【2018年11月】通信速度比較結果!

ドコモもauもソフトバンクも!格安SIMに乗り換える5つの手順

ドコモもauもソフトバンクも!格安SIMに乗り換える5つの手順

格安SIMには興味あるけど、いろんなことが複雑すぎて全然わからない!という人はすごく多いと思います。英語はいっぱい出てくるし、設定とかいろんなこと自分でやらなきゃいけないし、大変そうな予感しかしないですよね。

でも大丈夫!ここで手順をしっかり丁寧にご紹介します。
意外と簡単に使えちゃいますよ。

格安SIMへの乗り換え全手順徹底解説

大手キャリアから格安SIMに乗り換える。複雑に思われがちですが、実はたった5つの手順で乗り換えできちゃうんです。

  1. 格安SIMの会社を選ぶ
  2. プランを決める
  3. のりかえ予約番号を取得する
  4. 申し込む
  5. 初期設定
どうですか?案外簡単そうじゃないですか?細かい手順の内容についてはもちろん、お得に契約できちゃう裏技なんかも合わせてご紹介しちゃいます!

1.格安SIMの会社をザックリ決めよう

最初に格安SIMの会社を決めます。この手順が5つの手順の中で唯一、大変と言えるかもしれません…。

考えたりするのが面倒な人は当サイトの格安SIMシミュレーションを利用してみてください!あなたにぴったりのSIMとプランが簡単に見つかりますよ。

格安SIMスマート診断

スマホ端末新しくする?使い続ける?

格安SIMを選ぶ時の最重要ポイントは、スマホ端末をどうするかということです。今まで使っていたスマホをそのまま使うか、新しく買い替えるかで選べる格安SIMの会社が変わってくるんです。ここが分岐点。

ここで一番重要なことを言います。
面倒な事がいやだと思う人、失敗したくない人は、この乗り換えのタイミングでスマホも新しくしましょう。特にandroidの人!

今のスマホ端末はすごいです。どんどん安くて性能のいい端末が登場しています。

大手キャリアでは主に6万程度のスマホが主流ですが、格安SIM界では4万もあれば十分の性能のものが手に入ります。

安いものだと1万円台からありますし、1万円台でも使い勝手が悪くないものが多いです。逆に10万円以上の機種もあって、種類がすごく豊富なんです。

でも、まだスマホ新しくしたばっかりだし使い続けたい…という人もいますよね?少し手間は増えますが、ちゃんと確認すれば約9割の人は今のスマホを使い続けることができますから安心してください。

ちなみにiPhoneを今のまま使い続けたいという人は結構簡単に使い続けられますよ。

【キャリア別】iPhoneで格安SIMに乗り換えるなら?おすすめのMVNO徹底比較!

今使っているスマホをそのまま使い続けたい!

スマホをそのまま使い続けたい場合の乗り換え
  • au → 「UQモバイル」か「mineo」
  • ドコモ → 「UQモバイル以外」
  • ソフトバンク(iPhoneの場合) → 「mineo」「LINEモバイル」「b-mobile」など
すっごくザックリ言うと、auで使っていたスマホをそのまま使いたい人は「UQモバイル」か「mineo」、ソフトバンクのiPhoneを使っていて引き続き使いたい人は「mineo」や「LINEモバイル」「b-mobile」、ドコモで使っていたスマホを使いたい人は「ほとんどの格安SIM」が使える、っていうのが現状なんです。

ソフトバンクのandroidはそのままだと、どこの格安SIMも使えません。SIMロック解除が必要になります。

mineoは使えるスマホが多いので、迷う人はmineoを選ぶといいかもしれませんね。

こうやって見るとドコモユーザーの自由度すごいですよね。細かく言うともう少し使える格安SIMもあるのですが、このルートが一番失敗がないです。

基本的に大手キャリアのスマホにはSIMロックがかかっているんですよね。そのせいで、格安SIMの中でも使えるものと使えないものが出てきてしまいます。

ロックされていても使えるものが上記リストになるわけです。例外はあるようですが…。

2015年5月以降の端末はSIMロック解除が可能

2015年5月以降のスマホはSIMロック解除ができるので、ロック解除をすることでソフトバンクのandroidでも格安SIMが使えたり、auのスマホでもmineoやUQモバイル以外も使えると言われてはいます。一般的には。

ただこれはあくまで一般的な話です。androidは本当に機種の数が多くて、中には機種とMVNOの相性が悪い物もあって、上手く機能が使えなかったり不調になってしまう場合もあるんです。めっちゃ、ややこしいですよね。頭こんがらがりそう……。

上記の枠内で紹介したルートが一番失敗がないのでオススメですが、キャリアに関係なくandroidで格安SIMを使うときの動作確認は必須だと思ってください。iPhoneはロック解除をすればどこでも使えることが、ほとんどなんですけどね…。

格安SIMの公式サイトには動作確認端末のページが用意されています。
使える格安SIMとオススメ格安SIMを見ることができますよ!

現在iPhoneユーザーではなくて、なおかつ面倒なことを考えたくない人はとりあえずスマホを新しくしちゃいましょう。SIMフリーのスマホにしておけば、今後また携帯会社を変える時にも便利です。

新しくするなら端末とSIMのセット購入がオススメ!

さて、スマホを新しくする場合は端末とSIMのセット購入ができるところで買うのが、コストパフォーマンスが良いのでオススメです。

あと、面倒な設定などもMVNO側でやってくれるので、手順5の「初期設定」がまるまるやらなくてよくなります。楽ちんですよ。

端末にすごくこだわりがあってほしい端末がMVNOにない場合は、量販店やネット、中古ショップなどで端末を買って、MVNOでSIMカードだけを契約することも勿論できます。

その場合は端末とMVNOの相性に気を付けましょう。特に中古ショップはSIMフリー端末以外も置いていて判別が難しいので注意してくださいね。

端末選びはかなり重要なので、失敗しないようにスペックについても確認をしてみてください。

オススメの格安スマホはどれ?本当に安いandroid端末2018オススメ格安スマホはどれ?安くて使えるandroid端末2018

MVNOが販売する端末を購入するメリットは、スペックの安定したものが多く、どれを選んでも大きな失敗をしないことです。

androidではなく新しいiPhoneにしたい人は、セット購入できる機種やMVNOが限られます。当記事でも軽く触れますが詳細は下の記事を参考にしてみてください。

【キャリア別】iPhoneで格安SIMに乗り換えるなら?おすすめのMVNO徹底比較!

端末とSIMのセット購入オススメMVNO3選

端末とSIMのセット販売をしているMVNOは実は少なくありません。その中からどこがいいか決める1番の決め手は、ずばりキャンペーンです。

タイミングが良ければなんと20,000円以上のキャッシュバックがあることも!

ただキャンペーンの内容は日々変わっていくものです。キャンペーンの最新情報をチェック、更新している記事もありますので参考にしてくださいね。

記事19にリンク

この記事では日々変動のあるキャンペーンという観点ではなく、使い勝手やプランのコストパフォーマンスなども含めたオススメMVNOを簡単に紹介します。総合的に見たら20,000円のキャッシュバックよりも、普段のコストパフォーマンスのほうが大事になってくるかもしれません。

どれも、端末とのセット購入じゃない人にもオススメできるSIMですよ!

BIGLOBE

一週間に2回以上YouTubeを見る人はBIGLOBE!

◎iPhoneの販売あり
◎エンタメフリーオプションが魅力的
△マルチキャリアだがauのスマホでもSIM解除済みのVoLTE対応機種しか使えない

BIGLOBEのオススメプランは

  • 【音声付き3GB(1,600円)+エンタメフリーオプション(480円)】
  • 【音声付き6GB(2,150円)+エンタメフリーオプション(480円】
です。BIGLOBEのSIMを使うならエンタメフリーオプションを付けなければ勿体ありません!

エンタメフリーオプションとは、月額480円でYouTubeやAbemaTVなどが見放題になっちゃうすごいオプションです。

動画はすごく通信容量を使うんです。今はYouTubeも流行ってますよね。YouTubeを無心で見てて気付いたら1時間過ぎてた……みたいな人にぴったり!

YouTube見放題で2,080円から使えるっていうのは本当に破格です。

エンタメフリーオプション対象サービス
(YouTube、 Google Play Music、 Apple Music、 AbemaTV、 Spotify、 AWA、 radiko.jp、 Amazon Music、 U-NEXT、 YouTube Kidsが見放題)

mineo

mineoを選んでおけば間違いない!無難度ナンバー1!

◎マルチキャリアで元auユーザーや元ソフトバンクユーザーも乗り換えやすい
◎直営店がある
◎関西電力の子会社で安心感がある
△iPhoneの販売なし(持ち込みなら使える)
△mineoのノリが好きじゃない人はいそう

mineoは、マルチキャリアですし使い勝手がいいです。auスマホを引き続き使いたい人にはイチオシの格安SIM。

プランなどにはあまり特殊なものはありませんが、ユーザービリティでは他社と一線を画しています。mineoユーザーの繋がりは本当にすごいんです。

中でもすごいのは、フリータンク。ユーザーの余ったパケットデータをユーザーみんなで共有することができます。今月は少しいつもより使いすぎちゃって速度制限かかりそう……というときも、フリータンクからデータ容量を借りることができちゃうんです。

マイネ王というコミュニケーションサービスでも、ユーザー間の距離や運営とユーザーの距離が近いので困ったことがあっても心強いですよ。

UQモバイル

UQモバイルは安定感が桁違い、格安SIMが不安な人はまずこれを

◎速度が圧倒的
◎サブキャリアと呼ばれる安定感
◎iPhoneの販売あり
〇大手キャリアよりは安く使える
△プランのお得感が弱い
△au回線のため他社スマホはSIMロック解除が必要
△2年縛りがあるプランがある

UQモバイルでは端末とSIMのセット購入で割引されるマンスリー割というシステムがあります。マンスリー割が適応されると、対象のスマホが実質0円だったり、108円で購入できちゃいます。

どこかで聞いた話ですね。そうです、大手キャリアとすごく似てます。

そもそもUQモバイルはauのサブブランドみたいなものなので、格安SIM!っていうのとはまた違う感じがします。プラン自体はあんまり安くない……。なので実質スマホが無料になっても通信料は他社の格安SIMより高いので、どちらが得とは一概に言えません。

基本的にキャンペーンをやっている会社があればそっちのほうが安いことのほうが多いです。

じゃあUQがモバイルってだめなの?っていうとそうではありません!通信速度の安定感がまさに桁違いなんです。もちろん大手キャリアには敵いませんが、体感的にはほぼ違いがわからないと言われることも多いです。

なので今まで大手キャリアを使っていて、ちょっとでも安くしたいっていう人にはオススメです!プランも、大手キャリアに似てますし。

良くも悪くも大手キャリアと格安SIMの間といった感じですね。

迷ったらmineoがオススメ!

格安SIMの会社は本当にたくさんあるので選ぶのが難しいですよね!私が今ひとつ選ぶとしたら、mineoです。プラン的な魅力は正直少ないですが、サービスにかなり力を入れているので結構万能で、誰にでもオススメできます。

マルチキャリアという点で端末を新しくしない人でも、乗り換えやすいのも大きなポイント!直営店もあって、困ったときでも安心です。

あと、いつ解約しても違約金がかからないので気軽にちょっと試してみることができちゃう数少ない格安SIMですよ!

格安SIMの公式サイトでこれだけはチェックしておこう!

不通期間はあるか

電話番号を引き継ぎたい人は、不通期間がない格安SIMかどうかをチェックしてください。不通期間があると、数日スマホが使えなくなってしまう事もあるのでしっかりチェックしましょうね。

不通期間が無い格安SIMの例
IIJ,OCN,DMM,BIGLOBE,mineo,UQモバイル,LINEモバイル,楽天モバイルなど

ほとんどの格安SIMが不通期間なしで利用するサービスを実施しています!

動作確認端末

自前の端末を使いたい人は必須です。特にau回線やソフトバンク回線を使いたい人は要チェック。

使いたい機種が載っていない場合は、少し面倒ですがメールなどで問い合わせると安心です。端末との相性が悪いと通信ができない場合や、一部機能が使えなくなってしまう場合があります。

端末とSIMのセット購入の場合はチェックしなくても大丈夫です。

2.プランを決めよう

まず、SIMの種類に関しては音声通話付きSIMをオススメします。特別な理由がない限りは音声通話がついているものにしましょう。

格安SIMの会社によってはデータ専用SIMなどにオプションとして音声通話をつけるシステムになっている場合もあるのでちょっと注意してみてください。

auで使っていたスマホをそのまま使う人以外は、複数回線を取り扱うマルチキャリアの場合なるべくドコモ回線を選んでおくのがオススメです。

プランは自分の普段の使い方にあったものを選びましょう。先月の通信量も参考になりますよ。

ちなみに、一番人気のある容量は3GBです。LINEやTwitterやメールなどテキストベースのものをよく利用する人はもっと小さい1GBぐらいでもいいかもしれません。

逆に結構動画や漫画などをスマホで見る人は6~8GBぐらいあるといいですね。

このデータ容量の値段に関しては実はどこの格安SIMも似たり寄ったりです。なので値段で選ぶよりはオプションやシステムの多様さ、サービス内容などで選んだほうがいいです。数十円安くても使い心地が悪かったら、嫌ですよね?

ちなみに目安として1GBが約1,300円、3GBが1,600円、6GBが2,200円程度が一般的なので参考にしてみてください。

こちらで容量もぴったりのオススメ格安SIMを診断してくれるのでどのプランがいいか決まらない人は、ぜひ参考にしてみてください。診断リンク

3.MNP予約番号を取得しよう

電話番号を変えずに使いたい人は必須の手順ですが、電話番号が変わってもいい人はとばしても大丈夫です。

今自分が使っている電話番号を引き続き使いたい場合は、今使っている携帯会社にMNP予約番号というものを発行してもらう必要があります。

今ドコモを使っている人はMy docomoから取得してしまうのが簡単です。

My docomoでのNMP予約番号発行手順

  1. 「ドコモオンライン手続き『もっとみる』」を選択
  2. 「携帯電話番号ポータビリティ予約」を選択
  3. 「解約お手続き上記注意事項を確認しました」にチェック「次へ」を選択
  4. 「電話番号ポータビリティ」にチェック
  5. 「受付確認メールの送信」希望するメールアドレスにチェック
  6. 「手続きを完了する」を選択で手続き完了(解約状態にはなっていません)
参考 My docomoNTTドコモ

ドコモ以外の人やドコモでもMy docomoを使いたくない人は、自分が今使っているキャリアに電話をかけて、MNP予約番号を発行してもらいましょう。

9時から20時まで受け付けている場合がほとんどです。

キャリア 携帯電話から 一般電話から
au 0077-75470
ドコモ 151 0120-800-000
ソフトバンク *5533 0800-100-5533
MEMO
ナンバーポータビリティ、乗り換え、MNP予約番号発行など言い方は色々ありますが基本的には「MNP予約番号がほしい」と言えばそれで通じます。
音声ガイダンスではナンバーポータビリティと言っているパターンが多いです。

MNP予約番号は電話をして5分程度で発行してもらえます。ちなみに発行と言っても口頭で10桁の番号を伝えられるだけなので、忘れずにメモなどを取りましょう。

MNP予約番号の有効期限は発行から15日間なので、タイミングに注意してください。また格安SIMの会社によっては「有効期限が12日以上残っていないと使えない」などの制約がある場合もありますよ。

MNP予約番号の発行自体は無料ですが、この番号を使って正式に乗り換えが完了するとMNP予約番号手数料として3,000円程度がかかるので覚えておきましょう。

MEMO
電話番号が変わってもいい人は、電話番号を変えたほうが安く乗り換えることができるということです。

ちなみに、再発行や発行無料という言葉などで気が付くかもしれませんが、MNP予約番号を発行してもらう段階ではまだキャリアとの解約にはなっていません。発行されたMNP予約番号を使った段階で自動的に解約となります。

なので電話番号を引き継ぐ人は、前に使っていたキャリアにわざわざ解約の連絡をする必要はありません。

逆に電話番号を引き継がない人は、個別にキャリアとの解約手続きが必要なので注意してください。

私のときの電話はこんな感じでした

ほなみ

なんとか予約番号っていうのがほしいんですけど……
NMP予約番号でございますか?

オペレーターさん

ほなみ

あ、そうです。
かしこまりました。失礼ですが、どのような理由でお乗り換えをご検討中でしょうか

オペレーターさん

ほなみ

あ、値段的な問題で……
なるほど、かしこまりました。のりかえ先はお決まりですか?

オペレーターさん

ほなみ

まだちょっと考え中です……
MNP予約番号の有効期限は15日間となっておりますが大丈夫でしょうか?

オペレーターさん

ほなみ

あ、近日中には決めるので大丈夫です。
かしこまりました。お客様は今月が更新月となっておりますので違約金は発生いたしません。MNP予約番号を使用した際に手数料3,000円が発生し、今月分の使用料金と一緒に引き落としとなります。

オペレーターさん

ほなみ

あ、はい
他になにかご質問などはございますか?

オペレーターさん

ほなみ

大丈夫です。ありがとうございます。
お電話ありがとうございました。

オペレーターさん

人によってはクーポンなどで引き留められることもあるかもしれませんが、それを加味しても相対的に見ると格安SIMのほうが安いんですよね。

格安SIMと聞くとオペレーターさんも値段で対抗するのは難しいと思うのか、引き留められる率が下がるという話もあります。

引き留められるのが嫌な人は格安SIMに変えますと言ってしまったほうがいいかもしれません。

4.申し込もう

さて、いよいよ申し込みです。

用意するもの
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • クレジットカード
  • Gmailアドレスなどの使えるアドレス
  • 電話番号

使う格安SIM会社や使用する人によっては必要のないものもあります。たとえば電話番号を引き継がないで新しくする人はMNP予約番号はいらなかったり。

申し込み手続きに関しては、各社微妙に申し込みフォームなどは違いますが基本的な入力項目はほぼ同じです。

今回は上のほうでもオススメしていたmineo(マイネオ)を例に説明していくのでどんな項目があるかなどの参考にしてみてくださいね!

mineo(マイネオ)の申し込み手順
  1. サービス選択
  2. ご契約者さま情報入力
  3. ご本人さま確認
  4. 提供条件のご確認・最終確認

4-1.サービス選択

サービス選択とはどのようなSIMを選ぶか、ということです。mineoの場合はau回線とドコモ回線のマルチキャリアなので、まずは回線を選びます。

回線を選んだら次にデータ専用(シングルタイプ)か音声通話付き(デュアルタイプ)か、プランはどれにするか、などを選ぶ事ができます。

音声通話付きを選ぶとmineoでは通話オプションを選ぶ事になります。基本的には月額基本料無料のmineoでんわに加入するのがオススメです。

加入しなくても「楽天でんわ」などのアプリを使う事で通話料は同じように安くなるので、ここではあまり深く考えなくても大丈夫。

そしてSIM単品か、セット購入かも選びます。

SIM単品を選ぶと、次にSIMのサイズを選ぶ事になります。使うスマホの対応SIMサイズを選択しましょう。SIMが2枚入るスマホの場合はどちらかに入るサイズなら大丈夫なことがほとんどです。

ちなみにiPhoneはnanoSIMです。新しい機種はnanoSIMの場合が多いのでチェックしてみましょう。

SIM単品ではなくセット購入を選択した場合は機種の選択画面に移動します。機種やカラー、分割購入かどうかなどをここで選びましょう。基本的に端末とのセット購入の場合はSIMのサイズを選ばなくても大丈夫なようになっています。

そのあとはMNPするかしないかを選択し、する場合には必要事項を入力します。

オプションはお好みで。私は大抵つけないです。まったくつけない場合は、どこにもチェックマークを付けずに次へ行きます。

4-2.ご契約者さま情報入力

名前や住所など情報を入力し、mineoのIDとパスワードもここで作ります。

メールの形式はテキスト形式を選ぶのがオススメです。

4-3.ご本人さま確認

初期費用や月額費用などを確認し、クレジットカードの登録をします。

4-4.提供条件のご確認・最終確認

確認項目が出てくるので、読んで同意しましょう。

注意
なぜか使うブラウザによってアクセスエラーになってしまう場合もあるので、アクセスエラーになってしまった場合は他のブラウザで試してみることをおすすめします。

ちなみに私が友人の申し込みの手伝いをした時はsafariがエラー出てしまったのでGoogle chromeでやってみたところ問題なく手続きできました。

5.開通作業をしよう

SIMカードが届いたら、開通作業をします。開通作業と言ってもそんなに難しい事はしません。手順はたったの3つ。大抵説明書もついてきますし、その通りにやれば大丈夫です。

スマホとセットでSIMカードを購入している人は、カードも中に入れられセッティングも済んでいるものを送られてくる事が多く、そういった場合は2つめの開通手順「MNP設定」だけで大丈夫です。

5-1.SIMカードをスマホにセットする

スマホにSIMカードを入れます。機種によってはSIMピンというものが必要な場合もあります。iPhoneのようにスマホの側面からSIMカードを入れる場合ですね。

SIMピンはかなり細いので代替は難しいですが、ゼムクリップか安全ピンあたりなら代替できるとよく言われています。私は両方やってみたことがありますが、ゼムクリップを変形させて使う事をオススメします。安全ピンはイマイチ。

直角にぐっと押し込むように刺してみてくださいね。綺麗にまっすぐ入るとトレイが、カポッと飛び上がってきます。

ちなみにSIMサイズを変更するアダプターなども販売していますが、中で中身がぽろっと出ちゃうと故障の原因になるので気を付けてくださいね!

使う場合はぽろっと落ちないように両面テープなどで、しっかり貼り付けたほうがいいです。

基本的にはちゃんとサイズのあったものを使いましょう。サイズが大きかった場合、カットすることもできますが一歩間違えると本当にただの厚紙と化してしまうリスクがあるのでオススメはしません。どうせ捨てるつもりだったりしたら、切ってみてもいいかも……?

ちなみにスマホ側面からではなくバッテリーが入っているところからSIMカードを入れる機種もあります。

5-2.MNP設定をする

MNP予約番号は申し込みの時に記入していると思うので、番号自体は必要ありません。

ここでなにをするかと言うと、SIMカードが届いたからスマホを使いたいぞ~と、これから使う格安SIM会社に伝えることです。

基本的に、電話とインターネットの2種類の方法を用意しているところが多いです。

SIMカードに同梱されている説明書に書いてある電話番号に電話をすると数分程度で今まで使っていたキャリアとの契約が自動解約となり、格安SIMへの乗り換えが完了しますよ。

ちなみにほとんどの格安SIMで、SIM到着から2日程度経つと自動開通するようになっているので、なにもしなくても勝手に移行になります。

移行と同時に今まで使っていたSIMは圏外になってしまうので、長く外泊するときなどは特に注意が必要です。

5-3.APN設定をする

APN…難しい単語ですが、要はスマホにどこの通信回線を使うのかを教えてあげる作業です。アクセスポイントネットワークでAPNです。

スマホによっては入れたSIMカードを感知して自動でやってくれる場合もあります。すご……。

iPhoneとandroidではやり方が違ってくるので注意しましょう。iPhoneではインターネット通信を使って行うのでWi-Fiがあるところで設定を行います。

【androidの場合】

設定 > その他 > モバイルネットワーク > アクセスポイント名(APN)

アクセスポイント名を変更します。基本的に変更する項目は3つです。

  1. APN
  2. ユーザー名
  3. パスワード

この3つは各社ごとに異なっています。SIMに同梱されている説明書や公式サイトに書いてあるのでそれを見て設定しましょう。

有名なMVNOだと、もとからスマホのAPNリストに入っていて特に項目変更しなくてもMVNOの名前を選ぶだけの場合もあります。リストにのっていなければ新規作成しましょう。

【iPhoneの場合】

まずは、iPhone自体の今まで使っていたAPNをリセットします。次にプロファイルをインストールする。この2つの手順だけです。

プロファイルというものをインストールするとAPNが設定されます。インストールのためにWi-Fiが必要になるんですね。

設定 > モバイルデータ通信 > モバイルデータ通信ネットワーク > 設定リセット

プロファイルはWi-Fiに繋いだ状態で、SIMと一緒に郵送されてきた説明書に書いてあるURLにアクセスsafariですればインストールすることができます。

safari以外のブラウザを使うと、実行できない場合があるようなので注意してみてください。

意外と簡単に使えちゃう格安SIM

これで、使えるようになったはずです。どうですか?思っていたよりも簡単じゃないですか?

ここに書いてある通りにただただ無心にやるだけで格安SIMでスマホを使えるようになっちゃうので、ぜひ参考にしてみてくださいね!