【2018年11月】通信速度比較結果!

格安SIMでテザリングするならチェックすべき2個のポイント&おすすめMVNO

格安SIMでテザリングを使うには?

この記事で分かること
  • テザリングを格安SIMで使うための条件・見分け方
  • 格安SIMでテザリングを使うときの注意点
  • テザリングを使うなら?おすすめの格安SIM

テザリングはスマホを経由してタブレットやパソコン、ゲーム機などをインターネットに接続する機能です。

テザリングの説明画像

このテザリングですが、ドコモやauといった大手キャリアだけでなく格安SIMでも使えます
むしろオプション料がかかることがある大手キャリアと比べると、無料で使える分だけ格安SIMでテザリングを使うほうがお得です。

この記事では、

  • 格安SIMでテザリングを使いたい!
  • テザリングを使うときに注意した方がいいポイントは?
  • お得にテザリングが使える格安SIMを知りたい!

といった要望や疑問を解消するための方法が詰まっています。

この記事を読めばお得にテザリングを使う方法がバッチリ分かるようになりますよ。

なお、iPhoneでテザリングを利用する人は「格安SIMでiPhoneをテザリングするための条件」の記事も参考にしてください。
iPhoneを格安SIMでテザリングする方法【iPhone】格安SIMでテザリングするための条件は?au/ソフトバンク/ドコモ回線のMVNO

格安SIMでテザリングを使うためのチェックポイント

格安SIMでテザリングを使いたいなら以下の2つのポイントをチェックしましょう。

  • MVNOで公式に動作確認されているか?
  • テザリングができない組み合わせではないか?

MVNOの動作確認をチェック

各MVNOでは自社のSIMカードが利用できるか、独自に動作確認を行っています。
音声通話やデータ通信の可否はもちろん、テザリングについても確認していることがほとんどです。

事前に各MVNOの公式サイトの動作確認一覧ページから、自分のスマホでテザリングが利用できるかどうかをチェックしましょう。

テザリングがほぼ不可能な組み合わせ

テザリングNGの組み合わせ

テザリングは端末側が対応していれば基本的にどの格安SIMでも使えますが、以下の組み合わせの場合はテザリングができません。

注意!
「2016年春以前発売のドコモのAndroid端末」と「ドコモ回線の格安SIM」

ドコモの端末のうち、2016年春以前に発売されたAndroid端末でドコモ回線を使う場合はテザリングができません

端末によっては2016年春以前に発売されたものでもテザリングできたり、逆にそれ以降に発売されたのにできなかったりするので、MVNOの動作確認をしっかりチェックしましょう。

テザリング不可の端末をテザリングできるようにする裏技

テザリングできるようになるかもしれないウラ技!※非公式のためリスクあり

テザリングを利用するには端末側がテザリングに対応している必要があります。
しかし非公式ですが、テザリング不可の端末でもテザリングできるようにする裏技もあります。

  1. テザリングできるようにするアプリを使う
  2. Android端末をroot化する

テザリングを可能にするアプリ

1つ目の方法はテザリングできるようにしてくれるアプリを使うことです。
アプリはストアからダウンロードするだけで使えるので簡単です。

テザリングを可能にするアプリはいくつかありますが、「TetherSetting」と「Easy Tether Lite (No root)」の2つのアプリがおすすめです。

※テザリングができるようになるとは限りません。端末やMVNOの相性によります。

TetherSetting - 無料のテザリングアプリ -

TetherSetting – 無料のテザリングアプリ –

noboruposted withアプリーチ

Easy Tether Lite (No root)

Easy Tether Lite (No root)

Mobile Streamposted withアプリーチ

root化は故障の原因に…

2つ目の方法は端末を「root化」することです。
root化は簡単に言ってしまうとAndroid端末を改造し、普段は使えない機能を無理やり使うことです。
素人には難しいですし、端末が壊れて使えなくなる恐れがあります。

非公式のためテザリングできないことも多い
アプリもroot化の方法も非公式であり、確実にテザリングができるようになるわけではありません。

最近発売されている端末はいずれもテザリングに対応しています。
テザリング非対応の古い端末を使っているなら、素直にテザリング対応の新しいスマホを買うのも良いでしょう。

格安SIMでのテザリングの注意点

格安SIMでテザリングをするときは注意したい点が2つあります。

  • 通信速度が遅め
  • データ通信量の多いプランを選ぶ

一般的に、格安SIMは大手キャリアよりも速度が遅いです。
スマホを普通に使う分には問題なくても、テザリングでゲームをしたり、パソコンでPC向けサイトを開いたりする場合は速度が遅くてストレスが溜まるかもしれません。

また、テザリングを利用するならなるべくデータ通信量が多いプランを選びましょう。
ゲーム機やパソコンはスマホよりデータ通信量の消費が激しいです。

格安SIMはデータ通信量で料金プランが決まります。
価格を抑えたいからと言って低容量のプランを契約すると、テザリングであっという間に使い切ってしまう恐れがあるので気を付けましょう。

テザリングにおすすめのMVNO

おすすめの格安SIM3選!IIJmio、BIGLOBEモバイル、UQモバイル

基本的に端末側が対応していればどの格安SIMでもテザリングは可能です。
そのためどの格安SIM選んでも良いのですが、テザリング目的で利用するなら以下の3つのMVNOがとくにおすすめです。

  • 大容量プランなら「IIJmio」
  • YouTubeを見るなら「BIGLOBEモバイル」
  • 速度重視なら「UQモバイル」

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

IIJmio:大容量プランがおすすめ

IIJ mio(みおふぉん)
  • 大容量オプションがお得!
  • au回線とドコモ回線のマルチキャリア
  • 比較的安定した速度でテザリングできる

IIJmioでは毎月20GBもしくは30GBのデータ通信量を追加する「大容量オプション」が利用できます。

20GBオプションは月額3,100円、30GBオプションは月額5,000円で利用可能です。
12GBのファミリーシェアプランと組み合わせて32GBなら6,360円、42GBなら8,260円で利用でき、大手キャリアや他の格安SIMの大容量プランよりお得です。

IIJmioはau回線とドコモ回線のマルチキャリアになっています。
端末に合わせて回線を選べるので便利ですね。
ただしau回線はiPhoneでテザリングができないので気を付けましょう。

通信速度は特別速いわけではありませんが安定しており、遅い時間帯でもまったく使えないということはないでしょう。
一時的な速さより安定性を重視したい人におすすめです。

↓IIJmioの動作確認からテザリング可能な端末を確認できます。
参考 動作確認端末 | IIJmio


BIGLOBEモバイル:YouTube見放題!

BIG LOBE(ビッグローブモバイル)
  • YouTubeのカウントフリーはテザリングにも適用
  • 最大30GBのプランが使える
  • 通信速度が比較的安定している

BIGLOBEモバイルはYouTubeやApple Musicといった動画・音楽サービスが使い放題になる「エンタメフリー・オプション(月額480円)」が魅力です。
このエンタメフリー・オプションですが、テザリングを利用した際にもちゃんと適用されます

YouTubeをタブレットで見たい場合や複数の端末で見たい場合に便利ですね。

BIGLOBEモバイルでは最大30GBの大容量プランも用意されているので、エンタメフリー・オプション対象外のサービスもたくさん使いたいという人にも向いています。

通信速度も比較的安定しており、どの時間帯でも使いやすいです。

BIGLOBEモバイルもドコモ回線とau回線の両方に対応していますが、iPhoneをau回線で使うとテザリングができないことが多いです。
iPhoneでテザリングを使いたいならドコモ回線を選びましょう。

↓BIGLOBEモバイルの動作確認からテザリング可能な端末を確認できます。
参考 動作確認端末|格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル


UQモバイル:速度重視におすすめ

UQ mobile(ユーキューモバイル)
  • 通信速度が非常に速く安定している
  • 旧機種限定だがau系格安SIMなのにiPhoneのテザリングができる
  • データ無制限プランならデータ通信量を気にせずテザリング可能

UQモバイルの魅力はなんといっても通信速度の速さでしょう。
速度が非常に安定しており、平日のお昼など他の格安SIMでは速度が低下する時間帯も大手キャリア並みの速度がでます。

通信速度を重視するならまずUQモバイルを検討したいですね。

iPhone 7/7 Plusより古い機種限定ですが、au回線の格安SIMでありながらテザリングができます
iPhoneでテザリングをしたい人には朗報です。

低速でデータ無制限のプランも

また、UQモバイルと言えばおしゃべりプラン/ぴったりプランが一般的ですが、テザリング目的なら「データ無制限プラン」もおすすめです。

データ無制限プランでは最大通信速度が500kbpsに制限される代わりに、データ通信を無制限に使えます。
他のプランよりは遅いものの、メールやブラウジングなど普段使いなら全く問題ありません。

動画視聴やゲームをしないビジネス用途に向いています。

↓UQモバイルの動作確認からテザリング可能な端末を確認できます。
参考 動作確認端末一覧|UQmobile

テザリングの接続方法の種類

テザリングを接続する方法!Wi-Fi、Bluetooth、USBで接続可能

テザリングの接続方法には大きく分けて「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」の3つあります。
それぞれの違いを表にまとめてみました。

接続方法 通信速度 バッテリー消費 汎用性
Wi-Fi
Bluetooth
USB ×

※汎用性は「利用できる機器の多さ」「同時に接続できる機器の数」など使いやすさで評価。

Wi-Fi接続は簡単だけど充電の持ちが悪い

Wi-Fi接続はもっともポピュラーな方法で一般的に「テザリング」と言えばこの方法を指します。
接続する側はWi-Fiに接続するのと同じ感覚で使えるのでとにかく手軽に使えます。

複数台接続できますし、Wi-Fiに対応してさえいればどんな端末でも使えるので汎用性も高いです。
ただし他の方法と比べるとバッテリー消費が多いのが難点です。

Bluetooth接続は長時間利用におすすめ

Bluetooth接続はBluetooth機能を使って接続する方法です。
Wi-Fi接続と比べるとバッテリー消費が少ないのがメリットで、できるだけ長時間テザリングを使いたい人に向いています。

通信速度はWi-Fi接続と比べると遅いです。
また、同時接続できるのは1台だけですし、Bluetoothに対応していないと使えないので、汎用性もやや劣ります。

USB接続は安定性が高いがケーブル必須

USBはUSBケーブルでスマホと機器を直接つなぐテザリング方法です。
直接つなぐので通信速度が最も早く、安定します。
しかもスマホのバッテリーを充電しながら使えるので、電池切れの心配もいりません。

当然ですが、USB接続の場合はUSBケーブルが必要なので、ケーブルを持ち運ぶのが面倒というデメリットがあります。
また、USB端子がないと使えないですし複数接続もできないため、汎用性は低いです。

Androidのテザリングの設定手順

androidでテザリングするには?Wi-Fi、Bluetooth、USBの接続をAQUOS sense plusで解説

Androidスマホのテザリングの設定手順を見ていきましょう。
ただしAndroidは機種によって設定方法が大きく異なるので、詳しくは取扱説明書も参考にしてください。

ここではシャープ製のSIMフリースマホ「AQUOS sense plus」を例に説明します。

まず「設定」アプリを起動し「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」の順にタップします。

ここからはどのテザリング方法を利用するかで手順が異なります。

Wi-Fi接続の設定手順

「アクセスポイントとテザリング」の中の「Wi-Fiテザリング」をタップします。

これでWi-Fiテザリング機能が有効になります。
あとは接続したい端末から通常のWi-Fiを利用するときと同じ方法で接続します。

ネットワーク名やパスワードを変えたい場合は「Wi-Fiテザリングを設定」をタップすれば変更できます。

Bluetooth接続の設定手順

Bluetooth接続をする場合、はじめに端末同士をペアリングしておく必要があります。

両方の端末でBluetooth通信をオンにします。
続いて、テザリングをする側(この例ではAQUOS sense plus)から相手の端末を探し、ペアリングします。

その後、「アクセスポイントとテザリング」の中の「Bleutoothテザリング」をタップします。

これでBluetoothテザリングが有効になります。
設定でBluetooth通信をオフにしている場合も自動でオンになります。

USB接続の設定手順

USB接続をする場合、まずUSBケーブルでスマホとテザリングを利用したい機器を接続します。

あとはさきほどの「アクセスポイントとテザリング」の中にある「USBテザリング」をタップすれば有効になります。

USBケーブルを持ち運ぶ必要はありますが、接続するのはもっとも簡単ですね。

XperiaならXperia Linkも使える

エクスペリアリンクの公式画像

SONYのXperiaを使っている場合、「Xperia Link」という機能が使えます。

Xperia LinkはBluetoothを使い、SONYのタブレットやノートパソコンからXperiaのテザリングのON/OFFを切り替えられる機能です。
テザリングを使う際にわざわざスマホを取り出して設定をしなくて済むので便利です。

この機能はスマホ・タブレットの両方がSONY製品の場合のみ利用できます。
スマホもタブレットもSONY製という人はぜひ活用しましょう。

ただしAndroid 8.0以降を搭載した新しい機種では利用ができません
そもそもソニー製のタブレット自体2015年以降は発売されていません。

ほなみ

アプリの更新も2016年からストップしていますし、今後は使えなくなるかもしれませんね…

海外でもテザリングはできる?

海外でのテザリングは海外のSIMが必要

テザリングを国内だけでなく海外でも使いたいという人は多いと思います。

結論から言うと、海外でもテザリングは可能です
端末の設定方法なども国内で利用する場合と同じです。

ただし格安SIMの国際ローミングはデータ通信が使えないので、海外でテザリングをする場合は現地のSIMや海外用プリペイドSIMを使う必要があります

格安SIMならテザリングもお得!

以上、格安SIMでテザリングを利用する際のチェック事項や注意点をまとめました。

格安SIMでもテザリングは普通に利用できます。
それどころかオプション料は一切かかりませんし、もともとの月額料金も安いので、大手キャリアより安くテザリングが使えます。

ただし、通信速度の遅さやSIMロックによる制限、さらに端末と回線の組み合わせによってはテザリングができないなど、大手キャリアにはない注意点もあります。

ほなみ

格安SIMでお得にテザリングを利用したいという人は、今回紹介したチェック項目や注意点をぜひ参考にしてくださいね!