【2018年11月】通信速度比較結果!

Moto E5のスペックレビュー、価格、口コミの評判、カメラ機能の解説

Moto E5の魅力はなんといってもその価格です。

  • 初スマホとしてもお求めやすいお値段!
  • お子さんやお年寄りにオススメのエントリーモデル
  • 大容量バッテリーで安心

気軽に使うことができて、スマホライトユーザーには十分のスペックですよ。

Moto E5の総評

Moto E5はエントリーモデルともいえる安価さが魅力です。

スマホゲームや、さまざまなアプリを利用する人にはあまり向かない端末ですがLINEやTwitter、インスタグラムなどのSNS、通話などしか使わないという人には十分の性能を持ったスマホ端末です

スマホライトユーザーにとって、特に重要な性能が大容量のバッテリー

Moto E5はバッテリーが4000mAhと、スマホの中でもかなり大容量になっているのでまる1日は安心して使うことができるでしょう。

多くのスマホはガラケーよりもバッテリーの持ちが悪く、夜には充電がなくなってしまうことが多いですがMoto E5であれば、今までガラケーを使っていた人でも、ストレスなく使うことができます。

えみ

スマホデビューにもぴったりのスマホだね!

Moto E5のスペック表

サイズ 幅: 約72.2mm  縦: 約154.4mm  厚さ: 約8.9mm  重さ:約173g
カラー フラッシュグレー、ファインゴールド
対応OS Android™ 8.0
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 425 (MSM8917)1.4GHz ×4 クアッドコアCPU Adreno 308
メモリ RAM2GB/ROM16GB
バッテリ 4,000mAh
カメラ カメラ:1300万画素(f/2.0)
インカメラ:500万画素(f/2.2)
ディスプレイ 5.7インチ
入出力端子 micro USB typeC
SIMカード nano-SIM
発売日 2018年6月8日

Moto E5の特徴

Moto E5は正直なところ真新しい機能や高い性能はそなえていませんが、安定感のあるスペックでライトユーザーにオススメの端末です。

  • エントリーモデルで低価格
  • 5.7インチディスプレイ
  • トリプルスロットDSDS対応
  • 使いやすさ+指紋認証

価格も安いので、お試しとして使ってみるのもいいかもしれませんね。

エントリーモデルで低価格、手軽に使えるモトローラ

モトローラといえば、他のメーカーのデザインを真似しない独自のブランド性があります。

ほなみ

しかしながら価格競争の中では一歩遅れを取っていました

この度、モトローラは若い世代にもユーザーを増やすべく、2万円以下となるエントリーモデルを充実のスペックで発売したのです。

前モデルのmoto e4までは上位機種と違い「レノボ」製でしたが、Moto E5はモトローラ本社サンフランシスコで開発、チップセットも上位機種と同じく「Snapdragonシリーズ」に刷新されました。

Moto E5の印象はとにかくコスパが優れていることです

ゆうま

数日は充電が持つような大容量バッテリーに、スマホでは十分といえるカメラ性能、そして素早い指紋認証などと価格を上回る機能を持っているといえるでしょう。

モトローラ特有の美しいデザイン

そして何よりモトローラブランドのデザイン性です。

スポーティでトラディッショナルなMoto E5の雰囲気は欧州の自動車ブランドを感じさせます。

そのモトローラのスマホを2万円以下という価格帯に設定したのがMoto E5です。

5.7インチディスプレイだけど大きさを感じさせない

Moto E5のデザインの特徴として「大きく見えるけれど、手にするとさほど気にならない」ということがあげられます。

そのため5.7インチディスプレイという比較的大きいクラスの画面を持っている割に大きさを感じさせません。

そして今、Moto E5が流行りの18:9液晶を採用したこともうれしい情報です。

ほとんどのスマホが16:9を採用する中、18:9画面はワイド感があるため見やすく、多くの文字を一度に目視することができます

かしわ

18:9画面はシネマサイズともいわれ、映画を鑑賞するのに最も適している比率です。

解像度に関しては「1440×720」「283ppi」とやや低めになっていますが、その点について気になるといった声は特にあがっていません。

むしろ「電子コンパス」がMoto E5に搭載されていないことに不便さを感じるという口コミが気になりますので見ておきましょう。

この商品の最大の欠点は、「電子コンパスが搭載されていない」ことです。
具体的には、Google mapを開いたときにGPSで地図上の位置は表示されますが電子コンパスがないので目的地の方位を知ることができません。

このためせっかくmapがあってもどの方向に歩き出せばいいのかわからず建物名などを手がかりに方角を探さなければならず非常に不便です。
出張等でGoogle mapをよく使用される方は選定時に考慮されたほうがよいかと思います。

Moto E5レビュー|価格.com

トリプルスロットDSDS対応でキャリアを使い分けられる

DSDSとは「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」のことです。

ほなみ

要するに2枚のSIMが同時に使えるので、通話とデータ通信の契約を分けてお得に使うことができます
例えば、通話はドコモなどのキャリアの「カケホーダイプラン」や「FOMAバリュープラン」などの安い通話契約にして、ネット閲覧などのデータ通信は格安SIMを利用することが可能です

かしわ

DSDSが利用できるスマホはまだまだ少ない中、Moto E5はしっかりとトリプルスロットに対応しています。

ドコモなどのキャリアのスロット、格安SIMのスロット、そしてmicro SDカードスロットと効率的な利用ができるスマホを積極的に発売するのがモトローラ社というわけです。

直感的な使いやすさ+指紋認証はMoto E5ならでは

Moto E5のインターフェースはとにかく直感的な操作性に優れています。

余計なアプリがプリインストールされていないということもありますが、とても見やすく、スマホなどの操作が苦手だという人にも向いているでしょう。

そして指紋認証が採用されているスマホでは、一番価格が安いことで選ぶという人も少なくありません。

まさしくモトローラのエントリーモデルとしてMoto E5はその役割を担っているのです

かしわ

Moto Eシリーズを手にして、使いやすさに満足し、その後に上位機種へと移行する人も多いと言われています。

Moto E5の性能

Moto E5の内蔵メモリはRAM2GB /ROM 16GBとなっています。
スマホの快適な動作に必要なメモリは2GBといわれていますので、普通に日常づかいをするには不便はないでしょう。

少し心もとない保存領域
しかし注意しておきたいのは、アプリを多用する人です。

最近では銀行振込やポイントなどでもアプリが増えてきましたので、ROM 16GBでは、ちょっと物足らないと感じるかも知れません。

コストパフォーマンスに優れたMoto E5ですが、ROM16GBに関しては決していいわけではないようです。

ただし、もともとデフォルトで入っているアプリが少ないことが口コミからわかりますので見てみましょう。

えみ

他機種の16GBよりは使えるかも!

メモリは2Gですが、サクサク動きます。
HUAWEI機やASUS機のように変にカスタマイズしてないので使いやすいです。
アプリもほとんど入ってません。

グーグル関連のアプリとmotoアプリぐらいです。
nova lite 2と比較してもレスポンスは遜色ありません。

Moto E5レビュー|価格.com

サブ機で使用していたzenfone3 maxからの変更です。
販売時の価格やSPECなど似たような所も多々有りますが、e5の方が快適です。

恐らくmediatekチップとzenfone用のcustom OSが足を引っ張っているようで、モッサリ気味で同じ2g ramでもレスポンスは大分異なります。
あまり注目されませんがStorage速度もe5の方が少々高速です。

今となってはただのロースペックモデルですが、ブラウジングやメッセアプリ等がメインの使い方なら特に不満は無いかと思います。

Moto E5レビュー|価格.com

Moto E5のバッテリー性能

Moto E5のバッテリー容量は4000mAhの大容量になっています。
通常3000mAhあれば十分大容量と言われるところ、4000mAhあるのですから非の打ちどころがないレベルです。

画面の輝度を落としたり、音量を下げたりとスマホのバッテリー節約では苦労をしている人も多いといいますから、ありがたいスペックといえます。

ではMoto E5のバッテリー容量についてユーザーがどのような感覚を持っているのかこちらも口コミから見てみたいと思います。

これはかなり持続します。待受け、使用時ともにかなりもちます。
朝7時頃97%、昼休み25分くらいヤフーニュース、ヤフーファイナンス閲覧で95%、午後3時ごろ10分位ヤフーニュース閲覧、午後6時頃帰宅時93%。

(追記:次の日の朝7時頃91%、昼ごろヤフーニュース、ヤフーファイナンス閲覧で87%、3日目の朝7時頃83%)
 特に省エネ設定はしてません。

バッテリーの持ちは素晴らしいの一言。さすがに大容量のバッテリーを体感出来ます。
私の使い方なら1週間くらいは持続しそうです。

Moto E5レビュー|価格.com

バッテリー駆動時間重視でサブ端末をお探しの方にはもってこいですし、軽めの用途ならメイン端末でも十分使える範囲かと思います。

価格的に毎年買い替えても破損しても惜しくない価格なので利用環境が定まっている方には良いデバイスではないでしょうか?

Moto E5レビュー|価格.com

Moto E5のカメラ性能

Moto E5のカメラレンズはメインカメラが1,300万画素、F2.2。

インカメラが500万画素、F2.2です。

現在のスマホの中では平均的なクラスに属していて、「可もナシ不可もナシ」といったところになります。

LEDフラッシュ搭載など、便利な機能つき

しかしインカメラ側にもLEDフラッシュがついているというのは、この価格ではめずらしいです。

またフルオートとマニュアルでの撮影が切り替えられるようになっているのも、お値段以上の機能になります。

そして便利なのがバーコードやQRコードにカメラを向けるだけで自動読み取りモードになる機能です。
そのままグーグルで商品検索ができ、価格比較をする際にも役立ちます。

では、Moto E5のカメラ性能についてもいくつかコメントがありましたので確認してみましょう。

シングルカメラでこれと言って優れてる感じはありませんがSNSやメモ程度なら問題はありません

Moto E5レビュー|価格.com

zenfone3 maxのカメラはオートフォーカスが使い物にならない程遅いですが、コチラは結構早く動作します。

顔認識も付いてなかなか使いやすいですね。
画質に関しては特に拘りが無いのでノーコメントで!

Moto E5レビュー|価格.com

画面ではややボケぎみにみえますが撮れている画像は普通です。

Moto E5レビュー|価格.com

Moto E5を取り扱うMVNO

※記載の価格は税抜き価格です。

取り扱いMVNO価格
楽天モバイル16,800円
IIJ mio(みおふぉん)18,800円
LINE MOBILE(ラインモバイル)17,760円
DMM mobile(DMMモバイル)18,500円
NifMO(ニフモ)17,778円
nuro mobile(ニューロモバイル)18,000円
BIG LOBE(ビッグローブモバイル)17,760円

Moto E5をセット購入するなら楽天モバイルがオススメ!

楽天モバイルではMoto E5をとっても安く手に入れることができます。

それに加えて、楽天モバイルは長く使っていける格安SIMです。

プランの種類も豊富で、回線もauとドコモの2種類から選ぶことができるので、そのときの状況に応じてかなり柔軟に使うことができるでしょう。

他社MVNOにはない「スーパーホーダイ」というプランも個性的で、速度制限がかかっても最大1Mbpsの速度で通信ができるという驚きのシステムになっています。

また、楽天モバイルというだけあって楽天サービスとの連携も抜群です。

楽天ポイントが貯まりやすくなる嬉しい特典も。

自分にあったプランを選んで、よりお得に、より快適にスマホを使いましょう!