されている通信エリアを参考にしてください。

回線プランは「利用する端末」で選ぶ

mineo Dプラン・Aプラン・Sプラン 選び方

mineo(マイネオ)の回線プランにはいくつか違いがありましたが、プランの選び方は乗り換え後に使う端末によって変わってきます。

それぞれの選び方を見ていきましょう。

スマホをそのまま使う場合の選び方

今持っているスマホをそのまま使う場合は購入したスマホの回線にあわせてプランを選びましょう。

ほなみ

例えばauで買ったスマホならau回線のAプラン、といった感じです。

大手キャリアのスマホには他社のSIMカードを使えないようにする「SIMロック」というSIM制限がかかっています。

例えばドコモのスマホにはドコモのSIMロックがかかっているので、auやソフトバンクのSIMを挿しても使えません。

SIMロックを外し、他社のSIMカードも使えるようにすることを「SIMロック解除」と言います。
異なる回線で利用する場合はSIMロック解除をしないといけません。

SIMロック解除とは?図解

mineo(マイネオ)は3キャリアすべての回線プランが用意されているので、同じ回線プランにすれば面倒なSIMロック解除しなくても大手キャリアのスマホが使えます。

今持っているスマホでmineo(マイネオ)が使えるかどうかは公式サイトの「動作確認済み端末検索」で確認できます。
乗り換えをする前にチェックしましょう。
参考 動作確認済み端末検索mineo(マイネオ)

SIMロック解除の基礎や手続きについては「SIMロック解除とは?」で解説しています。

SIMフリースマホやセット購入する場合の選び方

SIMフリースマホやmineo(マイネオ)でセット購入できる端末は複数回線に対応しているものがほとんどです。

例えば、mineoでセット購入できるiPhone8はすべての回線に対応していますね。

かしわ

mineo(マイネオ)のiPhone8 対応回線

その場合は月額料金や利用できるオプション、回線の繋がりやすさで選びましょう。

とにかく安く使いたいなら月額料金が安いAプランがいいですし、留守番電話を使いたいなら無料の留守番電話オプションがあるSプランを選びましょう。

地方や山間部に住んでいて繋がりやすさを重視するならDプランがおすすめです。

データ容量(コース)の種類と選び方

mineo料金プランの選び方 データ容量を選ぶ

最後にデータ通信容量の選び方です。
月に使えるデータ通信量を決めます。

mineo(マイネオ)では全部で6種類の容量コースが用意されています。

  • 500MB :ライトユーザー向け
  • 3GB :一般的な容量
  • 6GB :そこそこSNSをする人向け
  • 10GB :軽い動画視聴もできる
  • 20GB :動画をそこそこ見る人向け
  • 30GB :ヘビーユーザー向け

利用できる容量が多いほど、月額料金も高くなります。

そのため、自分のスマホの使い方に合った容量を選びましょう。

ほなみ

例えば動画をたくさん見るなら20GBや30GBといった大容量プラン、LINEやメールが中心でネットはほとんどしないなら500MB、といった感じです。

データ容量は試しで選んであとから変更がおすすめ

mineo データ容量(コース)選び方

自分のスマホの使い方に合った容量を選ぶのが基本ですが、初心者の場合は正確なデータ容量を把握するのは難しいかもしれません。

コース選びに迷ったらもっとも標準的である「3GB」がおすすめです。

3GBならLINEやSNS、ブラウジング、音楽ストリーミングといった普段使いなら問題なく使えます。

容量はあとから無料で変更できるので、とりあえず3GBにして1~2ヶ月利用し、

  • 3GBでは足りない → 6GB以上に変更
  • 3GBだと余り過ぎる → 500MBに変更
  • 3GBでちょうどいい → 3GBのまま使う

といったように調節するといいでしょう。

ちなみに、決められた容量をオーバーすると翌月まで最大速度が200kbpsに制限されます。
速度は遅くなりますが、データ通信ができなくなるわけではありません。
また、容量を超えても月額利用料が高くなったりといったこともありません。

データ容量はあとから変更できる

mineo(マイネオ)はいつでも無料で容量を変更できます。

そのため、データ容量は3GBを試しに選び、あとから変更するのがおすすめです。

データ容量を変更する方法は後述の「mineo(マイネオ)の料金プラン変更方法」で解説しています。

なお、自分に必要なデータ容量を把握し、最適なプランを選びたいという人もいると思います。
当サイトのこちらの記事で、データ容量を選ぶための目安をまとめているので参考にしてください。
trafficvolume-howtouse-3selections-branch_01格安SIMのデータ容量を選ぶときの目安は?通信量から選ぶおすすめMVNO

人気オプションの選び方

mineo料金プランの選び方 オプションを選ぶ

mineo(マイネオ)はオプションの種類が豊富で20種類以上あるため、すべてを解説すると長くなってしまいます。
ここでは、とくに人気が高い以下のオプションに絞って選び方を解説します。

mineoの人気オプション
  • mineoでんわ 10分かけ放題
  • 通話定額30/60
  • 端末安心保証サービス
  • 持込み端末安心保証サービス

なお、端末安心保証サービス以外のオプションは契約後にマイページから申し込むことができます。
マイページから [契約内容の確認/変更] → [オプション追加変更] でオプションを追加可能です。

mineo(マイネオ)契約時にオプションに迷ったら、とりあえず保留でOKです。
※ 端末安心保証サービスのみ追加の申し込み不可

通話オプションは電話の利用頻度に合わせる

mineo 電話オプション 選び方

mineo(マイネオ)では通常20円/30秒の通話料がかかります。

仮に30分通話をすると1,200円も電話代が請求されてしまうので、たくさん電話をする人のために通話オプションが用意されています。

「mineoでんわ 10分かけ放題」と「通話定額30/60」はどちらも通話料を節約できる通話オプションです。

「10分かけ放題」毎月43分以上電話をする人におすすめ

10分かけ放題は月額850円で1回10分までの通話が何度でも無料になります。

毎月の通話時間が43分以上の人は10分かけ放題を付けるのがおすすめです。

通話時間がそれ以下の場合は月額無料で通話料が通常の半額(30秒につき10円)になる「mineoでんわ」でOKです。

「通話定額」通話時間が毎月30分/60分以内の人におすすめ

通話定額は毎月一定時間まで無料で通話ができる定額サービスです。

通話定額30は月額840円で30分(1,200円分)、通話定額60は月額1,680円で60分(2,400円分)の通話が無料になります。

毎日の通話時間が30分くらいで収まるなら通話定額30、60分くらいで収まるなら通話定額60を選びましょう。

通話オプションについて詳しくはこちらのページも参考にしてください。
mineo(マイネオ)で通話料を節約するコツ かけ放題・通話定額mineo(マイネオ)で電話代・通話料を節約する方法|かけ放題、通話定額、留守電など

端末保証は端末の価格と防水の有無で判断する

mineo 端末保証オプション 選び方

「端末安心保証サービス」と「持込み端末安心保証サービス」はどちらも端末が故障や水没した際に修理または交換してくれる端末保証オプションです。

端末安心保証サービス 持込み端末安心保証サービス
月額料金 370円 500円
対象端末 mineoで購入した端末 自分で用意した端末
保証内容 交換 交換または修理
後から申し込み 不可

端末安心保証サービスはmineo(マイネオ)で購入した端末のみ対象です。
端末安心保証サービスを申し込めるのはmineo(マイネオ)契約時のみで、契約後にマイページから申し込むことはできません。

持込み端末安心保証サービスは自分で用意した端末が対象です。
SIMフリースマホはもちろん、大手キャリアのスマホも保証してくれます。
こちらは契約後にマイページから申し込むことも可能です。

端末保証を付けるかどうかは以下の2つの基準で判断するといいでしょう。

  • 端末の価格が30,000円以上かどうか
  • 防水や耐衝撃に対応しているかどうか

端末保証は月額料金がかかりますし、交換・修理する際も費用がかかります。

価格が安いスマホ、具体的には2万円台以下のスマホの場合は端末保証に入らず、壊れたら新しく買い直せばいいでしょう。

逆に30,000円以上の高価なスマホについては買い直すよりも端末保証に入って修理・交換をしてもらうほうが安上がりです。

また、防水や耐衝撃を備えているような耐久力の高いスマホは故障しにくいため、端末保証は不要でしょう。

料金プランの選び方 まとめ

mineoの料金プラン 選ぶポイントまとめ

ここまでに紹介したmine(マイネオ)の料金プランの選び方をまとめます。

料金プランを選ぶポイント
  • タイプは原則デュアルタイプを選ぶ
  • 回線プランは自分の端末の対応回線に合わせて選ぶ
  • データ容量は3GBを選んでおき、あとから変更する
  • オプションは任意なので必要なものだけを選ぶ
  • 通話オプションは通話頻度に合わせて選ぶ
    • 毎月43分以上:mineoでんわ 10分かけ放題
    • 毎月30分/60分以内:通話定額30/60
    • それ以外:mineoでんわ(利用無料)
  • 端末保証オプションは端末の価格や防水の有無などで判断する

mineo(マイネオ)を申し込む際には選ぶ項目がたくさんありますが、こうして並べるとだいぶ分かりやすくなったのではないでしょうか。

とくに回線プランとデータ容量は多くの人が悩みますが、回線プランは端末に合わせる(例えばドコモのスマホならDプラン)、データ容量はとりあえず3GBを選ぶ、とだけ考えればいいのでかなり楽ですね。

\ auもドコモもソフバンも乗り換え可能 /
mineoを申し込む
新規電話番号なら違約金無しでいつでも解約できます

実際の料金例|mineo(マイネオ)は月額何円?

mineoの料金例 大手キャリアより安い?

mineo(マイネオ)の料金プランの選び方は分かりましたが、実際にmineo(マイネオ)を契約すると月額料金はいくらになるのでしょうか?

データ容量の選び方で「とりあえず3GB」と説明したので、3GBの音声通話SIMを契約し、通話オプションとして10分かけ放題を利用する場合の月額料金を算出してみました。

プランはau回線のAプラン、端末はauで購入したスマホをそのまま使うとします。

月額料金 内訳
2,360円

  • Aプラン デュアルタイプ(3GB):1,510円
  • mineoでんわ 10分かけ放題:850円

mineo(マイネオ)の月額料金は2,360円となりました。

ちなみに、同条件(データ容量3GB+5分かけ放題)で大手キャリアを契約すると以下のようになります。

月額料金 内訳
ドコモ 4,680円

  • ギガライト3GB:3,980円
  • 5分通話無料オプション:700円
au 5,480円

  • auピタットプラン3GB:3,700円
  • スーパーカケホ:1,480円
  • LTE NET:300円
ソフトバンク 7,980円

  • ミニモンスター3GB:5,980円
  • 通話基本プラン:1,200円
  • ウェブ使用料:300円
  • 準定額オプション:500円

大手キャリアと比べると、mineo(マイネオ)は圧倒的に安いです。

とくに一番高いソフトバンクと比べると3分の1以下です。

ほなみ

いかにmineo(マイネオ)がお得なのかが分かりますね!

mineo(マイネオ)の料金プラン変更方法

mineoの料金プラン 変更の方法・手数料

料金プラン(容量/タイプ/回線プラン)の変更はマイページの [ご契約サービスの変更] からできます。
参考 mineoのマイページにログイン

  • 容量変更
    [ご契約サービスの変更 ]→ [基本データ容量変更]
  • タイプ変更
    [ご契約サービスの変更] → [タイプ変更(音声通話あり⇔なし)]
  • 回線プランの変更
    [ご契約サービスの変更] → [プラン変更(⇒A/D/Sプラン)]

容量変更は毎月25日までの申し込みで、翌月から適用されます。
26日から月末までは申し込みができないので、変更する場合は25日までに申し込みましょう。

回線プラン変更では同時にタイプを変更することも可能です。

例えば「Aプランのシングルタイプ」から、「Dプランのデュアルタイプ」に変更、といったことができます。

かしわ

SIMタイプ・回線プランの変更は手数料と時間がかかる

タイプ変更・プラン変更の場合はSIMカードが変わるので変更事務手数料3,000円とSIMカード発行料400円がかかります。

また、シングルタイプからデュアルタイプに変更する際は本人確認書類の提出が必要です。

タイプ変更・プラン変更の場合は申し込んでから2~3日で新しいSIMカードが届きます。

元のプランがAプランおよびSプランの場合はSIMの返却は不要ですが、DプランのSIMカードは返却が必要です。
新しいSIMカードに切り替えたら、下記の住所に返送してください。

〒530-8780
日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱75号
株式会社オプテージ お客さまサポートセンター mineo解約SIM返却係

mineo(マイネオ)でぴったりの料金プランを選ぼう!

mineo(マイネオ)ではプランや容量、オプションが豊富に用意されており、初めてだとどれを選べばよいか分かりにくいかもしれません。

そこで、本記事ではmineo(マイネオ)の料金プランの選び方を詳しく解説しました。

再度、選び方をまとめておきます。

  • タイプは原則デュアルタイプを選ぶ
  • 回線プランは自分の端末の対応回線に合わせて選ぶ
  • データ容量は3GBを選んでおき、あとから変更する
  • オプションは任意なので必要なものだけを選ぶ
  • 通話オプションは通話頻度に合わせて選ぶ
    • 毎月43分以上:mineoでんわ 10分かけ放題
    • 毎月30分/60分以内:通話定額30/60
    • それ以外:mineoでんわ(利用無料)
  • 端末保証オプションは端末の価格や防水の有無などで判断する

ほなみ

今回紹介した料金プランの選び方を参考に、自分にぴったりの料金プランを選んでくださいね。

mineo(マイネオ)へ乗り換えるタイミングや具体的な契約方法などはこちらのページも参考にしてください。
mineo(マイネオ)の乗り換え方法まとめ やってみると初心者でも意外と簡単!mineo(マイネオ)の申し込み~契約まで解説|乗り換え手順、初期費用など

\ auもドコモもソフバンも乗り換え可能 /
mineoを申し込む
新規電話番号なら違約金無しでいつでも解約できます