【2018年11月】通信速度比較結果!

格安SIMのメールアドレスはどうなる?キャリアメール引継と新規取得方法

格安SIMでメールアドレスを使う方法

この記事で分かること
  • 格安SIMでメールアドレスをどうすればいいのか分かる
  • 格安SIMでキャリアメールを使う方法
  • フリーメールのデメリットと新規取得方法

スマホ代が大幅に安くなると話題の格安SIMですが、キャリアから乗り換える際には「メールアドレス」をどうするか?を考えておく必要があります。

大手キャリアでは当たり前のように使えた「キャリアメールアドレス」が、格安SIMでは原則使えないからです。

この記事では、

  • 格安SIMに乗り換えるとメアドはどうなるの?
  • 格安SIMでもキャリアメールを使いたい!
  • フリーメールって不便?どこのフリーメールを使えばいい?

といった悩みに解決方法を提示しつつ、格安SIMのメールアドレスについて基礎から解説。

この記事を読めば、格安SIMに乗り換えた後もキャリアメールを使い続ける方法や、キャリアメールの代わりとなるフリーメールの取得方法など、格安SIMでメールを使う方法が分かります。

格安SIMではキャリアメールが使えない

格安SIMで大手キャリアのメールアドレスは使用不可

大手キャリアではいずれもキャリアメールが利用できますよね。

キャリアメールは大手キャリアが契約者に提供するメールサービスです。例えばドコモなら「〇〇〇@docomo.ne.jp」、auなら「〇〇〇@au.com」「〇〇〇@ezweb.ne.jp」といったメールアドレスが契約者なら自由に使えます。

MEMO
このキャリア独自のドメイン(メールアドレス後半の@から後ろの文字列)が付いたメールアドレスのことをキャリアメールアドレスと呼びます。

キャリアメールアドレスは大手キャリアの契約と紐づいているため、大手キャリアのユーザーしか使えません。
つまり格安SIMに乗り換えてしまうと、キャリアメールは利用できなくなるのです。

SMSをキャリアメール換わりに使うのは難しい

キャリアメールに似たサービスとしてSMS(auならCメール)があります。

SMS(ショートメッセージサービス)は格安SIMでも使用可能で、電話番号を宛先にメッセージを送信するため、相手の番号さえ分かれば利用できる点もメリットです。

しかしSMSは短い文章を送ることに特化したサービスで、送信できる文字数には制限があります。
さらに画像などの添付ファイルも送信できません。
送信するごとに送信料もかかるため、メールの代わりとして使うのは難しいでしょう。

参考として下記に現時点(2018年6月現在)の、各キャリアのSMS送信最大文字数と送信料について紹介しておきます。

キャリア3社のSMS送信最大文字数と送信料

表中のキャリア名をクリックすると各社のSMS送信料に関するWEBページに移動できます。

ドコモ au ソフトバンク
最大送信文字数
(全角)
670文字 670文字 670文字
※iPhoneのみ
最大文字数
送信料金(税抜)
30円 30円 30円

文字数によって細かく料金が分けられていたり使用するスマホ端末やプランによってもSMSの利用料金は異なるため、詳細は各キャリアの公式サイトでご確認ください。

キャリアメールの代わりにフリーメールを使う

前述のように格安SIMではキャリアメールが利用できませんので、代わりに「フリーメール」を使うことが一般的です。

フリーメールはWebブラウザを利用する無料のメールサービスで、「Webメール」とも言います。
メールがWebサーバーに保存されるので、インターネットに繋がってさえいればどの端末からでもメールの送受信ができるのが特徴です。

フリーメールのメリットとデメリット

フリーメールの利点と欠点

キャリアメールの換わりとして利用できるフリーメールですが、キャリアメールにはないメリット・デメリットもあります。
フリーメールのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

フリーメールのメリット

フリーメールのメリットとしては以下のようなものがあります。

  • 複数の端末から内容を確認できる
  • 携帯会社を変えても使い続けられる
  • 無料で使える

キャリアメールはスマホ本体にメールを保存しますが、フリーメールはインターネット上のサーバーにメールが保存されます。

そのためフリーメールなら、アカウントにログインするだけでパソコンや別の端末でもメール確認や送受信が可能です。

フリーメールは携帯電話の契約とは関係がないので、キャリアやMVNOを乗り換えても引き続き利用可能という点も大きなメリットになるでしょう。

フリーメールのデメリット

メリットがある一方で、フリーメールには以下のようなデメリットも存在しています。

  • 信頼性が低い
  • 迷惑メールに分類されて相手に届かない場合がある

フリーメールは無料で誰でも使えるために信頼性が低く、ビジネスなどで使う場合は信用されにくいでしょう。
また一番大きな問題は、フリーメールからキャリアメールにはメールが届かない場合があることです。

キャリアメールには標準で「迷惑メールフィルタ」が設定されており、設定されていると基本的にはすべてのフリーメールが相手からブロックされてしまいます。

迷惑メールフィルタ設定の変更方法

もしフリーメールがキャリアメールを使っている人に届かない場合は、相手に迷惑メールフィルタの設定をフリーメールが届くように変更してもらう必要があります。

迷惑メールフィルタの設定は各キャリアによって異なります。
詳しくは以下のページを参考にしてください。

格安SIMでキャリアメールを維持する方法

格安SIMでキャリアメールを使う方法

キャリアから格安SIMに乗り換えると、原則としてキャリアメールは使えなくなることはお分かりいただけたと思います。

しかし格安SIMを使いながらキャリアメールもそのまま維持して、使い続ける方法もいくつかあります。
ここではそんな、キャリアメールと格安SIMを両立させる方法を紹介します。

キャリアメールアドレスを取得できるMVNOを選ぶ

MVNOの中にはキャリアメールアドレスを取得できるところもあります。
そういったMVNOを選べば、格安SIMにしてからもキャリアメールを利用可能です。

ほなみ

キャリアメールが使えるMVNOについては後述の「キャリアメールアドレスが取得できる格安SIM」で詳しく紹介しています。

ただし今のメールアドレスをそのまま維持できるわけではありません!
ドメイン(メールアドレスの@以降、ドコモなら「docomo.ne.jp」の部分)は変更になることも覚えておきましょう。

ガラケーとスマホの2台持ち

現在のキャリアメールアドレスを一切変えずに残しておきたい、という場合はガラケーとスマホの2台持ちをするのがおすすめです。

スマホで格安SIMを使いながら、ガラケーはキャリアメール専用機として残せば、格安SIMとキャリアメールを同時に使うことができます。

ちなみにスマホの2台持ちも可能ですが、それだと月額料金がかなり高くなります。キャリアの契約はキャリアメールを使うためと割り切ってガラケーにしたほうがお得です。

キャリアメール維持を目的にガラケーを持つのに必要な費用

キャリアメールを維持するためにガラケーを持つ場合、料金はいくらかかるのか、ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれの一番安いメールが使えるプラン料金を調べてみました。

表中のプラン名をクリックすると公式サイトの該当ページに移動できます。

ドコモ au ソフトバンク
プラン名 タイプシンプルバリュー+iモード プランEシンプル+EZ WINコース ホワイトプラン+S!ベーシックパック ※
月額基本料 月々1,043円
※ひとりでも割50加入時
月々1,043円 月々1,234円

※)ホワイトプランは2018年6月27日をもって受付終了になりました。

デュアルSIM対応スマホを使う(上級者向け)

ガラケーとスマホを2台持ちするのが面倒くさい、という場合はデュアルSIM対応スマホを使うという手もあります。

ほなみ

デュアルSIM対応スマホとは、2枚のSIMカードを挿すことができるスマホ端末のことです
例えばキャリアのSIMカードとMVNOの格安SIMを挿しておけば、通話はキャリアを使いネットはMVNOを利用するといった使い分けも可能になります

かしわ

 P20 liteのSIMカードスロット
写真は自前の「HUAWEI P20 lite」です。
デュアルスタンバイ対応ではありませんが、デュアルSIMスロットなのでSIMカードを2枚挿せます。

キャリアのSIMカードには音声通話がついてくるのでMVNOではデータ専用SIMを選べばコストも抑えられます!

デュアルSIM対応のスマホ端末に格安SIMとキャリアのSIMカードを挿すことで、1台のスマホで格安SIMとキャリアメールが同時に利用が可能です。

デュアルSIM対応スマホには大きく分けて「シングルスタンバイ」と「デュアルスタンバイ」という2つの種類があります。
キャリアメールを残すためにデュアルSIM対応スマホを使う場合は「デュアルスタンバイ」の端末を選ぶほうが無難でしょう。

シングルスタンバイの問題点

シングルスタンバイとデュアルスタンバイの違い

シングルスタンバイは、2枚SIMカードを入れておくことはできますが同時に2枚のSIMカードを利用することはできません

その時その時でどちらのSIMカードを利用するかを設定画面で選択する必要があります。
つまり、シングルスタンバイの端末を使って格安SIMでデータ通信をしているときはキャリアのSIMが利用不可状態になっているのです。

SIMカードの切り替えはワンタッチでいつでも簡単にできますが、キャリアのSIMを選択していない時に電話の着信などがあっても通知がなく、電話があったことにも気付くことができないので、電話通話をよく使う人はシングルスタンバイは避けたほうが良いでしょう。

電話の着信が少ない人や、電話自体あまり使わないという人、リアルタイム通知じゃなくても気にならないという人はシングルスタンバイ端末でもいいかもしれません。

また、IP電話の転送機能などを使えば電話着信をリアルタイムにすることはできるかもしれませんがIP電話は品質が安定しないので大事な電話がありそうな人は避けたほうがいいです。

キャリアメールの通知も、デフォルトのままだと電話の着信通知と同じように常時可能ではないので、リアルタイム通知が欲しい場合はキャリアメールを複数の端末で利用できるように設定する必要があります。

設定の方法は各キャリアの公式サイトを参考にしてください。

シングルスタンバイではなくデュアルスタンバイ機種であれば、このような設定をする必要もなく快適にキャリアメールを使うことができます。

しかしデュアルスタンバイの端末は多くはないですし、電話をしている最中にはデータ通信が使えない場合があるなどのデメリットもあるので、不安な人はガラケーとの2台持ちのほうが安心でしょう。

キャリアメールアドレスが取得できる格安SIM

キャリアメールのある格安SIM

格安SIMではキャリアメールが利用できない場合がほとんどですが、数ある格安SIMのうち「UQモバイル」「Y!mobile」の2つだけはキャリアメールアドレスが取得できます。

この2社以外にも独自のアドレスを発行するMVNOはありますが、それらはフリーメールとして扱われるのでキャリアメールの代わりにはなりません。

キャリアメールとして使えるMVNOのメールアドレスは、UQモバイルとY!mobileのどちらかのものだけです。

UQモバイル

UQ mobile(ユーキューモバイル)

UQモバイルではオプションとして「@uqmobile.jp」のメールアドレスを取得できます。

オプション料として200円の月額料金がかかりますが、キャリアメールとして扱われるので迷惑メールフィルタに引っかかりませんし、プッシュ通知にも対応しています。

メールはサーバーに最大30日間保存され、添付ファイルに対応していて写真なども送信できます。
ただしメールの最大サイズは3MBなので、大量の写真などを送ることはできません。

Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobileでは「@ymobile.ne.jp」のメールアドレスを取得できます。

Y!mobileのスマホプランを契約すると標準でアドレスを取得できるので、月額料金がかかりませんし申し込みも不要です。
もちろんキャリアメールとして扱われるので、迷惑メールフィルタも引っかかりません。

写真などを添付したり、絵文字も使ったりもできるので、機能的にもキャリアメールに近いです。

代表的なフリーメールの紹介と取得方法

人気のあるフリーメール

上記で見てきたように、UQモバイルとY!mobile以外の格安SIMを利用する場合、基本的にはフリーメールを取得する必要があります。

フリーメールといっても数あるサービスの中で特に人気なのが「Gmail」「Yahoo!メール」の2つです。

Gmail

GmailはGoogleが提供しているフリーメールサービスで、Googleアカウントを作成するとメールアドレスを1つもらえます。

Gmailはメール保存容量が最大15GB無料メールサービスとしては最大クラスですから、普通に使っていて容量を使い切ることはまずないでしょう。

ウィルススキャンや絵文字にも対応するなど、キャリアメールに負けないほど機能も充実しています。

Androidスマホの場合はGoogle Play Storeからアプリをダウンロードする際に必ず必要なので、すでに持っている人も多いでしょう。

Gmailの取得方法

Gmailの取得方法は以下の通りです 。

  • STEP.1
    「Googleアカウントの作成」ページにアクセス
  • STEP.2
    名前と任意のユーザー名、パスワードを入力して「次へ」をタップ
  • STEP.3
    電話番号、再設定用メールアドレス、生年月日、性別を入力して「次へ」をタップ
  • STEP.4
    「プライバシーと利用規約」を読み「同意します」をタップ

これでGoogleアカウントが作成され、Gmailが使えるようになります。
「ユーザー名@gmail.com」がGmailのアドレスです。

Yahooメール

日本国内でGmailと並んでよく利用されるのがYahooメールです。
日本最大級のポータルサイト「Yahoo!」の機能の1つとして提供されています。

メールの保存容量は10GBとGmailより少ないですが、無料メールとしては十分すぎる容量です。
機能的にもGmailにやや劣りますが、その分シンプルで使いやすく説明も丁寧なので、Gmailと比べると初心者向けと言えます。

Yahooメールの取得方法

Yahooメールの取得方法は以下の通りです。

  • STEP.1
    Yahooメールの紹介ページにアクセスし、「メールアドレスを作る」をタップ
  • STEP.2
    連絡用メールアドレス、任意のYahoo! JAPAN ID、パスワード、郵便番号、生年月日、名前を入力
  • STEP.3
    性別を選択し、「Yahoo! JAPAN IDを登録」をタップ

これでYahoo! JAPAN IDが作成され、Yahooメールが使えるようになります。
「Yahoo ! JAPAN ID@yahoo.co.jp」がYahooメールのアドレスです。

iPhone利用者はiCloudメールもおすすめ

iPhoneユーザーならGmailやYahooメールの代わりに「iCloudメール」を使うこともできます。
iCloudメールはAppleが提供するフリーメールサービスで、Apple IDを作成すると取得できます。

iPhoneでアプリをダウンロードする際にはApple IDが必ず必要になるので、iPhoneを持っている人ならすでにiCloudメールアドレスを持っていることになります。

iCloudメールはフリーメールですが、iPhoneやiPadに標準でインストールされているメールアプリならプッシュ通知にも対応しています。

フリーメールのセキュリティは?

フリーメールのセキュリティは大丈夫?

キャリアメールを利用していた人だと、フリーメールのセキュリティが心配かもしれません。

しかし最近ではフリーメールでもセキュリティ対策がしっかりしているので、心配する必要はほとんどないでしょう。

最も人気のフリーメールであるGmailは、添付ファイルのウィルスチェックや迷惑メール対策がしっかりされています。
二段階認証のような不正ログイン対策も当然対応しています。

Yahoo!メールなど他の主要フリーメールも同様の対策がとられているので安心して使えますよ。

MVNOが独自に発行しているメールアドレスもGmailやYahooメールと同じようなセキュリティをかけることはできますが、フリーメールと違う点としては有料オプションになっていることも多いです。

UQモバイルやY!mobileのメールアドレスを除けば、MVNOのメールアドレスを使用するメリットは今のところほとんど無いと言えるでしょう。

メールアドレスに関するQ&A

最後に、メールアドレスに関するQ&Aをまとめました。

キャリアを解約したらメールのデータはどうなる?

メールの保存方法にもよりますが、原則としてキャリアを解約するとメールのデータはすべて消えてしまい、閲覧できなくなります。
大事なメールがある場合は解約する前にmicroSDカードやパソコンにバックアップをとるか、Gmailなどに移動させておきましょう。

キャリアメールで登録したサイトやApple IDはアドレス変更しないとダメ?

アドレスを変更しなくてもサービスを使うことはできます。ただし、サイトからのメールを受信できなくなるので、新しいアドレスに変更するのがおすすめです。

登録情報変更は事前にやった方がいい?

登録情報変更は事前にするのがおすすめです。アドレスを変更してから登録情報を変更すると、変更する前にメールが送られた場合に受信ができません。
そのため、格安SIMに乗り換える前に新しいアドレスを取得し、登録情報を変更しておきましょう。

お知らせメールは届かなくなる?

キャリアメールを利用していると、「ソフトバンクお知らせメール」をはじめとする、お得な情報を知らせてくれるメールが届きます。
これらのお知らせメールは格安SIMに乗り換えと届かなくなります。キャリアメールが使えないので、当然ですね。

SIMフリー端末でもメールは使える?

SIMフリー端末でもメールは使えます。フリーメールはもちろん、キャリアメールも使えます。
ただし、キャリアメールを使う場合は「DSDS対応スマホを使う」の項目で紹介したように、複数の端末でキャリアメールを閲覧できるように設定する必要があります。

楽天銀行などワンタイム認証キーに使える?

楽天銀行などではセキュリティを強化するために使い切りのパスワードをメールで受け取り認証を行う「ワンタイム認証キー」という方式を採用しています。
このワンタイム認証キーにフリーメールを使うことも可能です。ただし、IDとパスワードが第三者に不正に盗まれるとワンタイム認証キーも盗まれてしまうので、セキュリティ対策をしっかり行う必要があります。

まとめ

以上、格安SIMでメールを使う方法を紹介しました。

原則として、格安SIMに乗り換えるとキャリアメールが使えなくなります。
キャリアメールアドレスが取得できる格安SIMを選ぶ、ガラケーとの2台持ちをするという選択肢もありますが、格安SIMではフリーメールを利用するのが一般的です。

フリーメールは誰でも無料で使える上、複数のデバイスからアクセスできメリットがあります。
一方、キャリアメールに送信すると届かないことがある、信頼性ではキャリアメールに劣るというデメリットもあります。

連絡のほとんどをLINEで済ませている人ならフリーメールで十分です。
反対に、まだまだメールをメインで使うという人はキャリアメールを使うほうが無難です。

自分がメールをどれくらい使うのかによって、フリーメールに切り替えるか、キャリアメールを維持するかを選びましょう。