【2018年11月】通信速度比較結果!

格安SIMでSIMフリーiPhoneを購入する方法はある?中古、価格、設定、テザリングなど

SIMフリーiPhoneの購入方法

この記事で分かること
  • SIMフリーiPhoneとは何か
  • SIMフリースマホのメリット・デメリット
  • SIMフリーiPhoneの入手方法

SIMフリーiPhoneはキャリアの制限が一切ないiPhoneのことです。
回線の種類を気にすることなく使えるので、iPhoneで格安SIMを使うならSIMフリーiPhoneを選ぶのがおすすめです。

ただ、大手キャリアを使っているとなかなかSIMフリーのiPhoneに触れる機会がないと思います。
大手キャリアのiPhoneと何が違うのか、どのように購入するのか、といった疑問を持っている人も多いでしょう。

この記事では、

  • SIMフリーiPhoneってそもそも何ができるの?機能に差はある?
  • 格安SIMでSIMフリースマホって購入できる?
  • SIMフリーiPhoneで格安SIMを使いたいけど、使い方が分からない

といったSIMフリーiPhoneの疑問に答えつつ、SIMフリーiPhoneと大手キャリア版iPhoneの違いや、SIMフリーiPhoneの購入方法をまとめました。

この記事を読めばSIMフリーiPhoneを入手して格安SIMを使う方法が分かります

かしわ

SIMフリーiPhoneとは?

SIMフリーiPhoneとは利用できるキャリアを制限する「SIMロック」がかかっていないiPhoneのことです。

ドコモ・au・ソフトバンクなど大手キャリアから購入するiPhoneにはSIMロックがかかっており、他のキャリアのSIMカードが使えなくなっています。

SIMロック解除とは?図解

例えばドコモのiPhoneにはドコモのSIMロックがかかっており、auやソフトバンクのSIMカードが利用できません

かしわ

一方、SIMフリーiPhoneはSIMロックがかかっていないので、回線を気にせず使えるのがメリットです。
あとからSIMロックがかかることもありません。

SIMフリーiPhoneにデメリットはある?

SIMフリーiPhoneのデメリットは無し!

使える機能は大手キャリアのiPhoneとまったく同じなので、機能的には大手キャリアに劣る点は1つもありません

強いてデメリットを上げるなら、中古品の価格が割高なことでしょうか。
どの回線の格安SIMでも使える、つまり利便性が高いのでキャリア版のiPhoneより中古の価格が高いです

かしわ

ほなみ

価格以外にSIMフリー端末のデメリットは無いんですか?
無いです。
格安SIMでiPhoneを使う場合は回線を気にしなくて済むSIMフリーiPhoneを選ぶのがおすすめです

かしわ

大手キャリアのiPhoneもSIMフリー化することが可能

大手キャリアから購入したiPhoneはSIMロック解除できる

大手キャリアのiPhoneもSIMロックを無効にする「SIMロック解除」をすることで、SIMフリー状態にすることが可能です。

最初からSIMロックがかかっていないSIMフリーiPhoneとは厳密には違いますが、機能的には同じです。

大手キャリアでiPhoneを使っていてSIMロック解除の条件を満たしている場合は、SIMロックを解除したiPhoneを格安SIMで使うと良いでしょう

かしわ

ほなみ

SIMロック解除については「SIMロック解除とは?手続き方法、解除条件、メリット・デメリットを解説!」で詳しく解説しています

格安SIMでSIMフリーiPhoneを購入する方法

結論から言うと、原則として格安SIMでSIMフリーiPhoneを購入する方法はありません
大手キャリア・格安SIM問わず、携帯通信会社から購入するとSIMロックがかかってしまうからです。

えみ

えーっ、SIMフリーiPhoneは格安SIMでセット購入できないの?!
はい。一部の格安SIMで海外版など特殊なSIMフリーiPhoneを購入できる場合もありますが、基本的には購入できません

かしわ

えみ

じゃあSIMフリーiPhoneは手に入らないの…?
セット購入は無理ですが、他の方法でSIMフリーiPhoneを購入することはできますよ。
SIMフリーiPhoneを入手する方法を解説しますね

かしわ

SIMフリーiPhoneの入手方法

SIMフリーiPhoneを入手する方法は大きく分けて3つあります。

  • 格安SIMでセット購入後、SIMロックを解除
  • AppleストアからSIMフリーiPhoneを購入して格安SIMを挿す
  • 中古のSIMフリースマホを購入して格安SIMを挿す

各入手方法の特徴・注意点を簡単にまとめました。

購入方法 特徴・注意点
格安SIMでセット購入
  • 契約後にSIMロック解除の手続きをしないといけない
  • キャンペーンで安く購入できることもある
  • 旧モデルのiPhoneしか購入できない
Appleストアで購入
  • 特別な手続きがいらず、もっとも簡単
  • 最新モデルも購入できる
  • 定価で購入するので本体価格は高め
中古で購入
  • 一番安く購入できる
  • バッテリーなどが劣化している
  • 大手キャリアの赤ロムを買わないように気を付ける

基本的にはAppleストアで購入するのがもっともおすすめです。

ただしAppleストアは本体価格が高めなので、安くiPhoneを手に入れたいなら中古も良いでしょう。

また、利用する格安SIMでiPhoneを取り扱っている場合はセット購入も検討できます。

それぞれの購入方法について詳しく見ていきましょう。

①格安SIMでセット購入後、SIMロックを解除

格安SIMでセット購入後、SIMロックを解除しSIMフリー化

まずは格安SIMでセット購入後、SIMロックを解除するという方法です。
厳密にはSIMフリーiPhoneではないものの、SIMロック解除後はSIMフリーiPhoneとして利用できます。

主要な格安SIMのうち、正規のiPhoneを購入できるのは以下の4つです。

SIMロック解除の条件

SIMロック解除をするための条件は細かい点で違いがあるものの、各社ともおおむね以下の通りです。

  • その格安SIMで購入したiPhoneであること
  • 購入から101日目以降であること
  • 一括購入の場合は即日解除が可能
  • すでに解約している場合は解約後から100日以内であること

詳しいSIMロック解除の条件ややり方などは「SIMロック解除とは?手続き方法、解除条件、メリット・デメリットを解説!」で解説しています。

メリット・デメリット

格安SIMでセット購入後、SIMロックを解除するという方法はやはり時間と手間がかかるのがデメリットです。
とくに分割購入の場合は解除できるまで100日以上かかります

最新iPhoneは購入不可
また、格安SIMで扱われているiPhoneはiPhone SEやiPhone 6sといった古いモデルです。
最新モデルを取り扱っているところはありません。
最新のiPhoneを使いたい場合は後述するAppleストアか中古で購入しましょう。

メリットとしては、キャンペーンを利用することで安く手に入る可能性があります
普通に購入するとそこまでお得ではないので、セット購入する場合はキャンペーンを利用できないか検討しましょう。

iPhoneをセット購入できる格安SIMについては「iPhoneをセット購入できる格安SIM比較」の記事も参考にしてください。
iPhoneをセット購入できる格安SIM比較!最新機種を選べる?おすすめMVNOiPhoneをセット購入できる格安SIM比較!最新機種を選べる?おすすめMVNO

一部の格安SIMではSIMフリーiPhoneをセット購入できる

海外版iPhone(CPO)ならSIMフリーでセット購入できる

格安SIMでiPhoneを購入するとSIMロックがかかってしまうということでしたが、実は一部の格安SIMではSIMフリーのままのiPhoneをセット購入できます。

ただし、それらの格安SIMで取り扱っているiPhoneは「海外版のCPO(メーカー認定整備品)」です。
CPOとは初期不良などで返品されたiPhoneを再整備した製品のことを言います。

未使用品ではありますが、一度開封されているので新品というより新古品に近いです。

CPO のiPhone注意点

CPOのほとんどは海外版のiPhoneです。
日本語に対応していますし基本的な部分は日本版とまったく同じですが、マニュアルが英語版であったり、インストールされているアプリが違ったりすることがあります。

また、CPOはAppleから直接供給を受けているわけではないため、在庫が安定しないのもデメリットです。
入荷しても即売り切れになることが多いので、購入する場合はなるべく早く手続きをしましょう。

SIMフリーiPhoneを購入できる格安SIM

海外版のSIMフリーiPhoneが購入できる代表的な格安SIMは「mineo(マイネオ)」や「楽天モバイル」です。

ただし基本的に在庫限りなので、現在取り扱っているかどうかは公式サイトを確認してくださいね。

かしわ


②AppleストアからSIMフリーiPhoneを購入して格安SIMを挿す

AppleストアからiPhoneを購入 ※写真はApple公式サイトの新宿店

確実にSIMフリーiPhoneを手に入れる方法がAppleストアから購入する方法です。
最初からSIMフリーなので解除の手続きが要らず、一番手っ取り早いです。

また、格安SIMとのセットと違って最新のiPhoneも購入できます
2018年10月現在、Appleストアで購入できるiPhoneと販売価格は以下の通りです。

価格はすべて税抜きです。
Appleストアでは分割払いの正式な料金は掲示されていないので、オリコの分割シミュレーションを利用した価格を掲載しています。

機種名 容量 一括購入 分割購入(24回)
iPhone 7 32GB 50,800円 2,200円(初回2,887円)
128GB 61,800円 2,700円(初回2,969円)
iPhone 7 Plus 32GB 64,800円 2,800円(初回3,827円)
128GB 75,800円 3,300円(初回3,909円)
iPhone 8 64GB 67,800円 2,900円(初回4,686円)
256GB 84,800円 3,700円(初回4,185円)
iPhone 8 Plus 64GB 78,800円 3,400円(初回4,768円)
256GB 95,800円 4,200円(初回4,267円)
iPhone XR 64GB 84,800円 3,700円(初回4,185円)
128GB 90,800円 3,900円(初回5,903円)
256GB 101,800円 4,400円(初回5,985円)
iPhone XS 64GB 112,800円 4,900円(初回6,067円)
256GB 129,800円 5,600円(初回7,866円)
512GB 152,800円 6,700円(初回6,783円)
iPhnoe XS Max 64GB 124,800円 5,400円(初回7,201円)
256GB 141,800円 6,200円(初回6,701円)
512GB 164,800円 7,200円(初回7,917円)

※別途分割手数料がかかります

Appleストアで購入するデメリット

Appleストアで購入すると端末代が高額なのがデメリットです。
端末代割引などのキャンペーンは行っていないため、定価で購入しないといけません。

例えば最新モデルで言えばもっとも高いiPhone XS Max(512GB)だと164,800円もしますし、一番廉価なiPhone XR(64GB)でも84,800円と高額です。

かしわ

ほなみ

分割払いや端末の下取りを利用したり、工夫が必要ですね。。
旧モデルの購入がおすすめ

旧モデルであるiPhone 7と8は値下げされてかなり手ごろな価格で購入できます。
古いといっても普通に使う分には十分なスペックですし、格安SIMでの取り扱いはありません。
最新モデルにこだわらないならiPhone 7やiPhone 8もおすすめです。


③中古のSIMフリースマホを購入して格安SIMを挿す

中古のSIMフリーiPhoneは安いが注意点も多い

とにかく安くiPhoneを使いたい場合は中古のSIMフリースマホを購入しましょう。
中古品なら新品より安いですし、5sや6など、販売が終了している古い機種を購入することも可能です。

中古のSIMフリーiPhone注意点

中古品は誰かがすでに使用していたものなので、購入した時点でバッテリーなどが劣化していることがあります
いくら安いとは言え、あまりにも状態の悪いものは避けましょう。

また、SIMロック解除した中古の大手キャリア版iPhoneも良いでしょう。
厳密にはSIMフリーではないですが機能的には差がありません。

元キャリア版の中古iPhoneは赤ロムに注意!
大手キャリア版だとネットワーク利用制限がかかった「赤ロム」であることがあります。
赤ロムだと格安SIMを挿してもデータ通信も音声通話も利用できません。
必ず赤ロムでない端末を購入するようにしましょう。

中古iPhoneは購入時に確認するポイントがいろいろあるので、詳しくは「中古スマホの失敗しない選び方」の記事も参考にしてください。
失敗しない中古スマホ購入のポイント中古スマホの注意点から格安SIMでの使い方まで解説!失敗しない選び方


SIMフリーiPhoneの使い方

SIMフリーiPhone 格安SIMの設定手順

SIMフリーiPhoneで格安SIMを使うには「APN設定」が必要です。

APN設定をすることで、格安SIMによる音声通話やデータ通信が利用可能になります。

かしわ

あまり聞きなれない言葉なので難しく感じるかもしれませんが、iPhoneのAPN設定は「APN構成プロファイル」という専用ファイルをインストールするだけなので簡単です。

iPhoneにSIMカードを挿したらWi-Fiに接続し、Safariを起動します。

「格安SIM名 構成プロファイル」と調べると格安SIMの構成プロファイルダウンロードページにアクセスできます。

あとは画面の指示に従って構成プロファイルをインストールすればSIMフリーiPhoneを使う準備は完了です。

画像付きのAPN設定方法は「【画像で解説】OCNモバイルONEの初期設定(APN設定)の方法」で解説しています。
上記はOCNモバイルONEの記事ですが、基本的にどの格安SIMも手順は同じです。

SIMフリーiPhoneは格安SIMでもテザリング可能

前までau回線の格安SIMではiPhoneのテザリングを利用できませんでした。
しかし2018年11月以降、回線提供元のauが制限を解除したため、どの回線でもテザリングが使えようになりました。

ほなみ

回線を気にせず自由に格安SIMを選べるようになったんですね!
格安SIMによってテザリングの条件は変わってくるので、各公式サイトで動作確認ページをしっかりチェックしてくださいね

かしわ

iPhoneのテザリング条件などは「【iPhone】格安SIMでテザリングするための条件は?」で詳しく解説しています。

格安SIMで使うならSIMフリーiPhoneがおすすめ

今回はSIMフリーiPhoneのメリット・デメリットや購入方法について解説しました。

SIMフリーiPhoneはどの回線の格安SIMでも使えるのがメリットです。
大手キャリア版と比べてデメリットもないので、格安SIMでiPhoneを使うならSIMフリーiPhoneがおすすめです。

購入方法は3つありましたが、基本的にはAppleストアから購入する方法がおすすめです。
利用したい格安SIMでiPhoneが売っているならセット購入でも良いですし、少しでも安くしたいなら中古も検討しましょう。

iPhoneの乗り換え方法

iPhoneで格安SIMに乗り換えたい、と考えている人は乗り換え方法をまとめたこちらの記事を参考にしてください。
phone格安SIMでiPhoneを使用する方法!乗り換え手順・準備・設定など徹底解説

iPhoneにおすすめの格安SIM

また、iPhoneで格安SIMを使いたいけどどれにすれば良いか迷っている人はこちらの記事も参考にしてください。
【キャリア別】iPhoneで格安SIMに乗り換えるなら?おすすめのMVNO徹底比較!